スマホメニューを開く
エース・プレミアムメンバーズクラブへのログイン
エースIFAネット(契約外務員様マイページ)へのログイン

経営戦略

エース証券株式会社はCI(企業理念)に基づき相談機能重視型経営を強化しております。
その具体的な戦略はブティック(専門店)型証券会社として成長部門への集中と確立にあります。

成長分野に特化したリサーチとグローバルな商品提供

当社のCIは、お客様の資産運用・財産形成をサポートする「サービスの質」と「満足度」を追求することです。それは「パフォーマンス」に集約されます。この「パフォーマンス」はリサーチから生み出されます。当社の企業リサーチの特徴は、IT・バイオ・ニューサービスの3大成長分野に絞り込んだ「濃密重点」リサーチです。アナリスト1人あたり数社の成長企業に絞り込むことによって濃密な企業情報を提供できます。ストラテジーグループは、マーケットに直結したグローバルな投資環境を徹底分析し、世界の最適な商品を選択しご提供する体制を確立させております。

プライベートバンキング本部、2000年10月設立

起源を近世ヨーロッパにさかのぼるプライベート・バンクは、当初、王家や貴族の財産を子々孫々まで守り抜くことが目的でした。しかし20世紀、時代が過ぎ、金融テクノロジーが進化した時、プライベート・バンクは資産の保守だけでなく、効率的な運用を目指して動き出したのです。最近、耳慣れたプライベート・バンクには、大きく分けて2つのタイプがあります。1つは伝統的な資産の保守に重点を置くプライベート・バンク、そしてもう1つは資産の効率運用を重視するプライベート・バンキングです。私たちは、この2つのタイプを包含した広い意味でのプライベート・バンキングを目指します。当然のことですが、資産運用の主役は、投資家すなわちお客さまであり、お客さまはこれら2つを本格的に有しているからです。私たちは、1998年に企業理念(CI)を構築し、プライベート・バンキング機能のご提供を明解に打ち出しました。

コーポレート・アドバイザリー(CA)業務

事業法人の皆様に対する経営ニーズへの対応をもとに様々なサービスが展開可能です。

【1】経営コンサルティング業務
事業法人の皆様への経営助言、さらに事業の承継、不動産活用、資本政策・財務政策など、広範囲に対応します。
【2】海外IR活動に貢献
エース証券子会社のエースコンサルティングがコアとなり、近年国内株式市場で主導的立場にある外国人投資家向けにIR(Investor Relations)サービスを提供しています。

「エースコンサルティング会社概要」

成長企業特化型(バイオ、IT、ニューサービス)公開引受業務の強化

世界的なスケールで技術革新が進展し、産業の大転換が進み 「起業」 時代を迎えています。 その中で今後、飛躍的な成長が予想されている産業のひとつにバイオビジネスがあります。 当社は、バイオ専門アナリストと合わせ、バイオ事業に関する 会社設立から株式公開までを一貫支援する公開引受体制を確立させております。

金融商品仲介ビジネス室の設立

金融商品仲介ビジネスは、2004年4月、個人投資家のすそ野を広げることを目的として、金融庁により認可され導入されたものであります。金融商品の投資アドバイスには、旧来の証券会社だけのネットワークだけでなく、地域ごとに心から信頼できるアドバイザーが潜在的に多々存在するものと思います。それら地域ないし職域などで強力なネットワークをもつ方々に、金融商品仲介業として、あらたなビジネスと貢献を期待し、さらには当社の拡大路線を構築していきます。当社では、毎月利払い型の世界銀行債や投資信託も多々品揃えとして存在しております。また、金融商品仲介ビジネスは、コスト面でも非常に効率的に運営できます。当社は「貯蓄から投資へ」の国策に貢献し、さらにビジネスを拡大してまいりたいと考えております。

金融仲介業のイメージ