PR
当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。

おまとめローンで審査に通りやすいカードローンを紹介

おまとめローンおすすめランキング!審査に通りやすい業者を紹介

  1. 楽天銀行スーパーローン

    安心の金利と高い限度額!審査もおすすめの銀行カードローン

    楽天銀行スーパーローンの審査の口コミ評判は?在籍確認やお金を借りる方法
    • 最短翌日で融資可能!スマホで申し込みも完結!
    • 楽天銀行口座は24時間振込!早い可能性あり!
    • 借り換え対応!金利も低く初めての銀行カードローンに最適
    • 即日融資
    • WEB完結
    • 書類郵送なし
    • 収入証明不要
    • 電話連絡なし
    • おまとめ対応
    • 無利息期間
    • 専業主婦
    • フリーター
    • 学生OK

    スペック表

    診断 - 審査時間 - 融資時間 最短翌日で融資可能 利用限度額 800万円
    実質年率 1.9%~14.5% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 必要
  2. みずほ銀行カードローン

    お申込はWEBで完結!来店・郵送不要!

    みずほ銀行カードローンの審査や評判は?借りるメリットデメリット
    • 金利年2.0%~14.0%!安心の銀行カードローン!ご利用は計画的に!
    • お申込はWEBで完結!来店・郵送不要の申込
    • 利用限度額10万円~最大800万円!キャッシュカードでカードローンを利用可能
    • 即日融資
    • WEB完結
    • 書類郵送なし
    • 収入証明不要
    • 電話連絡なし
    • おまとめ対応
    • 無利息期間
    • 専業主婦
    • フリーター
    • 学生OK

    ※申込時の不備等での書類の郵送が必要な場合あり
    ※学生は成人以上で安定した収入がある方(高校生を除く)
    ※学生は成人以上で安定した収入がある方(高校生を除く)

    スペック表

    診断 - 審査時間 - 融資時間 - 利用限度額 10万円~800万円
    実質年率 年2.0%~年14.0% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 -
  3. 三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック

    とにかく低金利が希望なら!審査も30分で回答

    三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの審査の流れから評判・申込み方法を解説
    • 最短翌営業日融資!10秒診断で借入可能かチェックできる
    • 土日祝でも審査に対応!テレビ窓口で在籍確認なしも
    • 低金利と大手の安心感が魅力!
    • 即日融資
    • WEB完結
    • 書類郵送なし
    • 収入証明不要
    • 電話連絡なし
    • おまとめ対応
    • 無利息期間
    • 専業主婦
    • フリーター
    • 学生OK

    スペック表

    診断 お試し診断 審査時間 翌日目安 融資時間 翌日目安 利用限度額 500万円
    実質年率 1.8%~14.6% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 50万円以下なら原則不要
  4. アイフル

    審査時間は最短20分で即日融資!1秒診断で事前にチェック

    アイフルは即日融資・在籍確認の点でおすすめ!パート主婦でも借りる方法
    • 審査&融資は最短20分!※申込状況により20分を超える場合あり
    • 契約ルーム利用で家族に内緒で借入もできる
    • おまとめローン「おまとめMAX」で返済を一本化
    • 即日融資
    • WEB完結
    • 書類郵送なし
    • 収入証明不要
    • 電話連絡なし
    • おまとめ対応
    • 無利息期間
    • 専業主婦
    • フリーター
    • 学生OK

    【審査時間・融資時間について】※申込状況によっては、20分を超える場合もございます。

    スペック表

    診断 1秒診断 審査時間 最短20分 融資時間 最短20分 利用限度額 800万円
    実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要
  5. プロミス

    WEBなら最短3分融資も可能!初めてなら30日間無利息!

    プロミスは最短3分の即日融資で評判良し!電話での在籍確認や家族バレを避けて借りる方法
    • 審査時間最短3分でWEB完結でも対応可能!最短即日融資
    • はじめてなら「30日間無利息」でも借入できる
    • お借入診断で「借入の可否」がすぐに分かる
    • 即日融資
    • WEB完結
    • 書類郵送なし
    • 収入証明不要
    • 電話連絡なし
    • おまとめ対応
    • 無利息期間
    • 専業主婦
    • フリーター
    • 学生OK

    ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合があります。
    ※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。
    ※原則電話による在籍確認なし
    ※学生は安定した収入がある方

    スペック表

    診断 1秒診断 審査時間 最短3分 融資時間 最短3分 利用限度額 1~500万円
    実質年率 4.5%~17.8% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

おまとめローンおすすめランキング!審査に通りやすい業者を紹介

複数の借金による毎月の返済額が高くて、困っていませんか?複数の借入を一本化して、金利を下げて、返済を楽にする方法があります。それがおまとめローンです。

この記事では、おまとめローンの選び方やメリット・デメリット、審査に通らない場合の対処方法などを徹底解説します。おまとめローンに興味がある方はぜひ参考にしてください。

おまとめローンとは

複数の借り入れを低金利で一本化できる金融商品

おまとめローンとは、複数の借入を一本化して返済を楽にする方法です。例えば、クレジットカードや消費者金融などから借りているお金を一つの銀行や信販会社にまとめて借り換えることです。これにより、返済額や利息が減ったり、管理が簡単になったりするメリットがあります。

おまとめローンは、一般的には低金利で長期のローンです。そのため、月々の返済額が少なくなります。また、おまとめローンを利用するためには審査が必要で、借入状況や収入などによっては通らない場合もあります。

おまとめローンは、借金を解決する魔法のようなものではありません。自分の返済能力や目的に合ったローンを選び、計画的に返済していくことが前提となります。

銀行で借り換えor消費者金融のおまとめ、どちらが良いか

おまとめローンを利用する場合、銀行と消費者金融のどちらを選ぶかは重要なポイントです(※銀行カードローンでは一般に「借り換え」と呼ばれます)。

一般的には、銀行の方が金利が低く、借入限度額が高いというメリットがあります。しかし、銀行の審査は厳しく、借入件数や延滞履歴などによっては通りにくい場合もあります。

一方、消費者金融のおまとめローンは、金利が高めで借入限度額が低いというデメリットがあります。しかし、消費者金融の審査は比較的緩やかで、スピーディーに借り換えることができる場合も多いです。また、消費者金融には専門的な相談窓口やアフターフォローなどのサービスが充実しています。

銀行と消費者金融のおまとめローンは、それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分の借入状況や返済計画に合わせて最適なローンを選ぶことが大切です。

銀行カードローンの「おまとめローン」が良い人

銀行カードローンの金利および利息総額は消費者金融より低めです。ただ、誰にでも銀行カードローンの利用をおすすめできるのかというと、そうでもありません。

申し込みをする前に下記の項目に目を通して、ご自身が銀行カードローンの利用に適しているか否かを確認してみてください。

  • 少しでも低い金利でおまとめしたい
  • クレヒスに自信がある
  • 時間に余裕があり緊急ではない

少しでも低い金利でおまとめしたい方

銀行カードローンの金利は消費者金融と比べて低く設定されています。おまとめローンで少しでも金利負担を抑えたいなら、銀行カードローンの利用を検討する価値が大いにあります。

クレヒスに自信がある方

クレヒスに自信があるなら、銀行カードローンによるおまとめを検討する価値があります。クレヒスとは、クレジットヒストリーの略で、いわば借金に関する履歴のようなものです。

今までにローンやキャッシングなどを利用しており、かつ滞りなく返済を行っているのであれば、優れたクレヒスを築いていると考えてよいでしょう。クレヒスに問題がなければ、審査の厳しい銀行カードローンもすんなり利用できる可能性があります。

一方、過去に借金の返済を3ヶ月以上延滞していたり、短期間にキャッシングやクレジットカードの申し込みを多数行ったりしている場合は要注意です。クレヒスに問題のある人物として、銀行カードローンの審査ではねられる可能性が高くなります。

時間に余裕があり緊急ではない方

銀行カードローンは、申し込みから融資を受けるまでに時間がかかる場合があります。提供元の銀行によっては数日から数週間待たされることもあるので、急ぎで融資を受けたい場合は要注意です。

とはいえ特に急ぎでない場合は、多少時間がかかったとしても低金利なローンを利用した方がお得といえます。「すぐにでも融資を受けたい!」という方以外は、銀行カードローンを選んで損はありません。

消費者金融の「おまとめローン」が良い人をタイプ診断

銀行カードローンは自分に合わないと思った方は、消費者金融が提供するおまとめローンの利用を検討すると良いでしょう。消費者金融のおまとめローンは、「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約として内閣府令で定めるもの」とされているため例外貸付にあたり、総量規制の対象外です。利用者の利益に資するもののため、年収の1/3を超えてもおまとめが可能です。

審査落ちが心配な方

銀行カードローンの審査に通る自信がない方でも、消費者金融でおまとめローンの審査を受ける価値は十分にあります。理由としては、銀行カードローンの審査に落ちた人が、消費者金融を利用できるケースは非常に多いからです。

消費者金融は長年培ったノウハウを活かして、銀行よりも綿密に申込者の情報をチェックしています。このチェックによって貸付する金額を細かく判断するために、銀行カードローンの審査でバッサリ落とされた人でも消費者金融で借入できるケースがあるのです。

上記の理由から、銀行カードローンでの審査落ちが心配な方に消費者金融のおまとめローンはおすすめです。

消費者金融と銀行系のおまとめローンを比較!

消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンは、提供する金融機関ごとにスペックが違っています。ここでは、消費者金融3社と3つの銀行カードローンの基本スペックを比較してみましょう。以下で紹介するデータをおまとめローン選びの参考にしてください。

サービス名称 分類 金利 限度額 最長返済回数 返済方式
アコム(借換え専用ローン) 消費者金融系 年7.7~18.0% 1~300万円 162回 元利均等返済
プロミス(おまとめローン) 消費者金融系 年6.3~17.8% 1~300万円 120回 元利定額返済
アイフル(かりかえMAX) 消費者金融系 年12.0~17.5% 1~500万円 120回 元利定額返済
アイフル(おまとめMAX) 消費者金融系 年12.0~15.0% 1~500万円 120回 元利定額返済
楽天銀行スーパーローン 銀行系 年1.9~14.5% 10~800万円 1年ごとに自動更新 残高スライドリボルビング方式

消費者金融系おまとめローンのスペック

まずは、消費者金融が提供しているおまとめローンのスペックを確認していきましょう。

アコム(借換え専用ローン)

金利=年7.7%~年18.0%/限度額=1万円~300万円/最長返済回数=162回/返済方式=元利均等返済

プロミス(おまとめローン)

金利=年6.3%~年17.8%/限度額=1万円~300万円/最長返済回数=120回/返済方式=元利定額返済

アイフル(かりかえMAX)

金利=年12.0%~年17.5%/限度額=1万円~500万円/最長返済回数=120回/返済方式=元利定額返済

上記を見てわかるように最高金利は3社ともほぼ横ばいで、限度額はアイフルのみが最高500万円と高額です。

また、返済方式の名称がアコムとほかの消費者金融で違っていますが、どちらも内容に変わりはありません。両者ともに返済額が毎月一定で、借入残高の減少に応じて返済額に含まれる利息の割合が減っていく返済方式なのだと覚えておいてください。

なお、アイフルにはアイフルを利用中の方および過去の利用者を対象とした、「おまとめMAX」というローン商品も用意されています。こちらのスペックもチェックしてみましょう。

アイフル(おまとめMAX)

金利=年12.0%~年15.0%/限度額=1万円~500万円/最長返済回数=120回/返済方式=元利定額返済

「かりかえMAX」と比べると、最高金利が低くなっています。

銀行カードローン(おまとめローン利用可能)のスペック

続いて、おまとめローンとして利用できる銀行カードローンのスペックを確認していきましょう。

楽天銀行スーパーローン

金利=年1.9%~年14.5%/限度額=10万円~800万円/契約期間=1年ごとに自動更新/返済方式=残高スライドリボルビング方式

上記の通り、限度額は最高800万円と高額に設定されています。金利に関しては、どのカードローンも消費者金融より低めです。

一部の銀行では返済方式を「残高スライド方式」としていますが、内容は「残高スライドリボルビング方式」と同じです。呼び名が違いますが、どちらも「借入残高に応じて毎月返済する“一定額”が変化する返済方式」だと覚えておいてください。

おまとめローンの金利シミュレーション比較

実際におまとめローンや銀行カードローンを利用すると、どのぐらいの金利負担が発生するのでしょうか。

おまとめローンおよび銀行カードローンを利用した場合に発生する利息を簡易的にシミュレーションしていきましょう。なお、例として借入額は150万円、貸付期間は5年(60回払い)とします。

消費者金融のおまとめローン

金利=年15%/返済総額=214万1,075円/利息総額64万1,075円

便宜上、貸金業法に定められた100万円以上の貸付に対する上限金利15%でシミューレーションを行っています。アコム、プロミス、アイフルは3社とも実質的な返済方式が同じなので、計算結果も同じになると考えてください。

銀行カードローン(おまとめローンとして利用可能)

続いて、銀行カードローンの金利をシミューレーションしてみましょう。

残高スライドリボルビング方式では、約定返済金額以上の金額を積極的に返済していかなければ、返済回数と利息が大幅に膨らんでしまいます。そこで今回は、60回で返済が終わるように月々の返済額を設定しました。結果は以下の通りです。

楽天銀行スーパーローン(年利14.5%で毎月35,292円を返済した場合)
返済総額=211万7,557円/利息総額=61万7,557円

いずれも、150万円を借り入れた場合の上限金利で計算しています。シミューレーションの中でも目を引くのが年利と利息総額。金利の低さがそのまま利息の低さにつながっていることがわかりますね。

なお、ホームページ上で計算を行ったため、最終月の返済額が微調整されています。また、ほかのカードローンの返済総額や利息総額は計算ソフトで行っているので、あくまで参考程度の数字として捉えてください。

審査が甘い、借りやすいおまとめローンはある?

おまとめローンに申し込むには、審査に通らなければなりません。審査では、借入状況や収入、勤務先などの属性や信用情報などがチェックされます。審査基準は金融機関によって異なりますが、一般的には銀行系のおまとめローンよりも消費者金融系のおまとめローンのほうが審査に通りやすい傾向があります。

ただ、それでも審査に通らない人もいます。そんな人は、「審査が甘い」という言葉に惹かれてしまうかもしれません。しかし、実際には審査が甘いおまとめローンは存在しません。

「審査が甘い」「誰でも借りられる」おまとめローンはない

貸金業法では、「審査が甘い」「誰でも借りられる」などの言葉を使うことが禁止されています。これは、消費者をだまして過剰な借入をさせることを防ぐための措置です。

したがって、「審査が甘いおまとめローン」を探すよりも、自分に合ったおまとめローンを選ぶことが大切です。そのためには、以下のポイントに注意してください。

  • 金利や限度額などの条件を比較して、自分の返済能力に見合ったおまとめローンを選ぶ
  • 審査に通るコツを知っておく(収入証明書を提出する、他社で同時に申し込まない、借入状況を正確に申告するなど)
  • 審査落ちした場合の対処法を考える(増額相談や任意整理など)

以上のように、審査が甘いおまとめローンはありませんが、自分に合ったおまとめローンを探すことで、多重債務から抜け出すことができます。

おまとめローンの選び方

おまとめローンは数多く存在し、どれを選ぶかによって返済負担や審査難易度などが変わってきます。おまとめローンを選ぶ際には、以下のポイントに注意してください。

  1. 金利や限度額などの条件を比較する
  2. 審査基準や審査スピードを確認する
  3. 返済方法や追加借入れの可否をチェックする
  4. 金融機関の種類や信頼性を考慮する

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

金利や限度額などの条件を比較する

おまとめローンの最大のメリットは、金利が下がることです。金利が下がれば、返済総額も減りますし、毎月の返済額も軽くなります。しかし、おまとめローンによっては金利が下がらない場合もあります。また、限度額や借入期間なども商品によって異なります。

選ぶ際には、以下のような条件を比較してみましょう。

  • 金利
  • 限度額
  • 借入期間
  • 遅延損害金

金利

年率で表記される借入時の利息。低いほど返済負担が少なくなる。

限度額

借入できる最大額。高いほど多くの借入を一本化できる。

借入期間

借入から完済までの期間。長いほど毎月の返済額が少なくなるが、金利分が多くなる。

遅延損害金

返済日に支払えなかった場合に発生する遅延料。高いほど延滞時の負担が大きくなる。

これらの条件は、金融機関や商品によって異なります。自分の借入状況や返済計画に合わせて、最適な条件を選びましょう。

審査基準や審査スピードを確認する

おまとめローンを利用するためには、審査に通らなければなりません。主な審査基準としては、下記のような項目で判断されています。

  • 年収
  • 他社借入件数
  • 他社借入残高
  • 勤続年数
  • 信用情報

年収

借入できる額に影響する。高いほど審査に有利になる。

他社借入件数

他社から借りている件数。多いほど審査に不利になる。

他社借入残高

他社から借りている残高。多いほど審査に不利になる。

勤続年数

現在の勤務先で働いている年数。長いほど審査に有利になる。

信用情報

過去の借入や返済の履歴。延滞や債務整理などの事故があると審査に不利になる。

これらの審査基準は、自分で確認できるものもあります。自分の状況を把握して、審査に通りやすそうなおまとめローンを選びましょう。

また、審査スピードも重要なポイントです。審査スピードは、申し込みから審査結果が出るまでの時間です。早く借入したい人は、銀行系よりも審査スピードが速い傾向がある消費者金融系おまとめローンに申し込みましょう。

返済方法や追加借入れの可否をチェックする

おまとめローンを選ぶ際には、返済方法や追加借入れの可否もチェックしておきましょう。返済方法は、毎月の返済額や返済期間に影響します。追加借入れの可否は、おまとめローンを利用した後にさらにお金を借りられるかどうかに関わります。

返済方法は、以下のような種類があります。

  • 元利均等返済
  • 元金均等返済
  • リボルビング払い

元利均等返済

毎月同じ額を返済する方法。最初は利息分が多く、後半は元本分が多くなる。

元金均等返済

毎月同じ額の元本を返済する方法。最初は元本分と利息分で返済額が大きく、徐々に小さくなる。

リボルビング払い

毎月一定額を返済する方法。残高が減らない限り利息が発生し続ける。

返済方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。自分の収入や支出に合わせて、最適な返済方法を選びましょう。

追加借入れの可否

  • 可能:おまとめローンを利用した後も、限度額内であれば追加で借入できる。
  • 不可能:おまとめローンを利用した後は、追加で借入できない。

追加借入れの可否は、おまとめローンの種類によって異なります。追加借入れが可能なおまとめローンは、急な出費に対応できるメリットがありますが、借入が増えるリスクもあります。追加借入れが不可能なおまとめローンは、借入が増えないメリットがありますが、急な出費に対応できないデメリットもあります。

自分の借入目的や返済計画に合わせて、最適な追加借入れの可否を選びましょう。

金融機関の種類や信頼性を考慮する

最後に、おまとめローンを選ぶ際には、金融機関の種類や信頼性も考慮しておきましょう。金融機関の種類は、銀行系や消費者金融系などがあります。信頼性は、金融機関の規模や歴史、口コミや評判などで判断できます。

金融機関の種類

金融機関の種類は、以下のような特徴があります。

  • 銀行系:金利が低く限度額が高いが、審査が厳しく時間がかかる。
  • 消費者金融系:金利が高く限度額が低いが、審査が緩く時間が短い。

信頼性の確認

信頼性は、以下のようなポイントで確認できます。

  • 規模:大手や中堅などの規模。大きいほど安心感がある。
  • 歴史:設立年数や実績。長いほど信頼感がある。
  • 口コミ:利用者の評価や感想。良いほど満足度が高い。

これらのポイントを参考にして、自分に合った金融機関を選びましょう。

銀行系おまとめローンのメリット・デメリット

銀行系おまとめローンとは、銀行や信用金庫などの金融機関が提供するおまとめローンのことです。銀行系おまとめローンは、消費者金融系おまとめローンと比べて、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

金利が低い

銀行系おまとめローンは、消費者金融系よりも金利が低く設定されています。金利が低ければ、返済総額や毎月の返済額も少なくなります。

限度額が高い

銀行系おまとめローンは、消費者金融系よりも限度額が高く設定されています。限度額が高ければ、多くの借入を一本化できます。

信頼性が高い

銀行系おまとめローンは、消費者金融系よりも信頼性が高いと言われています。銀行は国や地方公共団体によって監督されており、安定した経営をしています。

デメリット

審査が厳しい

銀行系おまとめローンは、消費者金融系よりも審査が厳しく設定されています。審査では、年収や勤続年数などの属性や信用情報などがチェックされます。審査に通るには、安定した収入や良好な信用履歴が必要です。

審査に時間がかかる

銀行系おまとめローンは、一般的に消費者金融系よりも審査に時間がかかります。審査には、申し込みから審査結果が出るまでに数日から数週間かかる場合があります。早く借入したい人には不向きです。

追加借入れができない

銀行系おまとめローンは、消費者金融系よりも追加借入れができない場合が多いです。追加借入れができなければ、おまとめローンを利用した後にさらにお金を借りることができません。

以上のように、銀行系おまとめローンは、金利や限度額などの条件面では優れていますが、審査や追加借入れなどの利便性面では劣っています。自分の借入状況や返済計画に合わせて、銀行系おまとめローンが最適かどうか判断しましょう。

消費者金融系おまとめローンのメリット・デメリット

消費者金融系おまとめローンは、銀行系おまとめローンと比べて、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

審査が緩い

消費者金融系おまとめローンは、銀行系よりも審査が緩く設定されています。審査では、年収や勤続年数などの属性や信用情報などがチェックされますが、それほど厳しくない場合が多いです。審査に通るには、安定した収入や良好な信用履歴が必要ですが、それほど高くなくても大丈夫です。

審査の時間が短い

消費者金融系おまとめローンは、一般的に銀行系よりも審査時間が短いと言われます。ただし例外的な貸付のため、通常の借入よりは遙かに時間は掛かります。銀行と同じく審査には、申し込みから審査結果が出るまでに数日から数週間かかる場合があります。

追加借入れができる

消費者金融系おまとめローンは、銀行系よりも追加借入れができる場合が多いです。追加借入れができれば、おまとめローンを利用した後にさらにお金を借りることができます。

デメリット

金利が高い

消費者金融系おまとめローンは、銀行系よりも金利が高く設定されています。金利が高ければ、返済総額や毎月の返済額も多くなります。

限度額が低い

消費者金融系おまとめローンは、銀行系よりも限度額が低く設定されています。限度額が低ければ、少ない借入しか一本化できません。

信頼性が低い

消費者金融系おまとめローンは、銀行系よりも信頼性が低いと言われています。消費者金融は国や地方公共団体によって監督されていますが、安定した経営をしているとは限りません。

以上のように、消費者金融系おまとめローンは、審査や追加借入れなどの利便性面では優れていますが、金利や限度額などの条件面では劣っています。自分の借入状況や返済計画に合わせて、消費者金融系おまとめローンが最適かどうか判断しましょう。

おまとめローンの審査に落ちて通らない場合

おまとめローンの審査に落ちる理由は、主に次のようなものがあります。

  • おまとめする金額が年収の1/3以上
  • 信用情報に問題がある
  • 他社借り入れ件数4社以上
  • 勤続年数が短すぎる

おまとめする金額が年収の1/3以上

貸金業者の場合、通常は総量規制によって年収の1/3以上は借りられません。しかし、おまとめローンは「貸金業法」の例外規定にあたるため、この規制の影響を受けません。それでも、借入金額が大きくなれば、審査に通らない可能性はあります。

信用情報に問題がある

延滞や債務整理などの履歴があると、審査で不利になります。

他社借り入れ件数4社以上

複数ある借り入れをまとめるためのおまとめローンですが、借入件数が多すぎると返済能力が不足していると判断されます。

勤続年数が短すぎる

返済能力を審査するうえで、雇用形態や勤続年数も重要です。1年未満だと審査に落ちやすいです。

おまとめローンの審査に通りやすくするコツ

おまとめローンの審査に通りやすくするためには、次のようなコツがあります。

  • 審査通過率の高いものを選ぶ
  • 「いま申し込むべきか」を検討する
  • 借入件数を減らしておく

審査通過率の高いものを選ぶ

銀行系や大手消費者金融のおまとめローンは、審査通過率が高いとされています。

「いま申し込むべきか」を検討する

信用情報に異動情報が残っている場合は、申し込みを控えるか、期間を空けることが望ましいです。

借入件数を減らしておく

他社からの借り入れを一部返済して、借入件数を減らすことで、審査に有利になります。

おまとめローンの申し込み~利用までの流れ

おまとめローンを申し込んで利用するには、どのような流れになるのでしょうか?以下で、おまとめローンの申し込み~利用までの流れを確認していきましょう。

  1. おまとめローンを選ぶ
  2. おまとめローンに申し込む
  3. おまとめローンの審査を受ける
  4. おまとめローンを契約する
  5. おまとめローンを借り入れる
  6. おまとめローンを返済する

おまとめローンを選ぶ

おまとめローンを申し込む前に、まずは自分に合ったおまとめローンを選ぶ必要があります。おまとめローンは数多く存在し、どれを選ぶかによって返済負担や審査難易度などが変わってきます。以下のポイントに注意して選びましょう。

ポイントは4つ

  • 金利や限度額などの条件を比較する
  • 審査基準や審査スピードを確認する
  • 返済方法や追加借入れの可否をチェックする
  • 金融機関の種類や信頼性を考慮する

自分の借入状況や返済計画に合わせて、最適な条件や金融機関を選びましょう。

おまとめローンに申し込む

自分に合ったおまとめローンを選んだら、次は申し込みです。

申し込み方法

申し込み方法は、金融機関や商品によって異なりますが、一般的には以下のような方法があります。

  • インターネット
  • 電話
  • 店頭
インターネット

パソコンやスマートフォンからウェブサイトで申し込む方法。24時間いつでも申し込み可能で便利。

電話

フリーダイヤルや専用番号に電話してオペレーターに申し込む方法。口頭で説明が受けられるが、営業時間内に限られる。

店頭

金融機関の店舗や窓口に直接行って申し込む方法。対面で相談ができるが、来店する手間がかかる。

これらの申し込み方法は、それぞれメリットとデメリットがあります。自分の好みや都合に合わせて、最適な申し込み方法を選びましょう。

必要書類や情報

申し込み時には、以下のような書類や情報が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 借入状況
本人確認書類

運転免許証やパスポートなどの写真付きの公的な証明書。

収入証明書

源泉徴収票や給与明細などの収入を証明する書類。

借入状況

他社から借りている金額や件数などの借入状況を正確に申告する。

これらの書類や情報は、審査に影響するので、必ず用意しておきましょう。

おまとめローンの審査を受ける

申し込みをしたら、次は審査です。審査では、借入状況や収入、勤務先などの属性や信用情報などがチェックされます。審査基準は金融機関によって異なりますが、一般的には銀行系のおまとめローンよりも消費者金融系のおまとめローンのほうが審査に通りやすい傾向があります。

審査に通るためのポイント

審査に通るには、以下のようなポイントが重要です。

年収

借入できる額に影響する。高いほど審査に有利になる。

他社借入件数

他社から借りている件数。多いほど審査に不利になる。

他社借入残高

他社から借りている残高。多いほど審査に不利になる。

勤続年数

現在の勤務先で働いている年数。長いほど審査に有利になる。

信用情報

過去の借入や返済の履歴。延滞や債務整理などの事故があると審査に不利になる。

これらのポイントを意識して、自分の状況を改善しておきましょう。

審査時間の目安

審査時間は、金融機関や商品によって異なりますが、一般的には以下のような時間がかかります。

銀行系

数日から数週間

消費者金融系

数時間から数日、時には数週間

通常の借入とは異なるため、消費者金融でも審査スピードは期待できません。それでも早くおまとめしたい人は、消費者金融系のおまとめローンを選ぶと良いでしょう。

おまとめローンを契約する

審査に通ったら、次は契約です。契約では、金融機関とおまとめローンの条件や返済方法などを決めて契約書にサインします。

契約方法

契約方法は、金融機関や商品によって異なりますが、一般的には以下のような方法があります。

  • インターネット
  • 電話
  • 店頭
インターネット

パソコンやスマートフォンからウェブサイトで契約する方法。24時間いつでも契約可能で便利。

電話

フリーダイヤルや専用番号に電話してオペレーターに契約する方法。口頭で説明が受けられるが、営業時間内に限られる。

店頭

金融機関の店舗や窓口に直接行って契約する方法。対面で相談ができるが、来店する手間がかかる。

これらの契約方法は、それぞれメリットとデメリットがあります。自分の好みや都合に合わせて、最適な契約方法を選びましょう。

必要書類や情報

契約時には、以下のような書類や情報が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 借入状況
本人確認書類

運転免許証やパスポートなどの写真付きの公的な証明書。

収入証明書

源泉徴収票や給与明細などの収入を証明する書類。

借入状況

他社から借りている金額や件数などの借入状況を正確に申告する。

これらの書類や情報は、審査時と同じものです。必ず用意しておきましょう。

おまとめローンを借り入れる

契約をしたら、次は借り入れです。借り入れでは、金融機関からおまとめローンの金額を受け取ります。借り入れ方法は、金融機関や商品によって異なりますが、一般的には以下のような方法があります。

借り入れ方法

振込

金融機関から指定した銀行口座に振り込んでもらう方法。手数料がかかる場合がある。また直接、借り入れていた金融機関に返済されることもある。

現金

金融機関の店舗やATMで現金を引き出す方法。手数料がかからない場合がある。

これらの借り入れ方法は、それぞれメリットとデメリットがあります。また借り入れ方法が厳密に指定されている場合もあります。

借り入れ時の注意点

借り入れ時には、以下のようなポイントに注意してください。

借入金額

おまとめローンの金額は、他社から借りている金額と同じにすることが望ましい。借入金額が少なすぎると、おまとめローンの効果が得られない。またおまとめする借入金額より多くの金額を借り入れできないケースが多い。借入金額が多すぎると、返済負担が増える。

借入日

おまとめローンの借入日は、他社から借りている金額の返済日よりも早くすることが望ましい。借入日が遅すぎると、他社からの返済が間に合わない。

これらのポイントを意識して、スムーズに借り入れましょう。

おまとめローンを返済する

借り入れをしたら、次は返済です。返済では、金融機関におまとめしたローンの返済金額を支払います。返済方法は、金融機関や商品によって異なりますが、一般的には以下のような方法があります。

返済方法

振込

指定した銀行口座から金融機関に振り込む方法。手数料がかかる場合がある。

引き落とし

指定した銀行口座から金融機関に自動的に引き落とされる方法。手数料がかからない場合がある。

これらの返済方法は、それぞれメリットとデメリットがあります。自分の好みや都合に合わせて、最適な返済方法を選びましょう。

返済時の注意点

返済時には、以下のようなポイントに注意してください。

返済額

おまとめローンの返済額は、自分の収入や支出に見合ったものにすることが望ましい。返済額が少なすぎると、借入期間が長くなって金利分が多くなる。返済額が多すぎると、生活費や急な出費に困る。

返済日

おまとめローンの返済日は、自分の給料日やボーナス日に合わせて設定することが望ましい。返済日が早すぎると、給料やボーナスが入る前に支払えない。返済日が遅すぎると、給料やボーナスを使ってしまう。

これらのポイントを意識して、上手く利用しましょう。

まとめ

銀行系や消費者金融系のおまとめローンにはそれぞれメリットとデメリットがある

今回は、おまとめローンの選び方やメリット・デメリット、審査に通らない場合の対処方法などについて解説しました。

銀行系は金利が低く、借入限度額が高いのがメリットですが、審査が厳しく、時間がかかるのがデメリットです。消費者金融系は審査が緩く、比較的スピーディーに借りられるのがメリットですが、金利が高く、借入限度額が低いのがデメリットです。

おまとめローンを利用する際は、自分の収入や支出、借入状況などを把握し、返済計画を立てることが大切です。また、審査に通らない場合は、他の金融機関に申し込む前に、借入額を減らす、連帯保証人や担保を用意する、信用情報を改善するなどの対処方法を試すことがおすすめです。

おまとめローンは便利なサービスですが、利用する際は注意点もあります。自分に合ったおまとめローンを選び、無理のない返済を心がけましょう。

カードローンおすすめランキングはこちら

当サイトは、カードローンに関する様々な情報を掲載しているWEBサイトです。

※当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております