FX用語集
検索

1000通貨でFX取引をする場合の証拠金は?1pipsあたりの利益はいくら儲かる?

FX初心者からのよくある質問 2023/6/22 6119view
1000通貨でFX取引をする場合の証拠金は?1pipsあたりの利益はいくら儲かる?

FXの取引会社によっては、1,000通貨という少量単位の取引から始められます。実際に1,000通貨で取引する場合は、いくらの証拠金が必要になるのかが気になるところですよね。

本記事では、FXで1,000通貨を取引した際に証拠金がいくら必要なのか、1pipsあたりの利益がどのくらい出るのか、などについて主に「米ドル/円」ベースで解説します。

1,000通貨でまずは取引を始めてみたい方は、ぜひ参考にしてください。

初心者向け!FX口座開設診断
簡単!2ステップの診断で、あなたに最適なFX会社をご紹介します!

あなたの年齢は?

1,000通貨でFX取引をする場合の証拠金は最低いくら?

取引する通貨ペアによって必要証拠金は異なる

疑問に思っている女性

1,000通貨でFXの取引をする場合は、取引するペアによって必要証拠金は異なります。

結論から言ってしまうと、米ドル/円の組み合わせで1ドル=100円の時は、4,000円から取引可能です。

取引通貨数量とレバレッジで証拠金を計算可能

必要証拠金は、取引したい通貨の数量とレバレッジで決まります。基本は、次の計算式で求められます。

チェックポイント

必要証拠金の計算式

購入したい通貨の総額÷レバレッジの倍率=最低必要証拠金

例えば、米ドル/円ベースで1,000通貨=1,000米ドル購入する場合、次の条件で必要証拠金を計算してみましょう。

1米ドル 100円(例)
取引通貨数量の総額 1,000米ドル×100円=100,000円
レバレッジ 25倍(最高倍率)

先ほどの計算式にあてはめると、次の通りです。

100,000円÷25=4,000円

必要証拠金は、この例で行くと4,000円で大丈夫ということがわかりましたね。他の通貨ペアやレートでも、計算式にあてはめれば必要最低限の証拠金がいくらかがわかります。取引の前に計算してみましょう。

米ドル/円での必要証拠金は、1米ドル=100円の場合、レバレッジの倍率によって次のように変わります。

レバレッジ倍率 必要証拠金(円)
1 100,000
3 33,334
5 20,000
10 10,000
25 4,000

ちなみに、1米ドル=120円の時には、必要証拠金はレバレッジ25倍で4,800円です。証拠金の必要量も変わってきますので、定期的に確認していくことが大切です。

取引のチャンスをのがさないためにも、証拠金は最低限ではなく余裕を持って入れておくのがおすすめです。

1,000通貨でFX取引した場合に1pipsの利益はいくら?

コツコツドカン

1pipsとは、FX取引において使用される通貨の最低単位のことです。例えば、米ドル/円では、1pips=1銭=0.01円です。

米ドル/円などクロス円の通貨ペアを1,000通貨で取引した場合、1pipsほどプラスに値動きが発生した場合の利益は次の通りです。

クロス円は通貨数量×0.01円で1pipsの利益を計算できる

1,000通貨×1pips(通貨数量×0.01円)=10円

つまり、1,000通貨の米ドル/円 取引では1pipsプラス方向に値動きすると、10円の利益になるということです。1,000通貨×2の取引では同じ条件で20円、1,000通貨×3の取引では30円……となるため、分かりやすいですね。

ちなみに、1,000通貨の10倍にあたる1万通貨では、1pipsあたり100円の利益です。米ドル/円などの取引を行う際は、覚えておいてください。

1,000通貨で運用する際の理想的な口座残高の目安

少額の投資資金

1,000通貨で運用する際の米ドル/円取引で、1ドル=100円の場合の最低証拠金(目安)が4,000円だと解説してきました。

実際には、ドルの価値がもう少し高いので最低証拠金も高くなるとは思いますが、最低金額で証拠金を用意するのは少々危険です。

理由としては、ギリギリの金額しか証拠金を入れていないと、少しの値下がりでロスカット(強制的な損失確定処理)されてしまうリスクがあるからです。

証拠金維持率が200~300%以上になる口座残高が理想的

例えば、あるFX業者は証拠金維持率が100%以下で強制ロスカットと決まっているとします。

1ドル=100円の時に1,000通貨(1,000ドル)購入し、25倍のレバレッジで4,000円ギリギリ入れた時には、スタートの段階で証拠金維持率が100%になります。

証拠金維持率が100%未満で即時ロスカットの業者の場合、1pipsでも下がると強制ロスカットされてしまい、取引をじっくり続けることが困難になってしまいます。

そうならないためにも、目安として200~300%の証拠金はいれておくのが良いとされています。

安全を確保するなら500%とも言われますが、200~300%はあくまで目安と考え、実際には取り扱う通貨ペアや値動き、どこまで強制ロスカットされても許容範囲かなどを見きわめて証拠金をいれておくようにしましょう。

まとめ

1,000通貨で取引をする際は口座残高に数万円は入れておこう

1,000通貨で取引を行う場合は通貨ペアにもよりますが、必要となる証拠金が数千円程度ということも多いです。

1,000通貨での利益は、1pipsあたりドル/円ベースで10円とそれほど多くはありませんが、コツコツと投資をして複利で運用していくことで少しずつ元手を増やすことができます。

1,000通貨で取引をする際は、ロスカットなどのリスクにそなえるためにも、最低証拠金だけではなく少し余裕をもって資金を準備しておきましょう。

1通貨から取引できるFX会社もありますので、本当に少額で取引したいのであれば少額投資可能な業者がおすすめです。

PR
当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。