FX用語集
検索

FX初心者はまず勉強法を知って投資スタイルを確立しよう!学び方を解説

FXの基礎知識 2023/5/31 1828view
FX初心者はまず勉強法を知って投資スタイルを確立しよう!学び方を解説

FXを始めようとしている初心者が、まずはじめに勉強をすることはとても大事なことです。ただ、間違った情報を見抜けない状態でウェブサイトなどを見ると、かえって逆効果になることが多く、FXの勉強をするにも注意が必要です。

FXで取引を開始する時点で、いきなり上級者レベルの知識を身につける必要はありません。FX初心者が行うべき基本的な勉強法を知って、相場の肥やしにならぬよう取り組みましょう。

本記事では、FXの勉強でありがちな失敗例、FX初心者が勉強すべき項目、FXの勉強を実践に活かすコツなどについて紹介します。

初心者向け!FX口座開設診断
簡単!2ステップの診断で、あなたに最適なFX会社をご紹介します!

あなたの年齢は?

FXの勉強でありがちな失敗例

FXで失敗して絶望する個人投資家

FXの勉強でありがちな失敗のひとつが、大量の情報を一気に詰め込もうとすることです。知らない分野のことをいきなり詰め込もうとしても無理があります。

例えば、分厚いFXの本を買っても大半の方が最初の数ページで飽きてしまい、読むのを止めてしまうのではないでしょうか?

FXの勉強は受験勉強ではありません。知識ばかり詰め込んでも、実践で活かせるかどうかは別の話です。

時間を無駄にしないために、最短でFXを学ぶ方法を試しましょう。FXの勉強で最も役に立つのは、実践で学んでいくことです。

順序としては【基礎知識を身につける ⇒ 少額で実践】をするのが、FXを学ぶのに最適な流れです。

FXの基本的な知識として、円高や円安の仕組み、注文の仕方、専門用語などいくつかあります。いくつかのポイントさえおさえておけば、最短半日から一日程度の勉強でも実践練習に移れます。

FXの基礎知識を身につける勉強法

FXを動画で学ぶ

FXの実践で学ぶ前におさえておきたいのがFXの基礎知識です。

基礎を固めるには、動画で学ぶ方法、本で学ぶ方法のほか、講座で学ぶ方法など様々な選択肢があります。

  • 動画で学ぶ
  • 本で学ぶ
  • FX会社の講座・セミナーで学ぶ
  • ブログやメルマガで学ぶ
  • 実践で学ぶ

勉強法は一つに絞る必要はありません。複数の方法を並行しても良いですし、自分にあった方法でFXの基礎知識を身につけてください。

動画で学ぶ

FXの基本的な知識を身につけるのに最もおすすめなのが動画を使った方法です。動画であれば、図やイラストなどを使って解説してくれるので、初心者にも分かりやすくFXの仕組みが理解できます。

動画とテキストコンテンツ(書籍、WEBの記事等)を比較すると、圧倒的に動画の方が簡単で分かりやすいと感じるはずです。

テキストは文字と図(写真、イラスト)のみで構成されていますが、動画には文字だけで無く、音や動き、時間軸なども加わっており、視聴した情報が記憶に残りやすくなっています。

そのため、動画コンテンツはFX会社も積極的に動画を制作・配信しており、各FX会社の公式サイトやYouTubeチャンネルでも、さまざまな動画コンテンツが視聴できます。

本で学ぶ

動画を好む方もいますが、本の方が学びやすいという考える方は多いです。実際に書店やAmazonを覗くと沢山のFX関連本が並んでおり、どの書籍もFXの基礎知識を分かりやすく解説しています。また、電子書籍であれば紙の書籍よりも安くダウンロードできるので、かさばらず通勤・通学中の勉強にもおすすめです。

このほか、FX会社もPDFなどの教材や資料を作成しています。特に初心者向けの資料では、FXの基礎知識を分かりやすく丁寧に解説しています。無料で配布されている資料は、Kindleや電子書籍ビューワーなどにダウンロードし、FXの勉強に役立ててください。

FX会社の講座・セミナーで学ぶ

FX会社の講座で学ぶのも、基礎知識を身につけるのにおすすめの方法です。各FX会社は、初心者向けの講座・セミナーを充実させており、オンラインで学べる講座も不定期で開催しています。

以前は全国の会場で、FXセミナーを開催しているところも多かったのですが、最近ではより安全かつ衛生的に講座が開催できるよう、ZOOMやGoogle Meet、その他自社のウェビナーツールを使い、オンラインセミナーを開催するFX会社が増えてきました。

FX会社で口座を開設すると、こうしたウェビナーやセミナーに無料参加できるのでお得です。

ブログやメルマガで学ぶ

FX会社が運営するブログやメルマガでもFXの基礎知識が学べます。マーケットの最新情報、トレードに役立つ情報が配信されています。FX会社の発行するメルマガやお知らせは、常にチェックする習慣を付けましょう。

実践で学ぶ

ここまでの方法で、ある程度FXの基礎知識が身についたら、いよいよ実践を通してFXを学んでいきましょう。実践といえども大金は必要ありません。

取引通貨の小さなFX会社であれば、軍資金が1万円以下でもトレードできます。また、少額トレードであれば、万が一失敗をしても損失によるリスクは少なくなります。

FX初心者が勉強すべき項目は主に6つ

FX初心者が勉強すべき項目は多くありません。トレードに必要な基礎は、以下の6項目をおさえておけば大丈夫です。

  1. FX取引の仕組み<>
  2. チャートの見方
  3. ファンダメンタルズ分析
  4. テクニカル分析
  5. 資金管理
  6. トレードスタイル

1~6の内容について、以下で確認していきましょう。

FX取引の仕組み

FXをするのに、最低限のルールを知らなければトレードはできません。FX取引で失敗しないよう始めに仕組みを学び、どういった場合に損失が発生し、どういった場合に利益が発生するのか、必要な知識を身につけましょう。

FXとは日本語で外国為替取引を意味しており、口座を開設し証拠金を預けて、はじめて通貨が売買できます。また、レバレッジという仕組みがあり、預けた証拠金以上の大きな取引が行えます。

FXの特徴ですが、外国為替では2通貨の為替レート差で利益を得ることを目的としており、通貨の買い(ロング)と売り(ショート)のどちらからでも取引できる点に特徴があります。

注文方法は、主に成行注文、指値注文、逆指値注文、マーケット注文、ストップ注文などの種類があります。

FXの基本的な注文方法

成行注文 売買の際に価格を指定せずに注文を出すこと。
指値注文 希望する売買価格を指定して、注文する方法のこと。買いの場合は上限価格を指定し、売りの場合は下限価格を指定して発注します。
逆指値注文 価格が指定した価格より上昇したときに買い注文、または価格が指定した価格より下降したときに売り注文を出します。
マーケット注文 売買価格を指定せず、銘柄と数量のみを指定して注文すること。
ストップ注文 現在のレートより不利なレートを指定して注文をする方法。

このほかにもOCO注文、IFD注文などの注文方法もありますが、初めの段階では上の5種類を知っておけば大丈夫です。細かな知識は、実践を通じて少しずつ覚えていきましょう。

チャートの見方

為替の値動きをより明確に可視化するためにチャートが使われています。

取引されている通貨ペアによってチャートの呼び名は異なり、ドルと円の市場価格を示すチャートを「ドル円チャート」と呼びます。同様にユーロと円の市場価格であれば、ユーロ円チャートを使って値動きを見ます。

FXのチャートは市場のトレンドを表しています。トレンドとは傾向のことですが、チャートの王道パターンを覚えることで、今後の値動きをある程度予測したり、相場の転換期や反転ポイントが予測できるようになります。

チャートの王道パターンですが、最初は覚えられなくても問題ありません。FX会社によっては、今後どのような値動きになるのか自動でシミュレーションできるツールを提供しており、初心者にも分かりやすくガイドをしてくれます。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、経済活動等の状況によって今後の値動きを予測・分析することです。ファンダメンタルズ分析では、取引する通貨国の経済データ等を用いて、今後の市場価格を予測します。

経済指標や要人発言などの情報収集は、ファンダメンタルズ分析で欠かせない材料です。そのため、各FX会社も取引ツール上やメール・メルマガを通じて、最新の経済指標や要人発言などを配信しています。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、過去の値動きやチャートからトレンドやパターンを捉えて、今後の値動きを予測する手法のことです。

テクニカル分析のメリットは、経済の知識がなくても取引ができることです。また、取引ツールを使うだけで市場の動きを視覚的に理解できる点にあります。

ただし、テクニカル分析によるトレードを行う場合には欠点もあります。実際の市場価格は、過去の傾向とは必ずしも一致せず、財政や金融政策等の変化・紛争など、突然の出来事に対応できないこともあるからです。

そのため、分析の精度を上げるにはテクニカル分析だけでなく、ファンダメンタルズ分析とチャート分析を平行して分析することです。

資金管理

FXで最も重要な事柄の一つに資金管理があります。FXではレバレッジをかけた売買も多いのですが、資金管理を無視して投資をすると高確率で失敗します。

あまりにも大きなロット数でのトレード、高すぎるレバレッジの取引はリスクが高いため推奨されていません。FXの取引で資金管理をするポイントは、先にトレードのマイルールを作っておき、手遅れにならないように上手く損切りをすることです。

損切りができれば資金運用は成功しやすく、損切りができなければ損失のリスクが高まります。資金が尽きないためにも、正しい資金管理の方法を学びましょう。

トレードスタイル

トレードスタイルとは、FX取引をする際に使う取引手法のことです。FXのトレードスタイルには、大きく分けてスキャルピング、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレードの4種類があります。

スキャルピング

スキャルピングとは、短時間に取引を繰り返して小さな利益を積み重ね、最終的に大きな利益を目指す手法のことです。

スキャルピングは、新規注文と決済・注文を繰り返し行うため、短期間で素早い判断が求められます。そのため、初心者向きではなく中級~上級者向けの手法といえます。

デイトレード

デイトレードとは、その名の通り1日で決済をする取引手法のことです。その日のうちに建玉(ポジション)を決済するので、前日の状況を引きずらないで取引できるメリットがあります。

また、デイトレードであれば眠っている間もマーケットの値動きを気にすることなく、翌日には新たな気持ちで取引が開始できるので精神的にも楽です。

デイトレードは、長い意味では大きな損失を防いでくれますし、コツコツ利益を積み上げられるという点でも初心者におすすめの取引手法です。

スイングトレード

スイングトレードとは、1回の取引を数日から数週間かけて行う取引手法のことです。外国為替の市場には一定の周期があり、中期的な相場の波を利用し、利益を狙うのがスイングトレードの醍醐味です。

スイングトレードは、取引時間が長く大きな利益は狙えますが、長期間縦玉を持ち続けることになるので一定の損失リスクがあります。

例えば、相場のトレンドが現れやすい通貨ペアを選ばなければ予測を建てるのは難しく、初心者にとっては少々ハードルの高い取引手法です。

ポジショントレード

ポジショントレードとは、数ヶ月から数年という非常に長い時間をかけて取引を行います。

スワップポイント(取引される2つの通貨の金利差)を利用して利益を得るのにおすすめの手法であり、外貨預金に近い感覚で取引する方も多いです。

得意な通貨ペアを見つければ利益が出やすいのですが、相場の反転を見極め、安く買ったり高く売ったりするのは難しいです。そのため、レバレッジを外貨預金ほどまで落として運用するなどのリスク管理が必要になる取引手法です。

FX取引の感覚は実践で学ぶのが一番

FXにむらがる個人投資家

FXは実践で学ぶのが一番成長しやすいのですが、はじめは少ない軍資金で練習をするのが安全です。

FX会社には1通貨、100通貨、1,000通貨といった取引単位で始められ、少額取引を行えるところが数社あります。こうした取引単位の少ない業者を選んで、実践練習をはじめてみましょう。

わずか3,000円~5,000円といった金額でも、お金を使えばデモトレードとは違う緊張感が生まれますし、FXの基礎知識をおさらいしながらトレードを続ければ、どの教材よりも生きた授業が受けられます。

デモトレードだけを繰り返している方は、まずは一歩進んで少額での実践トレードをはじめてみましょう。

デモトレードで勉強できない理由

FXには本番さながらのトレードができるデモトレードという機能があります。デモトレードのメリットは、お金を使わずFXツールの操作方法や注文の仕方が学べることです。

ただし、デモトレードばかりに頼るのはおすすめしません。なぜなら、デモトレードはリアルトレードと約定が異なるからです。また、デモトレードではお金を使わないので、緊張感が生まれずリアルトレードとは展開が異なってしまうというデメリットがあります。

結果としてデモトレードだけでは、リアルトレードに必要なテクニックは身につきません。むしろ、自分はできる!と勘違いをしてしまうことすら多々あります。

デモトレードをはじめる場合は、並行して練習を行うか、デモトレードは数回の練習だけに留め、早い段階で少額のリアルトレードに切り替えると良いでしょう。

リアルトレードで実践の経験を積めば積むほど、短期間でトレードの感覚とスキルが身につきます。

リアルトレードの実践がおすすめの理由

FX会社や証券会社以外にも、FXのシミュレーションゲームや、ランキング型のトレード大会を開催する企業があります。しかしFXのシミュレーションで優勝しても、実際のトレードで勝てるかどうかは疑問です。

なぜならデモトレードやシミュレーションツールはお金がかからないので、リアルトレードのような精神的なプレッシャーがなく、現実よりも簡単に勝ちすぎてしまうからです。

実際にデモトレードに慣れすぎてしまうと、リアルトレードとの違いに戸惑い、大負けしてしまう方も少なくありません。FXで結果を出すには、やはり少額でもお金を使って本物のトレードで取引の感覚を掴むことです。

FXの勉強を実践に活かす3つのステップ

  1. 少額で実際のFX取引経験を積む
  2. FXトレード記録を残して復習
  3. 自分に合うトレードスタイルを見つける

STEP1:少額で実際のFX取引経験を積む

FXで最も勉強になるのが実際のトレードです。まずは少額で実戦経験を積みましょう。取引通貨が小さなFX会社であれば、少ない軍資金でも気軽にトレードが始められるので安心です。

100通貨以下で取引できるFX会社

通常、FXの取引単位は10,000通貨と決まっているのですが、上記3社の様に1通貨や100通貨で取引出来るところもあり、少額で実践を積みたい方におすすめです。

STEP2:FXトレード記録を残して復習

取引を開始したからといって、FXにおける学習が終わったわけではありません。実際にトレードを繰り返して記録を残し、復習をすることがトレードの学びにつながります。

トレードでは自らの取引を客観的に振り返り、トレードの癖やその時々に下した判断について情報を集めましょう。

過去のトレード記録を見ることで、自分に合ったトレードスタイルを見つけやすくなります。また、将来の相場を分析・予測するのに、残した記録やこれまでの振り返りが役に立つこともあるでしょう。

STEP3:自分に合うトレードスタイルを見つける

FXの取引を始めて実践練習を続けていると、自分に合った通貨ペアや取引方法が見えてきます。各通貨ペアの売買比率、総売買損益、1回あたりの平均売買損益、平均保有期間などを分析し、自分に合ったトレードスタイルを見つけてください。

FXの勉強に関するよくある質問と解決策

FXの勉強は意味がないと聞きました

FXの基礎知識を身につけることには意味があります。しかし、勉強をするだけでいつまでたっても実践に移らない様では勉強の意味がありません。

FXの勉強に意味が無いのではなく、ただ勉強するだけでは意味が無いというのが正確な回答です。FXの基礎知識を身につけた後は、少額トレードなどの実践でテクニックや分析力を磨きましょう。

FXを勉強すれば必ず勝てますか?

投資に100%という答えはありません。資金管理ができず、高すぎるレバレッジをかけているようでは学んだとはいえません。

勝率を上げるには、まずFXの基礎知識を身につけましょう。そして、実践を通して自分の投資スタイルを確立し、上手に損切りできるスキルを身につけることです。

FXを本気で勉強するのに高額なセミナーは必要ですか?

いいえ、FXで勝つのに高額なセミナーに参加する必要はありません。FXを学ぶのに必要な教材は、YouTubeやFX会社の提供している教材、無料セミナー、ウェビナーなどを活用すれば十分です。

また、FXの関連書籍も多く、初心者がわざわざ高価な費用を払って有料セミナーに参加する必要はありません。

FXの正しい勉強法はどこで学べますか?

FXの勉強は、スマートフォンが一台あれば自宅でも通勤・通学途中でも学べます。FX会社が口座開設者に配布している入門書をダウンロードすれば、隙間時間を利用して勉強できますし、動画コンテンツなどを使っても基礎知識は身につきます。

FXの勉強に役立つアプリはありますか?

各FX会社がスマートフォン向けに、アプリをリリースしています。大半はFX取引のツールですが、ツール内でチャート分析やデモトレード機能などを搭載しているので、FXの勉強にも役立ちます。

また、YouTubeアプリなどを使って、FX会社が制作した動画コンテンツ、ウェビナーに参加するのもFXの基礎知識を学ぶのに役立ちます。

FXの勉強で役立つ書籍一覧

実際に読んでFXの勉強で役に立った書籍一覧を3冊紹介します。

ずっと使えるFXチャート分析の基本

『ずっと使えるFXチャート分析の基本』 は、専業トレーダーであり、個人投資家でもある田向宏行氏が著者のFX入門書です。通貨取引に必要なチャート分析を簡潔にまとめており、本書を使うことでチャートを正しく読む技術が身に付きます。

タイトル

ずっと使えるFXチャート分析の基本 (シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方)

著者

田向宏行

出版社

自由国民社

発売日

2018年11月2日

内容

FXでの勝ち負けに関わるローソク足チャートの正しい読み方を紹介。

販売サイト

Amazon / 楽天 / その他

FX初心者の多くは、すぐに複雑なテクニカル指標を使おうとしますが、田向氏は「時間はかかかっても、値動きやローソク足を使ったチャート分析を先にマスターするのが一番の近道」と本書の中で話しています。

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門

『一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門』は、金融系WEBメディアで有名なダイヤモンドザイ(ZAi)が編集をしています。さすが金融系メディアだけあり、初心者が必要としている情報をコンパクトかつ分かりやすくまとめています。

タイトル

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版

著者

ザイ編集部 × 羊飼い

出版社

ダイヤモンド社

発売日

2017年11月23日

内容

FXの最強サイト「ザイFX!」とカリスマFXブロガー「羊飼い」が、FXで勝つためのノウハウや基礎知識を分かりやすく解説。

販売サイト

Amazon / 楽天 / その他

なお本書ではFX会社の選び方をはじめ、レバレッジやスプレッド、チャートなどFXの基礎知識まで丁寧に説明しており、図やイラストも豊富なので、FX初心者の間で大変人気があります。

世界一やさしい FXの教科書 1年生

世界一やさしい FXの教科書 1年生は、証券トレーダーを経験後し、現在はファンドマネージャー、ファンドトレーダーとして活躍する堀祐士氏が執筆。FXの入門書として、トレンドの見つけ方やエントリーのタイミングなどを分かりやすく解説しています。

タイトル

世界一やさしい FXの教科書 1年生

著者

堀 祐士

出版社

ソーテック社

発売日

2018年7月14日

内容

FXの入門書としておすすめ。初めての人でも、FXの基礎知識から楽しく資産を増やせる方法まで学べます。

販売サイト

Amazon / 楽天 / その他

本書ではテクニカル分析入門、 勝てるエントリーのための練習チャート10選なども掲載しており、初心者はもちろん、FX中級者の再入門書としてもおすすめの一冊です。

まとめ

この記事では、FX初心者がまず知っておくべき勉強法について解説しました。

FXは為替相場の変動によって利益を得る投資ですが、その変動要因は多岐にわたります。そのため、FX初心者はまず基礎知識や用語を学び、自分の投資スタイルや目標を確立することが大切です。

FXの勉強法には、書籍やインターネット、セミナーや動画など様々な方法がありますが、どの方法も一長一短があります。そこで、自分に合った勉強法を見つけることが重要です。また、FXの勉強は一度で終わりではなく、常に最新の情報や知識をアップデートすることが必要です。

FX初心者はこの記事で紹介した勉強法を参考にして、FXの世界に挑戦してみてください。

PR
当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。