PR
当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。

総量規制超えで借りれるとこは?
おまとめローンなら大丈夫!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

PR
当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。

総量規制オーバーでも借りれるのはどこ?年収の3分の1を超える新たな借入をする方法

総量規制オーバーでも借りたい人

すでに総量規制オーバーしているので、年収の三分の一以上借りる方法を知りたいという方も多いことでしょう。消費者金融などは貸金業者に該当するため、総量規制の対象となってしまいますが、貸金業者以外であれば総量規制の対象にはならないのでしょうか?

本記事では、総量規制の対象になる借金と対象外の借金、総量規制オーバーでも借りれる可能性がある方法、年収の3分の1を超える新たな借入をする場合の注意点などを解説します。

年収の3分の1を超える総量規制オーバーでも借りれる

年収の3分の1を超える借入が必要な場合でも、適切な手段を選べば借り入れが可能です。しかし、その選択肢は各々の借り入れ状況によります。

そもそも総量規制とは何か?

総量規制とは、消費者金融やクレジットカードなどの貸金業者から借り入れることができる金額の上限を定めた法律です。年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないという法律で、消費者を過剰な借金から守るために制定されました。

一方で、総量規制に引っかかってしまうと、どうしてもお金が必要な時に困ってしまうこともあります。しかし、総量規制には対象となる借金と対象外の借金が存在しており、総量規制オーバーでも年収の3分の1を超える借り入れができる場合も多いのです。

銀行カードローンだけ利用中の場合、総量規制オーバーしやすい

銀行カードローンは貸金業法における総量規制の対象外なので、銀行カードローンを利用してから消費者金融に申し込んでしまうと総量規制オーバーになりやすいです。しかし、これは銀行カードローンが悪いというわけではありません。

では、なぜ銀行カードローンだけを利用している場合、総量規制オーバーしやすいのでしょうか?理由としては、消費者金融カードローンに申し込む際に他社借入として含めなくて良いため、総量規制以上の借り入れをしてしまいやすくなるのです。

ただし、消費者金融によっては他社借入欄に銀行カードローンなども含めるよう記載されていることもあり、その場合は他社借入件数と金額に銀行カードローンを含める必要が生じます。

総量規制の対象になる借金、対象外の借金を知ろう

総量規制は、借入者が過度な借り入れをすることにより経済的に困難な状況に陥るのを防ぐための法律です。しかし、すべての借入方法が総量規制の対象になるわけではありません。以下では、総量規制の対象になる借金と対象外の借金を確認していきましょう。

総量規制の対象になる借金

総量規制の対象になる借金は、貸金業者に該当する金融機関からの借り入れです。貸金業者に該当する金融機関とは、消費者金融やクレジットカード会社など、貸金業法に基づいて登録された業者のことです。

消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング枠から借りる場合は、総量規制の制限を受けるので年収の3分の1を超える金額を貸してもらえません。例えば、年収が300万円の借入者の場合は、貸金業者からの借り入れは100万円までとなります。また、複数の業者から借りている場合は合計額が総量規制の対象となります。

例えば、年収が300万円の方が貸金業者から借りる際は、消費者金融カードローンとクレジットカードのキャッシング枠の合計が100万円を超えないようにしなければなりません。この場合、総量規制の対象になる借金の合計額が100万円を超えていると総量規制オーバーとなります。

総量規制の対象外となる借金

一方、総量規制の対象外となる借金は、貸金業者に該当しない金融機関からの借り入れや、貸金業法の例外となる借り入れです。貸金業法の例外となる借金は、年収の3分の1を超えても借りることができます。また、総量規制の対象になる借金の制限に含めなくてよいので、消費者金融で申し込みする時は除外対象となります。

総量規制の対象外となる借金の代表例は、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングリボ・分割払い、貸金業法の例外となる借り入れです。これらは、貸金業法に該当しない借り入れなので総量規制が適用されません。そのため、年収の3分の1を超えても借りられる可能性があります。

また、総量規制の対象になる借金の制限に含めなくてよいので、消費者金融で申し込みする時は除外対象となります。総量規制の対象外となる借金の例としては、以下の通りです。

銀行カードローン

銀行カードローンは、総量規制を含む貸金業法が適用されないため、基本的には年収の3分の1を超えても借り入れができます。また、銀行カードローンは総量規制の年収の3分の1以内の制限に含めなくてよいので、消費者金融で申し込みする時は除外対象です。銀行カードローンの利点は低金利で借りられることで、欠点は借り入れ限度額が低いことや即日融資ができないことです。

クレジットカードのショッピングリボ・分割払い

クレジットカードのショッピングリボ・分割払いは、貸金業法の対象外となります。また、総量規制の対象になる借金の計算には含めません。クレジットカードのショッピングリボ・分割払いの利点は手軽に利用できることで、欠点は金利が高いことや支払い期間が長くなることです。

おまとめローン・借り換えローン

おまとめローンや借り換えローンは、複数の借金を一本化して返済を楽にするための金融商品で、総量規制の例外扱いとなります。そのため、年収の3分の1を超えても借りることができます。おまとめローン・借り換えローンの利点は金利が下がって返済管理が楽になることで、欠点は借り換え手数料がかかることや借り換え後の借金が少し増えることです。

目的別ローン

目的別ローンは、借り入れの目的が明確に定められた金融商品です。代表的なものは住宅ローンやマイカーローンなどで、総量規制の例外扱いとなります。目的別ローンの利点は金利が低いことや借り入れ限度額が高く、欠点は審査が厳しいことや担保や保証人が必要なことです。

個人事業主対象のビジネスローン

ビジネスローンは、個人事業主やフリーランス、法人の経営者が事業資金として借りられる金融商品です。ビジネスローンの利点は個人用のローンよりも金利が低いことや、借り入れ限度額が高く、欠点は審査が厳しいことや事業計画書や収支予測書などの資料が必要なことです。

ファクタリング

ファクタリングは、会社や個人事業主などが保有する売掛金や手形などの売上債権をファクタリング会社に売却する金融商品で、総量規制の例外扱いとなります。ファクタリングの利点は現金化できる・資金金繰りを改善できるなどで、欠点は手数料や保証料などのコストがかかることです。

また、個人向けに給与ファクタリングという金融商品も存在しますが、多くの場合は貸金業者として登録がない違法な悪徳業者であることが多いです。給与ファクタリングは貸金業に該当するため、利用する際は貸金業者としての登録があるかどうかを登録貸金業者情報報検索サービスで確認してください。

参考リンク:登録貸金業者情報検索サービス : 金融庁

配偶者貸付

配偶者貸付は、専業主婦や専業主夫が配偶者の収入を担保にして、貸金業者から借りることができる借入方法です。総量規制の例外扱いとなります。配偶者貸付の利点は専業主婦(夫)でも借りられること、欠点は配偶者の同意が必要なことです。

有担保の貸付け

有担保の貸付けは、不動産や自動車などの資産を担保にして金銭を借入する方法なので、総量規制の例外扱いとなります。有担保の貸付けの利点は金利が低いこと、欠点は担保の評価が低いことや担保を差し押さえられるリスクがあることです。

信用金庫や農協の貸付け

信用金庫や農協は、地域の中小企業や農業者などを対象とした金融機関です。信用金庫などの金融機関から借りる場合は、貸金業者に該当しないので、総量規制を含む貸金業法が適用されません。そのため、年収の3分の1を超えても借りることができます。信用金庫や農協の貸付けの利点は金利が低いこと、欠点は審査が厳しいことです。

緊急の際の貸し付け

緊急の際の貸し付けは、緊急の医療費や社会通念上必要な出費など、特定の目的で利用する貸付制度です。緊急の際の貸付けには生活福祉資金貸付制度などがありますが、総量規制の対象外となります。緊急の際の貸し付けの利点は利息が低いか無利子で利用できることで、欠点は審査が厳しいことです。

総量規制の対象となる借金と対象外となる借金のまとめ

総量規制の対象となる借金と対象外となる借金をまとめると、以下のようになります。

借り入れ種類 総量規制対象
消費者金融カードローン
クレジットカードのキャッシング枠
銀行カードローン ×
クレジットカードのショッピング枠
リボ・分割払い
×
信販会社の販売信用
(ショッピングクレジット)
×
おまとめローン・借り換えローン ×
目的別ローン ×
個人事業主対象のビジネスローン ×
ファクタリング ×
配偶者貸付 ×
有担保の貸付け ×
信用金庫や農協の貸付け ×
緊急の際の貸し付け ×

銀行ローンなどが総量規制外なのはなぜ?

銀行と消費者金融、信販会社は適用される法律がそれぞれ異なります。また、キャッシングとショッピングでも規制条件が異なります。以下の表に法律の違いを分かりやすくまとめてみました。

銀行・消費者金融・信販会社~適用される法律の違い
区分 適用される法律
銀行のローン(キャッシング) 銀行法
銀行の融資(ローン全般) 銀行法
消費者金融の融資(キャッシング) 貸金業法
信販会社の融資(ローン全般) 貸金業法
クレジットカードのキャッシング 貸金業法
クレジットカードのショッピング 割賦販売法

同じキャッシングでも、銀行と消費者金融(または信販会社)では、規制される法律が変わってきます。総量規制を含む「貸金業法」においては、平成22年6月18日より「年収の3分の1以上の融資」について規制を受けるようになりました。

総量規制オーバーして貸金業者から借り入れした場合

総量規制オーバーして貸金業者から借り入れしてしまうと、結果的にどのような問題が起こるのでしょうか?主に以下のような影響があります。

  • 自身の返済能力を超える借金になってしまう可能性が非常に高い
  • 消費者金融やクレジットカードのキャッシングは利用不可になる
  • 契約済みの消費者金融は返済専用ローンと化して借り入れ不可になる

自身の返済能力を超える借金になってしまう可能性が非常に高い

総量規制オーバーして貸金業者から借り入れした場合、自身の返済能力を超える借金になってしまう可能性が非常に高くなります。総量規制は、消費者の過剰な借金を防ぐために設けられた法律(貸金業法)です。年収の3分の1を超える借り入れは、返済に困難が生じると考えられるからです。そのため、総量規制の上限は返済能力の目安とされています。

総量規制の上限を超えると、返済にかかる金額が収入を上回る場合もあるため、借金の返済に困難が生じる可能性が高まります。その結果、継続的な借金の返済ができなくなり、返済が滞ると遅延損害金や利息の膨らみなどで借金がさらに増えてしまいます。

借金の返済が厳しくなると生活に必要な支出や貯蓄ができなくなり、経済的な苦境に陥りやすくなってしまうのです。また、借金の返済ができなくなると精神的なストレスや不安も増えます。このように、総量規制オーバーして貸金業者から借り入れることは、経済的な危機だけでなく精神的な苦痛や身体的な危険にもさらされることになります。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングは利用不可になる

総量規制オーバーして貸金業者から借り入れした場合、消費者金融やクレジットカードのキャッシングは基本的に利用不可になります。消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、総量規制の対象となる貸金業者からの借金です。そのため、総量規制の上限を超えると新たに借り入れることができなくなるのです。

また、既に借り入れている場合でも追加融資などができなくなります。消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、緊急時や急な出費に便利なサービスです。しかし、総量規制オーバーしてしまうと、その利便性を一切失ってしまいます。

契約済みの消費者金融は返済専用ローンと化して借り入れ不可になる

総量規制オーバーして貸金業者から借り入れした場合、契約済みの消費者金融などは返済専用ローンと化して借り入れ不可になります。返済専用ローンと化す理由は、借入者が返済に困難をきたさないようにするための措置です。

総量規制の上限を超える前に借り入れを行った消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は、定期的に対象者の信用情報を確認しているためです。そのため、総量規制の上限を超えてしまった後に、契約済みの消費者金融から借り入れをしようとすると審査に落ちてしまいます。

結果的に、契約済みの消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は返済専用ローンと化してしまいます。つまり、返済することはできますが借り入れることはできなくなります。

総量規制オーバーでも借りれる可能性がある銀行カードローン

総量規制オーバーでも借りれる可能性があるカードローンは、総量規制対象外の銀行カードローンです。その理由は、銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法に基づいて貸付を行っているため、法律上は総量規制の適用を受けないのです。

ただし、銀行カードローンは総量規制対象外ではあるものの自主的に貸付を制限しており、基本的には総量規制オーバーで借りられることは少ないです。しかし、例外的に総量規制の上限を超えても借り入れることができるかもしれません。

銀行カードローンは借り入れ者の信用状況や返済能力を厳しく審査するため、総量規制オーバーの状態で審査に通るのは難しいですが、不可能ではありません。以下のような条件を満たしていれば、総量規制オーバーでも借りれる可能性があります。

  • 勤務年数が長く非常に年収が高い
  • 勤め先が上場企業など
  • 既存の借金の返済履歴が良好
  • 既存の借金の残高が少ない
  • 銀行との取引が長期で安定している

総量規制オーバーでも借りれる可能性がある銀行カードローンの一例を紹介します。それぞれの金融機関の審査基準や条件が異なるため、具体的な内容は各金融機関の公式サイトで確認することをおすすめします。

三菱UFJ銀行「バンクイック」

三菱UFJ銀行「バンクイック」は、三菱UFJ銀行が提供するカードローンです。三菱UFJ銀行「バンクイック」は、以下のような特徴を持つカードローンです。

  • 金利は年1.8%~年14.6%と低く設定されている
  • 利用限度額は10万円~500万円で、自由に何度でも借り入れ・返済できる
  • 申し込みはWebで完結し、三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できる
  • 三菱UFJ銀行・提携コンビニATMの利用手数料が無料で、最小で月1,000円から返済できる
  • 返済期日の3営業日前にメールで連絡が来るため、返済を忘れるリスクが低い

以上が、三菱UFJ銀行「バンクイック」の主な特徴です。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行が提供するカードローンです。楽天銀行スーパーローンは、以下のような特徴を持つカードローンです。

  • 金利は年1.9%~14.5%と低く設定されている
  • 利用限度額は10万円~800万円で、自由に何度でも借り入れ・返済できる
  • 申し込みはWebで完結し、楽天銀行の口座がなくても利用できる
  • 提携コンビニATMなら手数料無料、最小で月2,000円から返済できる
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇が受けられる
  • 楽天ポイントが貯まる

以上が、楽天銀行スーパーローンの主な特徴です。

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローンは、auじぶん銀行が提供するカードローンです。auじぶん銀行カードローンは、以下のような特徴を持つカードローンです。

  • 銀行系カードローンでは最速の審査、最短即日融資が受けられる
  • 金利は年0.98%~17.5%と低く設定されている
  • 利用限度額は10万円~800万円で、自由に何度でも借り入れ・返済できる
  • 申し込みはWebで完結し、auじぶん銀行の口座がなくても利用できる
  • 提携ATMの利用手数料が無料で、最小で月1,000円から返済できる
  • au IDを持っていれば金利が年0.1%~0.5%お得になる
  • じぶんプラスでスタンプが貯まってお得になる

以上が、auじぶん銀行カードローンの主な特徴です。

東京スター銀行「スターカードローンα」

東京スター銀行「スターカードローンα」は、東京スター銀行が提供するおまとめローンです。東京スター銀行「スターカードローンα」は、以下のような特徴を持つローンです。

  • 契約日から30日間の利息0円というお得なサービスが利用できる
  • 金利は年1.5%~14.6%と低く設定されている
  • 利用限度額は10万円~1,000万円で、自由に何度でも借り入れ・返済できる
  • 申し込みはWebで完結し、来店不要で24時間可能
  • 提携ATMの利用手数料が無料で、最小で月2,000円から返済できる
  • パートやアルバイトの方などでも申し込みできる
  • 預金残高不足でも、自動融資サービスで口座自動振替やATMで引き出し可能

以上が、東京スター銀行「スターカードローンα」の主な特徴です。

総量規制オーバーでも借りれる消費者金融系カードローン

総量規制オーバーでも借りれる可能性がある消費者金融系カードローンは、おまとめローン(貸金業法に基づく借り換えローン)です。

おまとめローンとは、複数の借金を一本化して返済を楽にするための金融商品です。おまとめローンは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、総量規制の対象となる借金をまとめることができます。

総量規制オーバーでも借りれる可能性がある消費者金融系カードローンの一例を紹介します。それぞれの金融機関の審査基準や条件が異なるため、具体的な内容は各金融機関の公式サイトで確認することをおすすめします。

アコム「借換え専用ローン」

アコム「借換え専用ローン」は、以下のような特徴を持つおまとめローンです。

  • 他社ローンをアコムに一本化して毎月の返済額や金利負担を軽減できる
  • 総量規制の例外となるため、年収の3分の1を超える借入も可能
  • 金利は年7.7%~18.0%で貸金業者債務の借換えを支援
  • 利用限度額は1万円~300万円で、担保や連帯保証人は不要
  • 申し込みはWebで完結し、最短即日融資で融資が受けられる
  • 勤務先への在籍確認電話が原則なしなので安心して申し込める

以上が、アコム「借換え専用ローン」の主な特徴です。

アイフル「おまとめMAX」

アイフル「おまとめMAX」は、以下のような特徴を持つおまとめローンです。

  • 複数借入をアイフル1社にまとめることで、毎月の返済額を抑えて金利も低くなる
  • Webからの申し込みと契約で、郵送物がなく家族にも知られずに利用できる
  • 金利は年3.0%~17.5%、利用限度額は10万円~800万円で借換えを支援
  • 銀行ローンやクレジットカードのリボルビング払いもまとめることが可能
  • 返済方式は元利定額返済方式で、最長10年(120回)の返済期間がある
  • 担保や連帯保証人は不要で、申し込みの際に自宅・勤務先への電話はなし

以上が、アイフル「おまとめMAX」の主な特徴です。

プロミス「おまとめローン」

プロミス「おまとめローン」は、以下のような特徴を持つローンです。

  • 総量規制における年収1/3を超える借入がある、複数貸金業者から借入の方を対象
  • 現在借入中のローンよりも低い金利での借換で、毎月の返済金額・金利負担を軽減
  • 金利は年6.3%~17.8%、融資額は300万円まで、返済は毎月1回!で借換えを支援
  • 返済期日は、5日・15日・25日・末日のいずれかから選べる
  • 計画的に返済していくことができるので、段階的に借入残高が減少
  • 担保や連帯保証人は不要
  • 申し込みは自動契約機・プロミスコール(電話)で行い、インターネットではできない

以上が、プロミス「おまとめローン」の主な特徴です。

SMBCモビット「おまとめローン」

SMBCモビット「おまとめローン」は、以下のような特徴を持つローンです。

  • 申し込みはWEBで完結、電話連絡・郵送物なしなので誰にもバレずに借入可能
  • 消費者金融・キャッシング枠などの借入を一本化して金利や返済額の負担を軽減
  • 総量規制の例外となるため、年収の3分の1を超える借入も可能
  • 金利は年3.0%~18.0%、商品限度額は800万円、返済期間は最長160回(13年4ヵ月)
  • 担保や連帯保証人は不要、返済期日は、5日、15日、25日、末日のいずれか

以上が、SMBCモビット「おまとめローン」の主な特徴です。

レイク「レイクdeおまとめ」

レイク「レイクdeおまとめ」は、以下のような特徴を持つおまとめローンです。

  • 複数の借入をレイクに一本化して毎月の貸付利率、返済額の負担を軽減
  • 総量規制の例外となるため、借入総額が年収の3分の1を超える場合でも申込可能
  • 専用フリーダイヤルで申込、おまとめローンの審査結果の連絡は電話でお知らせ
  • 金利は年6.0%~17.5%と低く設定できる可能性がある
  • 融資額は10万円~500万円で、担保や連帯保証人は不要、返済回数は最大120回
  • 申し込みは電話のみで、Web完結申し込みには対応していない

以上が、レイク「レイクdeおまとめ」の主な特徴です。

フクホー「貸金業法に基づく借換えローン」

フクホー「貸金業法に基づく借換えローン」は、以下のような特徴を持つローンです。

  • 資金使途は貸金業者債務の借り換え、返済先が多くて困っている人が対象
  • 他社の貸金業者債務をフクホーに一本化して金利や返済額の負担を軽減できる
  • 総量規制の例外なので年収の3分の1を超える貸金業者債務の借換えも可能
  • 金利は年7.3%~20.0%、貸付金額は5万円~200万円、担保・連帯保証人は原則不要
  • 返済期間は借入日から最長10年以内で、返済回数は2回~120回以内

以上が、フクホー「貸金業法に基づく借換えローン」の主な特徴です。

年収の3分の1を超える新たな借入をする場合の注意点

年収の3分の1を超える新たな借入を考えている方は多いかもしれません。しかし、年収の3分の1を超えるような借入は、一般的な消費者金融やカードローンとは異なる条件や手続きが必要になります。

以下では、年収の3分の1を超える新たな借入をする場合の注意点を3つ紹介します。

  1. おまとめローン、借り換えローンは即日融資できない
  2. 収入証明書類の提出が必要になる可能性が高い
  3. 年収の3分の1を超える新たな借入は基本的に難しい

おまとめローン、借り換えローンは即日融資できない

おまとめローンや貸金業法に基づく借り換えローンは、複数の借入を一本化することで返済計画を立てやすくするものです。総量規制の「例外貸付け」に該当しているため、年収の3分の1を超えても借りることが可能です。

しかし、おまとめローンや貸金業法に基づく借り換えローンでは即日融資が難しいことが一般的です。審査に時間がかかるため、急な資金調達には向いていません。

収入証明書類の提出が必要になる可能性が高い

年収の3分の1を超える借入を考えている場合、金融機関は借り手の返済能力を確認するために、収入証明書類の提出を求めてきます。収入証明書類には、源泉徴収票や給与明細などが含まれます。おまとめローンや貸金業法に基づく借り換えローンでは、申し込み時に提出を求められます。提出が難しい場合は、事前に金融機関に相談しましょう。

年収の3分の1を超える新たな借入は基本的に難しい

年収の3分の1を超える借入は、返済能力の観点から基本的には難しいとされています。これは、借り手の生活費や他の返済負担を考慮した上で、適切な借入額を設定するためです。新たな借入をして借金を新規の借金で返すようなことはやめて、毎月の返済で確実に元本を減らしていくことができる借り換えローン(おまとめローン)を活用してください。

年収の3分の1を超える新たな借入を検討している方は、上記の点を十分に考慮してください。

年収の3分の1を超える新たな借入をしたい方からのよくある質問

  1. 総量規制オーバーでも借入が可能な金融機関はどこですか?
  2. 総量規制オーバーとなった場合、どのような影響がありますか?
  3. 総量規制オーバーでも借入が可能な条件は何ですか?

総量規制オーバーでも借入が可能な金融機関はどこですか?

総量規制は、貸金業法において個人が年収の3分の1を超える借入をすることを制限する法律です。しかし、銀行はこの規制の対象外であるため、総量規制オーバーでも借入が可能です。ただし、銀行からの借入を行う際は信用情報が重視されるため、返済能力があると判断される必要があります。

また、近年では銀行カードローンでも総量規制オーバーにならないよう貸し付けるなど、自粛傾向にあるので基本的には難しいと言えます。

総量規制オーバーとなった場合、どのような影響がありますか?

総量規制オーバーの場合、総量規制の対象となる貸金業者からは新たな借入や増額ができなくなります。特に、クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融からの借入は制限されます。また、総量規制オーバーは信用情報に記録されるため、今後の借入やクレジットカードの審査に影響を及ぼします。

総量規制オーバーでも借入が可能な条件は何ですか?

総量規制オーバーでも借入が可能な条件は、以下のようなものです。

総量規制の対象外の金融機関から借りる

銀行や特定の目的で使うローンなどは総量規制の対象外となります。ただし、総量規制対象外の金融機関や金融商品でお金を借りる場合は、借入の目的を明確にする必要があるほか、審査基準は厳しくなります。

有担保型の金融商品を利用する

生命保険や自動車などのように担保があれば、総量規制に関係なく借り入れすることができる金融商品は多々あります。しかし、全ての人が担保を用意することはできませんし、返済ができなくなった場合は保証人や担保に責任が及ぶので、慎重に考える必要があります。

借入の総額を減らす

総量規制オーバーとなっている借入を一部返済して解約することで、借入および枠の総額を減らせます。借入の総額が年収の3分の1以下になれば、総量規制の影響を受けなくなります。

まとめ

今回は、総量規制の対象になる借金と対象外の借金、総量規制オーバーでも借りれる可能性がある方法、注意点などを中心に解説してきました。

年収の3分の1を超える借入が必要な場合でも、適切な手段を選べば借り入れることが可能です。しかし、選択肢は借入者の状況によっても異なります。借入を行う前に自身の返済能力を確認した上で、無理なく返済できる範囲での借入を心掛けましょう。

また、総量規制の対象となる借入と対象外の借入を把握して、適切な借入先を選ぶことも重要です。借入を考えている方は、これらの点を考慮に入れて最適な選択を行いましょう。

カードローンおすすめランキングはこちら

当サイトは、カードローンに関する様々な情報を掲載しているWEBサイトです。

※当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております