PR
当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。

一時的にお金を借りたい場合の対処方法
無利息期間がある消費者金融が最適!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

PR
当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。

一時的にお金を借りたい場合の対処方法11選!銀行系や市役所でも借りれる

一時的にお金を借りたい会社員・OL

一時的にお金が必要になったとき、どう対処すればいいのでしょうか?一時的にお金を借りる方法には、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどがありますが、借り入れたい金額や返済期間、審査基準などによっても適切な借入先は変わってきます。

本記事では、一時的にお金を借りたい場合の対処方法、審査無しで一時的にお金を借りる方法、注意点などを解説します。銀行系や市役所で借りられる方法も紹介するので、参考にしてください。

一時的にお金を借りるなら無利息期間ありの大手消費者金融

一時的にお金が必要になることは誰にでもあります。急な出費や予期せぬ事故などで給料日までにお金が足りない時は、どうすればいいのでしょうか?

そのような時に便利なのが無利息期間がある大手消費者金融です。無利息期間とは、借り入れから一定期間内に返済すれば利息が発生しないという特典のことです。例えば、30日間無利息というサービスがあれば、借りた日から30日以内に全額返すと利息は一切かかりません。

無利息期間がある大手消費者金融を利用するメリット・デメリット

メリット

無利息期間がある大手消費者金融を利用するメリットは以下の通りです。

  • 一定期間利息がかからないので借りた金額だけで済む
  • 返済期間が短いので借金に悩まされることがない
  • 大手消費者金融なので信頼性や安全性が高い
  • 審査がスピーディーで即日融資も可能
  • インターネットやスマホで申し込みや返済ができる
  • 基本的には24時間365日利用できる

デメリット

無利息期間がある大手消費者金融を利用するデメリットは以下の通りです。

  • 無利息期間が過ぎると通常の金利が適用される
  • 無利息期間は初回利用者や新規契約者に限られることが多い
  • 借入限度額が低い場合がある
  • 収入証明書が必要な場合がある
  • 複数の消費者金融から借りると信用情報に影響する

無利息期間がある大手消費者金融は、一時的にお金を借りるのに最適な方法の一つです。しかし、無利息期間を過ぎると高金利になるので、必ず期限内に返済することが重要です。また、無利息期間の条件や利用規約をよく確認して、自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

無利息期間ありの大手消費者金融5選!

  1. アコム
  2. プロミス
  3. アイフル
  4. レイク
  5. SMBCモビット

アコム

アコムの無利息期間は、「初回契約日の翌日」から30日間です。無利息期間中は金利が0円で借入利用が可能です。ただし、無利息サービスはアコムでの契約が初めての方に限られます。

また、30日以内に追加借入をした場合、その分も無利息期間の対象となります。無利息期間を有効に使うためには、契約した翌日から借入を行うことが推奨されます。なお、無利息期間が終了した後は、3.0%~18.0%の金利が適用されます。

プロミス

プロミスの無利息サービスは、初回借入日の翌日から30日間、利息がかからずにお金を借りられるサービスです。無利息サービスを利用するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • プロミスを初めて利用すること
  • メールアドレスを登録すること
  • WEB明細を選択すること

無利息期間中に追加の借入があった場合や一度完済して再度借入した場合でも、初回利用日翌日から30日間以内であれば無利息の対象となります。ただし、無利息期間が終了した後は、4.5%~17.8%の金利が適用されます。

アイフル

アイフルでは、無担保キャッシングローンを初めて契約した利用者に対して、最大30日間は金利0円で利用できるサービスを提供しています。最大30日間利息0円サービスは、契約日の翌日から30日間が適用期間となります。無利息サービス適用期間終了の翌日からは、貸付利率(実質年率)3.0%~18.0%の通常金利が適用されます。

レイク

レイクでは、初回利用者が無利息期間を選べるサービスがあります。具体的には以下の3つの無利息期間から選べます。

30日間無利息

契約日の翌日から30日間、利息がかからず、元本のみの返済です。はじめて自動契約機、または電話申し込みした場合に選択可能です。

60日間無利息(Web申込み限定)

契約日の翌日から60日間、利息がかからず、元本のみの返済です。ただし、このオプションはWeb上での申し込み限定です。

5万円まで180日間無利息

契約日の翌日から180日間、5万円までの借入れが無利息となります。はじめて自動契約機または電話申し込みした場合、Web上で申し込みした場合に選択可能です。

上記の無利息期間は、初めてレイクに申し込む人が対象となります。また、無利息期間中に返済が滞った場合、無利息期間が終了となります。無利息期間終了後は通常金利が適用されます。

SMBCモビット

SMBCモビットでは無利息期間のサービスは提供されていません。それでも多数の利用者が日々増えているのには理由があります。SMBCモビットの最大の特徴とも言える、WEB完結申込で電話連絡なしに借りられることです。そのため、借入時に勤め先や家族にバレる心配がなくなります。

また、Tポイントが貯まるサービスもあるので、気持ち程度ですがお得になります。誰にも内緒でお金を借りたい場合は、SMBCモビットの利用がおすすめです。

低金利で一時的にお金を借りたいなら銀行カードローン

無利息期間ありの大手消費者金融も魅力的ですが、もっと長期的に低金利で一時的にお金を借りたいなら、銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンとは、銀行が発行するキャッシングサービスのことです。

銀行カードローンを利用するメリット・デメリット

メリット

銀行カードローンを利用するメリットは以下の通りです。

  • 銀行カードの方が消費者金融よりも金利が低い
  • 年収などの属性次第で借入限度額が高い場合が多い
  • 銀行口座と連携して返済や振込が便利
  • 郵送物が届いても銀行なので不審に思われない
  • 一部の銀行では無利息期間や還元などの特典がある

デメリット

銀行カードローンを利用するデメリットは以下の通りです。

  • 審査の基準が厳しい場合がある
  • 審査に時間がかかる場合が多い
  • 即日融資ができない場合がほとんど
  • 収入証明書が必要な場合がある

銀行カードローンは、一時的にお金を借りるのには最適な低金利で利用できる方法の一つです。しかし、審査が厳しいので借りられるかどうかは収入や信用状況によります。また、審査に時間がかかるので、急ぎでお金が必要な場合は他の方法を検討する必要があります。

低金利の銀行カードローン4選!

  1. 東京スター銀行 スターカードローンα
  2. 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
  3. auじぶん銀行カードローン
  4. 楽天銀行スーパーローン

東京スター銀行 スターカードローンα

東京スター銀行の「スターカードローンα」は、銀行カードローンには珍しく契約日から30日間の無利息期間が設けられています。無利息期間内に借り入れた金額を返済すれば、利息は発生しません。ただし、無利息期間は借り入れ日ではなく、契約日から始まる点に注意してください。また、無利息期間が終了した後の金利は、1.5%~14.6%となっています。

申し込みは来店不要で、インターネットで完結可能となっており、24時間受け付けています。最大利用限度額は1,000万円までで、最低返済金額は月額2,000円となっています。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、金利が年1.8%から年14.6%で、利用限度額は10万円から最高500万円です。全国の三菱UFJ銀行や提携コンビニATMで手数料無料で利用できます。また、24時間、土日祝日もWebから申し込みが可能です。

三菱UFJ銀行の口座がなくても申込可能なほか、三菱UFJ銀行・提携コンビニATM利用手数料0円となっています。また、最小返済額は月1,000円からなので返済の負担が少ない銀行カードローンと言えます。

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行のカードローン(じぶんローン)は、金利が年1.48%~17.5%と、ネット銀行ならではの利率が特徴です。さらに、au IDを持っている方は最大年0.5%の金利優遇を受けられます。利用限度額は最大800万円で、返済額は1,000円から可能です。

申し込みから契約まで全てパソコン・スマートフォンで完結できるため、24時間いつでも申し込みが可能です。また、auじぶん銀行カードローンは銀行カードローンにしては珍しく最短即日融資に対応しているため、できるだけ早く一時的にお金を借りたい場合でも利用しやすいです。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、通常時の金利が年1.9%~14.5%となっていますが、定期的にキャンペーンなどを行っており、お得に利用できる点が特徴的です。さらに、楽天会員ランクに応じて審査優遇されるほか、入会で楽天ポイントをもれなく1,000ポイント進呈などの特典もあります。

一時的な少額の借り入れはもちろん、借り換えなどまとまった資金のニーズにも幅広く対応可能です。楽天銀行スーパーローンは、様々な一時的にお金を借りたい状況下で利用されています。

  • 買いたいものがたくさんあるけど、今月の給料だけでは厳しい
  • 今月のクレジットカード請求額が思ったよりも高くて支払いが心配
  • 飲み会続きで、お給料日前に1万円だけ足りない
  • 子供の教育にかかる資金や習い事の支払いで必要
  • 急な冠婚葬祭の支払い、急な怪我による病院代の支払いで必要

最大限度額は800万円までで、月々の返済は2,000円からとなっています。そのため、ボーナスや臨時収入など余裕がある時に追加で返済することも可能です。

市役所や国から一時的にお金を借りたい場合は公的融資制度

大手消費者金融や銀行カードローンは一時的にお金を借りるのに便利ですが、審査に通らない場合や金銭的に余裕がなく返済に困る場合もあります。そのような時に利用できるのが、市役所や国から受けられる公的融資制度です。公的融資制度とは、生活や教育、就職などに困っている人に対して、低金利や無利子でお金を貸してくれる制度のことです。

以下では、公的融資制度を利用するメリット・デメリット、実際に利用できる可能性が高い貸付制度について紹介します。

公的融資制度を利用するメリット・デメリット

メリット

公的融資制度を利用するメリットは以下の通りです。

  • 金利が低いか、無利子で借りられる
  • 返済期間が長い場合がほとんど
  • 申し込み条件や審査が厳しい場合が多い
  • 他から借りることが困難な人が対象

デメリット

公的融資制度を利用するデメリットは以下の通りです。

  • 融資額が少ない場合がほとんど
  • 申し込みから融資までに時間がかかる
  • 申し込むための必要書類が多い
  • 返済が滞ると差し押さえ等の対象になる

公的融資制度は、低金利や無利子で一時的にお金を借りられる方法の一つです。ただし、少額融資なので大きな金額を借りたい場合や、急ぎでお金が必要な場合は他の方法を検討する必要があります。

公的融資制度には以下のような種類があります。それぞれの制度について確認していきましょう。

  1. 生活福祉資金(通常貸付)
  2. 教育一般貸付(国の教育ローン)
  3. 求職者支援資金融資制度

生活福祉資金(通常貸付)

生活福祉資金貸付制度は、生活に困窮した方が一時的にお金を借りることができる制度です。生活福祉資金貸付制度の対象となる方は、低所得者世帯、高齢者世帯、障害者のいる世帯などが対象です。安定した生活を送れるよう、都道府県の社会福祉協議会が資金の貸付と必要な相談や支援を行っています。

生活福祉資金(通常貸付)の制度では、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類の資金が貸付されています。借入の申し込みは、居住地域の市区町村の社会福祉協議会や都道府県社会福祉協議会にて行うことができます。詳しくは以下のサイトを確認してください。

参考リンク:厚生労働省 – 生活福祉資金貸付条件等一覧
参考リンク:全国社会福祉協議会 – 生活福祉資金

教育一般貸付(国の教育ローン)

教育一般貸付は、日本政策金金融公庫が提供する公的な教育ローンで、子どもの教育費を資金使途として利用できる制度です。上限350万円まで借入可能で固定金利は年2.25%となっています。また、受験前でも申し込み可能なほか、家庭の状況に応じた優遇制度があります。詳しくは以下のサイトを確認してください。

参考リンク:日本政策金金融公庫 – 教育一般貸付

求職者支援資金融資制度

求職者支援資金融資制度は、ハローワークを通して職業訓練に通っている人が毎月の生活費を借りられる制度です。職業訓練受講給付金を受給しても、その給付金だけでは訓練受講中の生活費が不足する場合に融資を受けることができます。詳しくは以下のサイトを確認してください。

参考リンク:厚生労働省 – 求職者支援制度のご案内

公的融資制度で一時的にお金を借りたい場合、即日は無理

公的融資制度は、一時的にお金を借りるのに低金利や無利子で利用できる魅力的な方法ですが、申し込みに時間がかかるというデメリットがあります。

市役所や国の窓口に行って必要書類を提出したり、審査を受けたりする必要があるため、即日にお金を借りることはできません。なお、個人向けの公的融資制度は、生活や教育、就職などの目的に限られているので、他の用途には利用できません。

公的融資制度で一時的にお金を借りる場合は、事前に申し込みの手続きや条件を確認しておくことが大切です。また、返済が滞ると強制執行や差し押さえの対象になるので、利用する際は注意が必要です。

審査無しで一時的にお金を借りたい、お金を作る場合の対処方法

信用情報に問題があるなどの理由で融資の審査に通らない場合に利用できるのが、審査無しで一時的にお金を借りる方法です。以下では、審査無しで一時的にお金を借りる方法を利用するメリット・デメリット、一時的にお金を借りる対処法の一例などを紹介します。

審査無しで一時的にお金を借りる方法を利用するメリット・デメリット

メリット

審査無しで一時的にお金を借りる方法を利用するメリットは以下の通りです。

  • 審査がないので借りられるかどうかの不安がない
  • 即日融資が受けられる場合がある
  • 複数を利用しても信用情報に影響しない

デメリット

審査無しで一時的にお金を借りる方法のデメリットは以下の通りです。

  • 借り入れできる金額が想定よりも少ない場合も多い
  • そもそも条件を満たしておらず借りれない可能性もある
  • 返済が滞ると契約解除や差し押さえの対象になる

審査無しで一時的にお金を借りる方法には、以下のような種類があります。

  1. クレジットカードのキャッシング枠
  2. 質屋への質入れ
  3. ゆうちょ銀行の定額貯金自動貸付制度
  4. 生命保険の契約者貸付
  5. 従業員貸付制度・給与前払い
  6. 家族・友人へ相談

クレジットカードのキャッシング枠

すでに契約しているクレジットカードに付帯するキャッシングサービスを利用する方法です。クレジットカードのキャッシング枠を利用して審査無しで一時的にお金を借りたい場合、キャッシング枠契約済みのクレジットカードが必要です。

クレジットカードの限度額内であれば、コンビニのATMなどでお金を借りることができます。既存のクレジットカードにキャッシング枠が付帯していれば審査はなく、即日融資で現金の引き出しが可能です。返済時は、当月のクレジットカード利用料とあわせて返済する場合がほとんどです。

質屋への質入れ

すでに持っている貴金属やブランド物などの貴重品を質入れする方法です。質屋では信用情報などによる審査はなく、金銭的な価値がある物品を持ち込めさえすれば、査定額に近い金額で即日融資が受けられます。ただし、質入れ期間は1か月から3か月程度となっており、期限を過ぎると品物が没収されて質流れとなります。

質屋への質入れを利用するメリットは、無審査で信用情報に影響しないので他の金融機関からの借入れに支障が出ません。質屋への質入れのデメリットは、利息が高いことや品物を失うリスクがあることです。

ゆうちょ銀行の定額貯金自動貸付制度

ゆうちょ銀行の定額貯金自動貸付制度は、定額貯金を担保にしてお金を借りられるサービスです。定額貯金自動貸付制度を利用するには、総合口座を持っていて担保定額貯金や担保定期貯金を契約している必要があります。

貸付方法としては、設定にもよりますが定額貯金の残高が一定額以下になると自動的にお金が借り入れられます。審査はないので、預入金額の90%以内までであれば即日融資が可能です。

生命保険の契約者貸付

生命保険の契約者貸付は、すでに契約している生命保険の解約返戻金を担保に保険会社からお金を借りる制度です。貯蓄性のある保険に加入している場合に、解約返戻金の一定範囲内でまとまったお金を借りられます。契約者貸付のメリットは、保険を解約しなくてもお金を借りられることや、審査なしで借り入れができることです。

生命保険の契約者貸付制度を利用すれば、審査無しで一時的にお金を借りることができます。ただし、借入額は解約返戻金以上にならないほか、返済しないと保険が失効する可能性があります。

従業員貸付制度・給与前払い

従業員貸付制度は、会社が社員に必要なお金を貸し付ける制度のことです。企業によっては社員の福利厚生の一環として定められており、緊急時に必要な費用に充てることができます。福利厚生として従業員貸付制度が設けられている企業では、就業規則などで規定されています。

また、従業員貸付制度がない場合は、給与の前払いを相談することで借り入れできる可能性があります。ただし、基本的には難しいと考えておくべきでしょう。

家族・友人へ相談

すでに信頼関係がある家族や友人にお金を借りる方法です。もちろん審査はないので、都合が合えば即日融資が受けられます。ただし、家族や友人に相談する場合は、返済計画や利息の有無などを事前に明確にしておくことが大切です。また、家族や友人にお金のことを知られるのが嫌な場合は利用できません。

審査無しで一時的にお金を借りる方法は、他の方法では借りられない場合や、急ぎでお金が必要な場合に限って利用しましょう。

一時的にお金を借りる場合に注意しておくこと6つ

一時的にお金を借りる方法は様々な選択肢が存在しますが、どの方法を選んでも注意すべきことがあります。一時的にお金を借りる場合は、主に以下のことに注意しておきましょう。

  1. 借入申し込み時に審査が行われる可能性
  2. 借りている期間に応じて利息が発生
  3. 融資希望額によっては収入証明書が必要
  4. 一度に多数の金融商品に申し込まない
  5. 貸金業者から借りるなら借入額は年収の3分の1以下
  6. 返済計画を立てて不必要に借り過ぎない

借入申し込み時に審査が行われる可能性

お金を借りる時には、借入先によって審査が行われる可能性があります。審査では、借りる人の信用情報や収入、借入状況などが確認されます。審査に通らないと借りることができませんし、審査に落ちると信用情報に悪影響を与えることになります。審査に通るためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 過去に延滞や債務整理などのトラブルがないこと
  • 定期的な収入があること
  • 他の借入が多くないこと
  • 申し込み内容に虚偽や不備がないこと

借りている期間に応じて利息が発生

お金を借りると借りている期間に応じて利息が発生します。利息は借入金額や借入先によって異なりますが、一般的には年利で提示されています。年利は借入金額の何パーセントかを示す数字で、例えば年利15%という場合は借入金額の15%が1年間で発生する利息ということになります。

利息は借りている期間が長くなればなるほど増えていきます。利息を少なくするためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 必要最低限の金額だけ借りること
  • 早めに返済すること
  • 低金利の借入先を選ぶこと

融資希望額によっては収入証明書が必要

融資希望額によっては収入証明書が必要になる場合があります。収入証明書は給与明細や源泉徴収票などで、借りる人の収入を証明する書類のことです。収入証明書が必要になるのは、消費者金融などの貸金業者から借りる場合で50万円を超える場合などです。

収入証明書が必要になると借入の手続きが煩雑になったり、借入までのスピードが遅くなったりします。収入証明書を用意するのが難しい場合は、以下のことに気をつけましょう。

  • 借入総額やキャッシング枠を年収の3分の1以下に抑えること
  • 収入証明書が不要な借入先を選ぶこと

一度に多数の金融商品に申し込まない

一時的にお金を借りたいと思っても、一度に多数の金融商品に申し込まないことが大切です。理由としては、申し込みのたびに信用情報機関に照会が行われるため、多重申し込みとみなされて審査に落ちる可能性が高くなるためです。有担保型などの無審査で一時的にお金を借りられる方法であれば、特に気にする必要はありません。

貸金業者などの金融業者の場合は、申し込みのたびに信用情報に記録が残るため、将来的に借り入れや賃貸契約などに影響が出る可能性があります。一度に多数の金融商品に申し込まないためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 申し込む前に自分の借入状況や返済能力を把握すること
  • 申し込む前に借入先の条件や利用目的を比較検討すること

貸金業者から借りるなら借入額は年収の3分の1以下

貸金業者から借りる場合、借入額は年収の3分の1以下にすることが重要です。貸金業者とは、消費者金融などのお金を貸すことを生業としている業者です。申込者の借入総額が年収の3分の1を超えていると、貸金業者は貸金業法の定めに従って新たに借り入れができないように融資を見送ります。

そのため、貸金業者から借りる場合は、借入額を年収の3分の1以下にすることが推奨されます。また、借入総額が年収の3分の1を超えると返済負担が大きくなり、生活に支障が出る可能性が高くなるほか、信用情報に悪影響を与えてしまいます。さらに借入額が年収の3分の1を超えると、返済に困る可能性が高くなります。

返済計画を立てて不必要に借り過ぎない

一時的にお金を借りる方法は様々な種類がありますが、どの方法を選んでも返済計画を立てて不必要に借り過ぎないことが求められます。返済計画を立てておけば、返済が滞ることや借金に悩まされることを防ぐことができます。

また、不必要に借り過ぎないように必要最低限の金額だけを希望することが大切です。不必要に借り過ぎると返済が困難になる場合や借金に依存する場合があります。一時的にお金を借りる際は、自分の状況や目的に合った方法を選び、注意すべきことを守って安心して利用しましょう。

一時的にお金を借りたい方からのよくある質問

  1. 一応バイトはしている学生ですが一時的にお金を借りれますか?
  2. 派遣社員として働いていますが一時的にお金が必要で借りれますか?
  3. 専業主婦でも一時的にお金を借りられますか?
  4. 転職してから給料日前なのですが一時的にお金を借りれますか?
  5. 無職なのですが一時的にお金を借りれますか?
  6. 一時的にお金を借りる方法は何がおすすめですか?

一応バイトはしている学生ですが一時的にお金を借りれますか?

学生でもアルバイトをしている場合、一部の金融機関では一時的な融資を受けることは可能です。ただし、借り入れる金額や金融機関によっては、親の同意や保証人などが必要な場合があります。

派遣社員として働いていますが一時的にお金が必要で借りれますか?

派遣社員でも既に働き始めている場合は、一時的にお金を借りることは可能です。多くの金融機関では、安定した収入があることが借入の条件となっています。ただし、審査では派遣先や派遣期間、収入状況などが確認されます。

専業主婦でも一時的にお金を借りられますか?

専業主婦でも配偶者貸付に対応している貸金業者や銀行カードローンであれば、一時的にお金を借りることは可能です。ただし、配偶者の同意などが必要な場合があります。

転職してから給料日前なのですが一時的にお金を借りれますか?

転職して給料日前の場合でも一時的にお金を借りることは可能です。ただし、転職先や収入状況のほか、信用情報が審査の対象となります。また、状況によっては収入証明書の提出や在籍確認の電話連絡が実施されることもあります。

無職なのですが一時的にお金を借りれますか?

審査がない方法であれば、無収入の無職だったとしても一時的にお金を借りることは可能です。ただし、貸金業者などの金融機関から借り入れることは不可能です。金融機関では、借り手の返済能力を確認するために安定した収入が必要とされています。

一時的にお金を借りる方法は何がおすすめですか?

一時的にお金を借りるための最適な方法は、個々の信用情報や経済状況などによって異なります。無利息期間のある消費者金融、低金利の銀行カードローン、公的融資制度など、自分の状況や希望条件に最も合った方法を選びましょう。

まとめ

今回は、一時的にお金を借りたい場合の対処方法、審査無しで一時的にお金を借りる方法、注意点などについて解説してきました。個々の状況やニーズにより適している方法は違うため、返済時に負担とならないように選ぶ必要があります。

一時的にお金を借りたい場合、銀行系のカードローンから市役所の支援まで、さまざまな選択肢があります。借り入れを検討する前に、利息、手数料、返済期間など、金融商品の詳細を理解することが重要です。また、返済計画を立てて借りたお金を返済できるのかどうかも確認しておきましょう。

基本的には、無利息期間が設けられている大手消費者金融カードローンなどで、一時的にお金を借りる方法が一番おすすめです。本記事が、あなたが資金調達の選択をする際の参考になれば幸いです。

カードローンおすすめランキングはこちら

当サイトは、カードローンに関する様々な情報を掲載しているWEBサイトです。

※当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております