PR
当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。

在籍確認の有無で選ぶカードローン一覧

在籍確認ありなしで選ぶカードローン!在籍確認で審査に落ちることはある?

  1. アイフル

    審査時間は最短18分で即日融資!1秒診断で事前にチェック

    アイフルは即日融資・在籍確認の点でおすすめ!パート主婦でも借りる方法
    • 審査&融資は最短18分!※申込状況により18分を超える場合あり
    • 契約ルーム利用で家族に内緒で借入もできる
    • おまとめローン「おまとめMAX」で返済を一本化
    • 即日融資
    • WEB完結
    • 書類郵送なし
    • 収入証明不要
    • 電話連絡なし
    • おまとめ対応
    • 無利息期間
    • 専業主婦
    • フリーター
    • 学生OK

    【審査時間・融資時間について】※申込状況によっては、18分を超える場合もございます。

    スペック表

    診断 1秒診断 審査時間 最短18分 融資時間 最短18分 利用限度額 800万円
    実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要
  2. プロミス

    WEBなら最短3分融資も可能!初めてなら30日間無利息!

    プロミスは最短3分の即日融資で評判良し!原則電話の在籍確認なし!家族バレを避けて借りる方法
    • 審査時間最短3分でWEB完結でも対応可能!最短即日融資
    • はじめてなら「30日間無利息」でも借入できる
    • お借入診断で「借入の可否」がすぐに分かる
    • 即日融資
    • WEB完結
    • 書類郵送なし
    • 収入証明不要
    • 電話連絡なし
    • おまとめ対応
    • 無利息期間
    • 専業主婦
    • フリーター
    • 学生OK

    ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合があります。
    ※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。
    ※原則電話による在籍確認なし
    ※学生は安定した収入がある方

    スペック表

    診断 1秒診断 審査時間 最短3分 融資時間 最短3分 利用限度額 1~500万円
    実質年率 4.5%~17.8% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要
  3. 三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック

    とにかく低金利が希望なら!審査も30分で回答

    三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの審査の流れから評判・申込み方法を解説
    • 最短翌営業日融資!10秒診断で借入可能かチェックできる
    • 土日祝でも審査に対応!テレビ窓口で在籍確認なしも
    • 低金利と大手の安心感が魅力!
    • 即日融資
    • WEB完結
    • 書類郵送なし
    • 収入証明不要
    • 電話連絡なし
    • おまとめ対応
    • 無利息期間
    • 専業主婦
    • フリーター
    • 学生OK

    スペック表

    診断 お試し診断 審査時間 翌日目安 融資時間 翌日目安 利用限度額 500万円
    実質年率 1.8%~14.6% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 50万円以下なら原則不要
  4. SMBCモビット

    WEB完結なら「郵送物・電話連絡・ローンカード」なし

    SMBCモビットなら最短即日融資!おすすめできるタイプは?
    • 最短即日融資!1秒でも速くお金が必要なら
    • 内緒で借入!WEB完結で電話連絡なし
    • お借入診断で本申込前に借入できるか分かる
    • 即日融資
    • WEB完結
    • 書類郵送なし
    • 収入証明不要
    • 電話連絡なし
    • おまとめ対応
    • 無利息期間
    • 専業主婦
    • フリーター
    • 学生OK

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    スペック表

    診断 お借入診断 審査時間 10秒簡易審査 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
    実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 - 総量規制 対象 収入証明書 -
  5. auじぶん銀行カードローン

    スマホ完結!au限定割&ATM手数料無料で大人気!

    auじぶん銀行カードローンの口コミ評判は?審査や金利についても調査
    • 提携ATMの手数料無料!振込手数料も無料
    • 来店不要のスマホ完結!すぐに申し込める
    • au IDをお持ちの方なら最大年0.5%の金利優遇
    • 即日融資
    • WEB完結
    • 書類郵送なし
    • 収入証明不要
    • 電話連絡なし
    • おまとめ対応
    • 無利息期間
    • 専業主婦
    • フリーター
    • 学生OK

    スペック表

    診断 - 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 最大800万円
    実質年率 0.98%~17.5% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 必要

在籍確認ありなしで選ぶカードローン!在籍確認で審査に落ちることはある?

カードローンの中には申込時の職場バレや家族バレを回避できるものがあります。職場バレは書類での在籍確認で回避できる場合がありますし個人名や銀行名で電話してもらうことでも回避できます。家族バレは自動契約機を利用することで回避可能です。

職場バレ&家族バレせずに利用できるカードローンと申込方法

職場バレや家族バレを気にして、カードローン申込みに踏み切れない方は多いのではないでしょうか。お金を借りる行為は、どうしてもネガティブなイメージを持たれがち。誰にも知られずにカードローンを利用したいと考える方が多いのも、無理からぬことといえます。

とはいえ、何も考えずにカードローンを申し込むと、職場の人や家族に借金を知られてしまう可能性が高いことも事実。職場バレや家族バレを回避したいなら、契約先に「在籍確認を内緒に出来るカードローン」を選ぶことが肝要です。

「在籍確認を内緒に出来るカードローン」とは?

「在籍確認を内緒に出来るカードローン」とは、文字どおり職場への在籍確認を誰にも知られずに行えるカードローンです。このタイプのカードローンには家族バレを防げるものがあり、上手に利用すれば誰にも知られることなく現金融資を受けることができます。

職場バレの最大の障害は「電話の在籍確認」 銀行名と個人名

カードローンの申込みを職場に知られる原因となるのが、申込時に行われる電話での在籍確認です。もし消費者金融やカードローンの名称で在籍確認を行われたら、即座に現金融資の利用を職場に知られてしまいますよね。

しかし「在籍確認を内緒に出来るカードローン」なら、この問題を回避できます。消費者金融の場合は個人名で、銀行カードローンの場合は銀行名で在籍確認を行ってくれるため、職場バレする可能性が極めて低いのです。

また少数ではありますが、「在籍確認を内緒に出来るカードローン」の中には書類の提出による在籍確認に対応してくれるものもあります。この方法が使える場合、職場バレする可能性はほぼゼロです。

家族バレの最大の障害は「ローンカードや書類の郵便物」

ネットや電話でカードローンを申込むと、契約完了後にローンカードや契約書類を封入した郵便物が自宅に届きます。この郵便物こそ、家族バレの原因となるものにほかなりません。もしご家族が郵便物を受け取って開けてしまったら、数秒後にはカードローンの申込みを知られることになるでしょう。しかしご安心を。「在籍確認を内緒に出来るカードローン」なら、書類やカードの郵送なしで現金融資を受けることができます。

…と、以上のように、誰にもカードローンの申込みを知られたくない人にとっての救世主となってくれる「在籍確認を内緒に出来るカードローン」。どんなカードローンがこのタイプに該当するのか、本文でチェックしていきましょう。おすすめのカードローン申込方法もご紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

在籍確認と郵送物を内緒に出来るおすすめ申込方法

職場の人や家族に知られずにカードローンの利用を始めるには、申込方法に工夫を凝らす必要があります。「在籍確認を内緒に出来るカードローン」を申込む場合も話は同じ。本文のはじめに、職場バレと家族バレを回避できるカードローン申込方法をご紹介しておきましょう。

インターネットからお申し込み⇒書類で在籍確認or銀行名・個人名⇒自動契約機でローンカード受け取り

以下の流れでカードローンの申込みおよび契約を行なうと、高い確率で職場バレと家族バレを回避できます。

  1. インターネットでカードローンの申込みを行う
  2. 申込み完了後、カードローン発行元のコールセンターに電話をかける
  3. 在籍確認を書類で行えないか打診する
  4. 審査通過後、自動契約機で契約とローンカード発行を行う

多くの場合、インターネットからのカードローンの申込みは、パソコンだけでなくスマホから行うことができます。スマホなら誰にも見られない場所で、こっそりと申込みを行えますね。

在籍確認については、書類審査で行ってもらえないか打診したうえで、金融機関サイドに判断を委ねなければなりません。もし書類での在籍確認が無理な場合は、個人名や銀行名で電話をかけてもらうよう頼んでみてください。

審査通過後の契約およびローンカード発行は、自動契約機を利用することをおすすめします。自動契約機でカードと契約書類を受け取れば、郵便物による家族バレを防ぐことが可能。契約後はATMで借入と返済を行うことにより、誰にも知られずに現金融資を利用できます。ただし、利用明細書の管理にはくれぐれも注意してください。

各カードローンのメリット・デメリットとおすすめの申込方法

ここからは、職場バレと家族バレを防ぐことのできるカードローンと、おすすめの申込方法を見ていきましょう。各カードローンのメリット・デメリットもご紹介しますので、チェックしてみてください。

SMBCモビット「WEB完結申込で職場への電話連絡無し」「郵便物も無し」

SMBCグループのSMBCモビットでは、郵便物や電話連絡なしで利用開始できる「WEB完結」という申込方法を用意しています。WEB完結を利用すれば、職場や家族に知られずにSMBCモビットを利用することが可能です。以上の点を踏まえたうえで、SMBCモビットのもつWEB完結以外のメリットに目を向けてみましょう。

審査回答が最短30分と早い

SMBCモビットの審査回答は最短30分とスピーディー。「WEB完結」の場合だと、審査通過後に入会手続きを行えばすぐに現金融資を受けることができます。ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。またSMBCモビットには以下のデメリットがあるのでご注意ください。

デメリット

  • 金利が年3.0%〜年18.0%と高い
  • 無利息期間が設けられていない

SMBCモビットの金利は最高18.0%。消費者金融としては一般的な金利ですが、銀行カードローンと比べると高金利です。また、ほかの大手消費者金融が行っている30日間の無利息期間が設けられていない点も、SMBCモビットのデメリットといえます。

以上のようなデメリットのあるSMBCモビットですが、職場バレと家族バレを避けたいならWEB完結を申込む価値大です。WEB完結は、いわばSMBCモビットのカードレスバージョン。インターネットから申込める、振込キャッシング専門の現金融資サービスとなります。カード発行がないため、WEB申込でSMBCモビットを契約しても郵送物の発送は行われません。

さらに先にご紹介したように、WEB申込みは電話連絡も一切なし。ただし、WEB完結を申込むには、以下の条件をクリアしなければなりません。

WEB完結申込の条件

  • 社会保険証あるいは組合保険証を提出できる
  • 三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの普通預金口座を持っている

ただし、WEB完結を利用できるのは、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの普通預金口座を持っている方のみ。時間に余裕があるなら、上記いずれかの銀行で口座を開設してからWEB完結を申込んでみてはいかがでしょうか。

プロミス「原則電話による在籍確認なし」「自動契約機でローンカードを受け取れる」

近年TVCMで知名度を上げているプロミス。プロミスもまた、職場バレと家族バレを回避できるカードローンの1つに数えられます。このカードローンがもつメリットは、以下のとおりです。

メリット

  • 30日間の無利息期間が用意されている
  • 審査回答が最短3分とスピーディー

プロミスでは、新規利用者に対する30日間の無利息期間を設けています(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)。この無利息期間内に返済を終えれば、金利負担は完全にゼロ。負担を抑えて現金融資を利用したい人にとっては、とても嬉しいサービスですね。審査スピードがSMBCモビットと同様に早いことも、プロミスのメリットとなっています。次に、プロミスのデメリットを見てみましょう。

デメリット

  • 金利が年4.5%〜年17.8%と高い

プロミスの最高金利は、SMBCモビットと比べると若干低め。とはいえ、銀行カードローンと比較すると高金利です。では、職場バレと家族バレを回避してプロミスを申込む方法を、詳しくチェックしていきましょう。

プロミスはインターネットからの申込みを可能としており、自動契約機でのカード発行にも対応しています。つまり、先のパートでご紹介した「職場バレと家族バレを回避できるカードローン申込方法」を、そのまま利用できるのです。

プロミスは原則電話による在籍確認なし。ポイントは正直かつ明確にオペレーターに伝えること。嘘の理由を並べ立てると、怪しまれた挙句に審査落ちしてしまう可能性があるので注意しましょう。

無事に審査に合格できたなら、あとは自動契約機で契約とカード発行を済ませるだけで現金融資を利用できるようになります。この申込方法なら郵便物の発送も行われないので、家族バレを心配する必要もありません。

アコム「店頭窓口や自動契約機でローンカードを受け取れる」

大手消費者金融の中でも、特に名の通った存在であるアコム。歴史ある業者であるだけに、アコムは申込者の要望に真摯な姿勢で応えてくれます。では早速、アコムのもつメリット・デメリットを見てみましょう。まずはメリットから。

メリット

  • 30日間の無利息サービスあり
  • 審査時間が最短30分と早い
  • 接客が丁寧
  • 自動契約機が全国に数多くある

上の2点はプロミスと同じですね。この一方で、下の2点はアコム特有のメリットとなります。接客の丁寧さは、アコムが多くの方に選ばれる理由の1つ。同じようにカードローンを申込むなら、丁寧な接客を受けて気持よく契約を行いたいですよね。

また自動契約機の多さも、アコムの持つメリットです。自動契約機の数が多ければ、家族や近所の方に目撃されにくい場所でカード発行を行える可能性が高くなります。では、アコムにはどんなデメリットがあるのでしょうか。以下をご覧ください。

デメリット

  • 金利が年3.0%〜年18.0%と高い

銀行カードローンと比べると、消費者金融であるアコムの金利はやはり高めです。では、職場や家族にバレずにアコムを契約する方法を見ていきましょう。

アコムもプロミスと同様に、インターネットからの申込みと自動契約機での契約およびカード発行に対応しています。アコムは在籍確認についてオペレーターに相談することはできますが、よほどの理由がなければ書類による確認には応じてもらえないと考えてください。

とはいえ、アコムの在籍確認は個人名で行われるので、職場バレする心配はほぼ不要です。在籍確認の際に職場の方が執拗に要件を尋ねたとしても、長年培ったノウハウを活かして上手く答えをはぐらかしてくれますよ。

在籍確認さえクリアすれば、あとは自動契約機でカード発行を受けるだけ。後日書類が自宅に届くこともないので、家族バレする心配もありません。

三井住友銀行カードローン「ローン契約機でローンカードを受け取れる」

三井住友銀行カードローンは、ローン契約機でのカード発行に対応した銀行カードローンです。ローン契約機の利用によって家族バレを防げる点は、自動契約機をもつプロミスやアコムと同じ。では、職場バレに対する対策はとれるのでしょうか。答えを述べる前に、三井住友銀行カードローンのもつメリットを見てみましょう。

メリット

  • 金利が年4.0%〜年14.5%と低い

ここまでにご紹介した消費者金融と比べると、三井住友銀行カードローンは銀行ならではの金利。審査回答までの流れがスムーズなことも、利用者にとって嬉しいポイントですね。しかし、三井住友銀行カードローンにもデメリットはあります。

デメリット

  • 消費者金融と比べて審査が厳しい

三井住友銀行カードローンの審査はやや厳しめです。審査では、ある程度の社会的ステータスが求められます。とはいえ、これは銀行カードローン全体にいえること。安定した収入があり、かつ過去に借金の滞納や未払いのない方であれば、審査を受ける価値は十分にあります。

では職場バレ対策を含めた、三井住友銀行カードローンのおすすめ申込方法をチェックしてみましょう。まず、申込みはやはりインターネットで行うことをおすすめします。在籍確認については、ほぼ確実に電話で行われると思ってください。よほどの優良顧客と認められない限りは、書類による確認に変更してもらうことはできません。

ただ三井住友銀行では、在籍確認を銀行名で行うか個人名で行うかを申込者に選ばせてくれます。職場の性質に合わせてどちらの名前で行うかを選択すれば、職場バレする確率は大きく下がるはず。職場の人に電話について追求されたときの言い訳も、事前に考えておけますね。

職場バレさえ回避できれば、あとはローン契約機でカードを発行するだけです。ちなみに、三井住友銀行カードローンのカード発行は、プロミスの自動契約機でも行えますよ。

住信SBIネット銀行MR.カードローン「口座がある場合は郵便物ナシ」

ネット専業銀行である住信SBIネット銀行では、低金利なカードローン「MR.カードローン」の提供を行っています。プレミアムコースとスタンダードコースの2コースを用意していることが、MR.カードローンの大きな特徴です。以下で、このカードローンのもつメリットを見てみましょう。

プレミアムコースの金利が年1.89%〜年7.99%と低金利

MR.カードローンのプレミアムコースは、数ある銀行カードローンの中でも特に低金利。少額融資で適用される最高金利も年7.99%と、かなり低い利率が設定されています。ただしこのカードローンにも、いくつかのデメリットがあります。

デメリット

  • 適用するコースは審査結果に応じて銀行側が決める
  • 消費者金融と比べると審査が厳しい
  • 自動契約機でのカード発行を行えない

上記のとおりMR.カードローンのプレミアムコースは低金利ですが、利用者が任意でこのコースを選ぶことはできません。また、このカードローンも銀行カードローンであるため、審査はやはり厳しめです。

何よりも気になるのが、自動契約機でのカード発行を行えないこと。自動契約機なしで、家族に知られずに現金融資を受けることはできるのでしょうか。職場バレや家族バレなしでMR.カードローンを契約する方法を、詳しく見てみましょう。

まず申込方法ですが、MR.カードローンはインターネットからの申込みにしか対応していません。在籍確認については三井住友銀行の場合と同様に、書類での確認に変更してもらうことは難しくなっています。とはいえ在籍確認の際に銀行が名乗る名前を、銀行名と個人名から選ぶことは可能です。

…と、ここまでの手順は前述の三井住友銀行の場合と同じですが、問題は自動契約機が利用できないことでしたね。住信SBIネット銀行は店舗や自動契約機を持たないため、MR.カードローンを申込むと確実に郵送でカードが送られてきます。

ただし、あらかじめ住信SBIネット銀行の預金口座を持っている場合は話が別。手持ちのキャッシュカードにカードローン機能が追加されるため、契約後に郵便物が届くことはありません。

他方、預金口座を持っていない場合は、カードローン申込みと同時に口座を開設することになります。この場合は契約後にカードが自宅に届きますが、送達方法が本人限定受取郵便となるので、確実に申込者自身で受け取ることが可能です。また、送られてくるカードの見た目は一般的なキャッシュカードと同じなので、カードデザインからカードローンの利用を家族に悟られることもありません。

カードローンおすすめランキングはこちら

当サイトは、カードローンに関する様々な情報を掲載しているWEBサイトです。

※当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております