スマホメニューを開く
エース・プレミアムメンバーズクラブへのログイン
エースIFAネット(契約外務員様マイページ)へのログイン

アイガー・ファンドシリーズ EMF(エマージング・マネー・ファンド)

アイガー・ファンドシリーズ EMF(エマージング・マネー・ファンド)
商品分類
南アフリカ・ランド建て ケイマン籍オープンエンド型 外国投資信託
運用会社
アイガー・マネジメント・リミテッド
* ファンド資産の運用管理、受益証券の発行・買戻しを行います。
決算頻度
原則、年1回
お取扱い

サブ・ファンドの目的

サブ・ファンド(EMF)の投資目的は、短期の元本確保および流動性を達成することです。 本投資目的を追求するため、サブ・ファンドの資産は、直接またはSTANLIB インスティテューショナル・マネー・マーケット・ファンド(投資先ファンド)への投資を通じて間接的に公社債、コマーシャル・ペーパーおよび譲渡性預金に投資されます。

ファンドの主なリスクについて

リスク要因
サブ・ファンドは、投資先ファンドを通じて、主に外貨建て公社債、コマーシャル・ペーパーおよび譲渡性預金に投資を行いますので、投資先ファンドが組み入れた外貨建て公社債、コマーシャル・ペーパーおよび譲渡性預金の価格の変動、金利の変動、為替相場の変化、またはこれらの発行者もしくは投資先ファンドの投資運用会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、サブ・ファンドの受益証券1口当たりの価格が下落し、損失を被ることがあります。また、サブ・ファンドは、受益証券1口当たりの価格が外貨建てで算出されるため、為替の変動により損失を被ることがあります。サブ・ファンドの運用または為替相場の変動による損益はすべて投資者に帰属します。サブ・ファンドは投資元本が保証されている商品ではありません。受益証券1口当たり買戻価格の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託は預貯金と異なります。 サブ・ファンドが有する主なリスクは、以下の通りです。
サブ・ファンドに関するリスク
流通市場の欠如、投資目的および取引リスク、投資先ファンドに関連する信用リスク、保管会社に関連する信用リスクなどがあります。
投資先ファンドに関するリスク
南アフリカ・マネー・マーケット集団投資スキームとしての投資先ファンドに関連する政治経済的リスク、南アフリカ・マネー・マーケット集団投資スキームとしての投資先ファンドに関連するボラティリティ・リスク、南アフリカ・マネー・マーケット集団投資スキームとしての投資先ファンドに関連する流動性リスク、南アフリカ・マネー・マーケット集団投資スキームとしての投資先ファンドに関連する信用リスク、南アフリカ・マネー・マーケット集団投資スキームとしての投資先ファンドに関連する通貨変動リスク、投資先ファンドへの投資に関連する税務リスク、投資運用会社のパフォーマンスに関連するリスク、投資先ファンドの他の投資者の行為などがあります。

基準価額の変動要因(リスク)は、上記に限定されるものではありません。

詳しくは最新の『投資信託説明書(交付目論見書)』の【リスク要因】をご覧ください。

お申込みメモ

お申込み単位 1,000 口(当初1口あたり0.01 ランド)以上1口単位です。
受渡日 購入・換金いずれも申込み日より起算して5営業日目になります。
お申込みメモ

詳しくは最新の投資信託説明書(目論見書)の【お申込みメモ】をご覧下さい。

ファンドの費用

投資者が直接的に負担する費用

購入時手数料 かかりません。
購入時適用為替 円貨で買付け申込の際は、三菱東京UFJ 銀行の顧客電信売買相場仲値+0.50 円を適用させて頂きます。
換金時手数料 かかりません。
換金時適用為替 円貨でお受取の際は、三菱東京UFJ 銀行の顧客電信売買相場仲値-0.50 円を適用させて頂きます。
信託財産留保金 ありません。

投資者が信託財産で間接的に負担する費用

ファンドに係る費用

投資先ファンドにより支払われる報酬 (サブ・ファンドが、投資先ファンドの受益証券の投資者として支払います。)

ファンドに係る費用

詳しくは最新の投資信託説明書(目論見書)の【費用と税金】をご覧下さい。

ファンドのお取扱い

Adobe ReaderダウンロードPDFファイルをご覧になるためには、アドビ社のAdobe Reader が必要です。お持ちでない方は こちらからダウンロード してください。