メールマガジン ☆KANSAIアントレ通信☆

TOP > メールマガジン ☆KANSAIアントレ通信☆ > 第5号 〜活動のご報告〜

メールマガジン

第5号 〜活動のご報告〜

---------------------------------------------------------------------------------------- 件名:☆KANSAIアントレ通信☆ 第5号 〜活動のご報告〜 ---------------------------------------------------------------------------------------- 各位  暑気日毎に増す候、皆様方におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。  御世話になっております、KANSAIアントレプレナーズクラブ事務局、エース証券の藪内でござい ます。このメールマガジンはクラブ会員様及び、ご縁を頂戴致しました方にお送りしております。  「KANSAIアントレプレナーズクラブ」は、関西を活動拠点とするベンチャー企業の支援を目的と したクラブでございます。ご興味をお持ちの方や、一度詳細を聞きたいという方は是非お気軽に 事務局yabuuchi@ace-sec.ne.jpまでお問い合わせ下さい。お待ちしております。    さて6月の☆KANSAIアントレ通信☆、今回で第5号でございます。今回はコラムと、会員様の中から 一つご紹介させて頂けるイベント情報を頂戴致しましたのでそのご紹介、そして当クラブの活動報告 をお送り致します。  配信停止ご希望の方はお手数でございますがメール最後にございます「配信停止」よりご一報下 さいますよう宜しくお願い申し上げます。 ======================================================================================== 目次 *コラム…岸原会計事務所の岸原先生にお寄せ頂きました。 *イベント案内…「関西学生発イノベーション創出協議会発足二周年記念事業」のご案内。参加者募           集中でございます!! *活動報告…  (1)第7回KANSAIアントレプレナーズクラブ例会・特別講演会のご報告  (2)紹介事例 *バックナンバーのお知らせ *配信停止 ======================================================================================== *コラム* 今回は岸原会計事務所所長税理士の岸原先生にお寄せいただきました。 ----------------------------------------------------------------------------------------  この度、関西アントレクラブに参加させていただくこととなりました。 私は、現在経産省より事業承継アドバイザーの委嘱を受けて依頼会社のアドバイスをさせて戴いて います。  自社株式の税務評価を中心にアドバイスを行い、経営承継円滑化法の承認の可能性を相談させて戴 きます。  また贈与の方が良いと判断される場合も遺留分を考慮して経営承継円滑化法の承認が良いとアドバ イスしています。  これらの土台として私自身が資産税を好きだということが言えます。  一方、医業経営懇話会の世話人をさせていただいています。医業関係の方々と隔月に勉強会をさせ ていただいています。  またリスクマネイジメンント協会で介護の研究班にも入らせて戴きました。  これらが自分の中で整合性がとれなかったのですが、あるものに出会いました。  それが、サービス付高齢者住宅というものです。  厚労省が2025年を睨んで60万室を作るというものです。  それに国土省が建設補助金を付けることで加速させる考えです。  定期的に枠を発表するや忽ち埋まる状態が続いています。  この中で何が出来るのかを模索すべく「サービス付高齢者住宅分科会」を立ち上げました。  今からと出遅れ感がありますがこの5年をこの分野でがんばって行く所存です。  事務所では社会福祉法人や公益法人も視野に入れてがんばっていきます。  いろんな方々との情報交換を楽しみにしています。 ----------------------------------------------------------------------------------------  岸原様、どうも有難うございました!!  以上1社でございました!皆様のなかで「もっと詳しく聞きたい」「個別にお話がしたい」など お思いの方はお気軽に事務局 yabuuchi@ace-sec.ne.jp までどうぞ。当クラブ事務局がお取次ぎを させて頂きます。 ======================================================================================== *イベント案内* 今回は、「関西学生発イノベーション創出協議会発足二周年記念事業」のご案内です。 ---------------------------------------------------------------------------------------- ◆ 「関西から日本を変える第一歩」 (KSIA2周年記念事業のご案内) 関西から「産学官」の連携によるイノベーションを巻き起こすべく日々活動しているKSIAより、 関西のさらなる活性化を目指すべく、皆様がリーダーと接することのできる講演会&パネルディス カッションを催します。KSIA会員だけではなく、どなたでも参加出来ますので、ぜひお気軽にご応 募ください。 「We are all leaders〜関西から日本を変える第一歩〜」 【日 時】 2012年6月11日(月) 18:00―20:30終了予定(17:00受付開始) 【場 所】 ホテルエルセラーン大阪(大阪府大阪市北区堂島1丁目5番25号) tel:06-6347-1484 http://htl-el-osaka.com/about/access.html 【定 員】 500名(事前申込制・先着順) 【アクセス】 ・JR「大阪駅」より徒歩10分 ・地下鉄四つ橋線「西梅田駅」より徒歩5分 ・JR東西「北新地駅」より徒歩5分 【プログラム】 <第1部:基調講演> 「次世代のリーダーとは何をすべきか」 登壇者 株式会社インテカーCEO 齋藤ウィリアム浩幸氏 <第2部:パネルディスカッション> 「一人一人のリーダーシップについて考える」 パネリスト 株式会社インテカーCEO 齋藤ウィリアム浩幸氏 パネリスト 地域主権型全国道州制国民会議会長 江口克彦氏 パネリスト KSIA専務理事 福島有二氏 コーディネーター 立命館大学客員教授 山口俊介氏 <第3部:交流会>  パネリスト・KSIA顧問の方々と直接お話しができる機会。名刺交換会。 【会 費】 学生1,000円 / 社会人3,000円(前売:2,500円) ※交流会参加費―無料 【主 催】 一般社団法人 KSIA(関西学生発イノベーション創出協議会) http://ksia.jp 【お申込み方法】 下記の応募フォーム(PC用)からお申込みいただけます。 https://ssl.form-mailer.jp/fms/deb91de4194526 チケットは、当日受付にて取り置きさせていただきます。 ※なお、キャンセルの場合は、払い戻しには応じかねます。 【お問い合わせ】 KSIA運営事務局―担当:田中 Mail:info@ksia.jp 担当直通連絡先:070-6469-5858 ----------------------------------------------------------------------------------------    ご質問、お問い合わせは上記連絡先又はこちらyabuuchi@ace-sec.ne.jpまで。  また、この「イベントのご案内」では皆様のイベント情報も掲載させて頂きたいと思っております。 掲載希望の方は事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。沢山のお問い合わせ、お待ちしておりま す。 ======================================================================================== *活動報告*  今号では二件の活動報告をさせて頂きます。 まず一件目は5/25開催のKANSAIアントレプレナーズクラブ例会・講演会のご報告です。 ---------------------------------------------------------------------------------------- 第7回KANSAIアントレプレナーズクラブ例会・特別講演会 概要・・・16時より例会。88名の方にご参加賜り、潟Iステオファーマ様、潟Vェアウィズ様、潟fジ タルマックス様の三社のプレゼンを頂戴致しました。実施いたしましたアンケートの6月5日     段階集計値で満足度約85.8%の好評価を頂いております。ご参加いただきました皆様、誠に 有難うございました。         18時半より特別講演会。今までで最も多い約250名もの方々にお越し頂き、およそ1時間半の     講演を寺島実郎先生より頂戴致しました。こちらも実施いたしましたアンケートにて90.2%     の高い評価を頂きました。こちらもご参加頂きました皆様、誠に有難うございました。         その後懇親会も開催いたしまして、参加者皆様の御蔭を持ちまして大変盛況になりました。 ○詳細はKANSAIアントレホームページ(http://www.ace-sec.co.jp/entre/schedule/index.html)に 近日中に掲載予定です! HPではここにはない写真や弊社取締役社長の乾、執行役員専務徳原のご挨拶も掲載致します。 是非ご覧下さい。 ---------------------------------------------------------------------------------------- 続きまして二件目 会員様ご紹介事例としてFour Seasons Co.,Ltd.様に株式会社Leis様をご紹介した時の様子をお伝え 致します。     ----------------------------------------------------------------------------------------  Four Seasons Co.,Ltd.様はリサイクルなどをはじめとする環境コンサルタントを主に行っていらっ しゃる企業様で、最近では労働の意欲のある障害を持つ人たちへ仕事を提供する取り組みを始められ、 物を壊してリサイクル出来る状態にする作業や、導線の外膜を剥がして使える状態にする作業などの 提供をされていらっしゃいます。 株式会社Leis様(ホームページhttp://leis.co.jp/)は視覚障害を持ちながらあん摩師やマッサージ師 として働いている人が抱える問題を解消できるビジネスモデルを作られ、そのモデルで訪問マッサージ 「Leis治療院」やデイサービス施設「アシストケアクラブ」等をFC展開されていらっしゃいます。  今回のご紹介の経緯はFourSeasonsの岡部社長より、「障害者に仕事を提供していく一つの形として自 身のとはまた違った形で、視覚障害者に仕事をやり易く提供していらっしゃるLeis様にお話を聞いてみ たい」とのご依頼を頂きましたので、Leisの松永社長にお時間を頂戴し、6月4日にLeis様を訪問致しま した。松永社長からLeisの取り組みの詳しい内容をスライドつきでお話頂き、そのあと夫々の取り組み について情報交換をされました。  障害者雇用という難しくも必需であるものに現在お二人が夫々どう向き合っているのかをお話で聞いて いて、私はもう頭の下がる思いでした。「今後も色々な形で」とのお話もされていらっしゃいましたが、 私ども事務局も微力ながらお役に立とうと思う素晴らしいご面談に同席させて頂けました。 ----------------------------------------------------------------------------------------  当事務局ではこのように会員様のご紹介をさせていただいております。 ご興味がございましたらお気軽に事務局 yabuuchi@ace-sec.ne.jp までどうぞ。 ======================================================================================== *バックナンバー*  ☆KANSAIアントレ通信☆は当クラブホームページにバックナンバーをご用意しております。 ご興味をお持ちの方はこちらhttp://www.ace-sec.co.jp/entre/mailmagazine/index.htmlを参照 下さい。 ======================================================================================== *配信停止*  「KANSAIアントレ通信」の配信停止をご希望される方はお手数ですがyabuuchi@ace-sec.ne.jpまで 「件名:配信停止」とご一報いただけますよう宜しくお願いいたします。 ======================================================================================== 問い合わせ、ご質問、ご要望など 配信元:KANSAIアントレプレナーズクラブ 事務局     エース証券株式会社 法人開発部法人企画課     TEL:06-6267-2103     e-mail:yabuuchi@ace-sec.ne.jp ホームページ:http://www.ace-sec.co.jp/entre/ 商号等 / エース証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第6号 加入協会 / 日本証券業協会 指定紛争解決機関 / 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター ========================================================================================