スマホメニューを開く
エース証券

メールマガジン

☆KANSAIアントレ通信☆

第50号

2017/09/20 配信

ブロックチェーンとは

各位

幾分残暑も和らぎ、しのぎ良い日が多くなりましたが、皆様方におかれましては如何お過ごしでしょうか。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
KANSAIアントレプレナーズクラブ事務局、エース証券の藪内でございます。

さて、年に二回開催しております当クラブ勉強会ですが、今秋の勉強会についてテーマが決まりましたのでご案内申し上げます。

今回は最近何かと話題のブロックチェーンがテーマです。
ビットコイン等で注目されているフィンテックに始まり、様々な用途があるブロックチェーンについて「ブロックチェーンとは」から「どこでどのように使えるのか」まで具体的なビジネス事例を踏まえながらお話ししていただく予定です。

モデレーターを株式会社スマートバリューの渋谷社長にお願いし、ブロックチェーン技術開発ベンチャーとユーザーサイドの方々にお集まりいただきパネルディスカッション形式にて開催予定です。

それに伴い、これから数回に分けてブロックチェーンについてこのメールマガジンで取り上げたいと思います。
今号ではまずブロックチェーンの概要についてご案内致します。

尚、現在パネリストの日程調整中でございますので日時等勉強会詳細は改めてこのメールマガジンにてご案内いたします。今しばらくお待ちください。

どうぞ最後までご覧くださいませ。

このメールは送信専用を利用しておりますので当メールへの御返信はお受けできなくなっております。ご連絡はKANSAIアントレプレナーズクラブ 事務局までお願い致します。


ブロックチェーンの概要について

ブロックチェーンとは実際どういった仕組のものか、かくいう私が実はふわふわとした知識しかなく、この勉強会開催に向けて改めて勉強を始めたというところです。
お詳しい方には大変失礼な内容となっておりますが、宜しければご覧くださいませ。


ブロックチェーンとは金融取引などの記録をコンピューターのネットワーク上で管理する技術の一つで、インターネット上の複数のコンピューターで取引の記録を互いに共有し、検証し合いながら正しい記録を鎖(チェーン)のようにつないで蓄積する仕組みである(知恵蔵miniより)

これで概要はおしまい、という感じにはなりますが、もう少し詳しくお話しすると、従来金融業等が行っていた「一か所に取引情報を集めて堅牢なシステムを構築して管理する」というスタイルを大きく変えるシステムです。
ブロックチェーンでは取引情報を取引に関わる全てのコンピュータにある程度ずつまとめたもの(ブロック)を保存し、その名の通りチェーンでつないで管理します。

この方法と従来との違いで特筆すべきはセキュリティの考え方です。
従来の管理では全体に堅牢といえど一か所に集約している上膨大な量を保存しているために狙われやすく、安全面を保つため管理コストがかなりかかっていました。

その点ブロックチェーンはそれぞれのPCに保存されているブロックが多数存在し、その一つを狙って改ざん等被害がでても、チェーンでつながっている同様のブロックから正しい方が選択され、修正されます。

保存されているデータが多いためその全てを改ざんするのは容易ではない事から安全性が高いといえます。

またそのブロック自体も強固であり、一つ一つのデータをブロックにする際、一定の計算手順で算出される規則性のない値である「ハッシュ値」という文字列に直してからチェーンでつなぐため、

ハッシュ値からもとのデータを復元することもできなければ、一つ改ざんしてもハッシュ値の答えあわせで違うものは除かれる仕組となっています。

基本的に不特定多数の誰でも参加できるオープン形式で運用されていますが、企業内のみ参加・管理できるプライベート方式もあり、メガバンク等で最近利用検討されているのはこちらのプライベート方式です。

現在メインとしてビットコイン等の仮想通貨取引の取引台帳として活用されていますが、データを厳重に管理できるシステムとして今後様々な情報管理に導入されていくと考えられています。

次回は実際に金融分野以外で利用されている事例について書かせて頂く予定です。


勉強会講師紹介その1
今号ではモデレーターをお願いしております渋谷社長が代表をされている株式会社スマートバリューのご紹介です。


スマートバリューは1928 年に自動車用の電装機器メーカーとして設立、その後自動車電話から携帯電話「ドコモショップ」の運営、さらにクラウドソリューション事業へと業態を拡充、発展してきた企業です。
2015年6月にはジャスダックに上場を果たされました。

現在では自治体等と地域社会・住民をつないで、広報・防災・防犯・子育て支援など、生活に必要な住民情報をPC、スマホなど使いやすい媒体で手に入れることができる「地域情報クラウド」事業や自動車含め様々な乗り物(モビリティ)を対象とし、専用の車載機やスマホを活用してクルマをインターネットに接続することでモビリティから取得出来る多様なデータを分析・活用し、交通事故の削減、渋滞の緩和、車両利用の効率化などを実現する「モビリティIoT」事業などを展開されています。

さらにスマートバリューは株式会社シビラと資本業務提携を結びIoTや社会システムをブロックチェーンでつなぐ「ブロックチェーンツナグプラットフォーム」のサービスを開始されました。

これは両社のクラウドシステムとブロックチェーン技術を組み合わせて「ブロックチェーンをもっと身近に」をテーマに、非金融分野で今まで解決できなかった社会問題解決を目指す事業です。

スマートバリュー会社HP
https://www.smartvalue.ad.jp/

ツナグプラットフォーム
https://www.smartvalue.ad.jp/bc_platform/

☆KANSAIアントレ通信☆の配信停止・登録内容変更

配信停止をご希望の方
メールマガジン内の解除URLよりお手続きください。
メールアドレスなど登録情報の変更
上記配信停止手続きを完了後、新しい情報でメールマガジン登録をしてください。
メールマガジンお申込み

お問合わせ、ご質問、ご要望など

KANSAIアントレプレナーズクラブ 事務局  TEL 06-6267-2103(平日 9:00~17:00)

お問合わせ