国内最大級380枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

マイルのお得な使い方を紹介!航空券以外は損する?

PR

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。

航空会社が運営しているマイルは、飛行機をお得に利用出来るだけでなく提携先のポイントにも交換出来たりととても使いやすいので、貯めている方も多いのではないでしょうか。

しかしマイルはカードのポイントと違って、使い方によって価値が大きく変動します。

そのためマイルの一番お得な使い方については、いまいち分かりにくく悩んでいる方も多いでしょう。

今回の記事ではマイルのお得な使い方について、おすすめのカードなども含めて詳しく解説していきます。

マイルのお得な使い方・交換先を紹介!

一番オトクな使い道は特典航空券

マイル 使い方 おすすめ

マイルの使い方の中で一番お得になるのは、やはり特典航空券への交換でしょう。

特典航空券とはマイルを使って購入できるフライトチケットで、これを目当てにしてマイルを貯めている方も多いです。

実はマイルの価値はこの特典航空券に交換する際が一番変動が大きく、どの路線にするかで1マイルの価値は大きく変わります。

低い場合だと1マイル=1.5円程度の価値にしかなりませんが、高い場合は何と1マイル=20円を超える場合もあります。

このように路線によって変動幅は大きいですが、他の交換先に比べると一番価値が高くお得になるのが特典航空券です。

どのような路線がお得になるかはJALとANAそれぞれについて後程詳しく解説しているのでぜひ参考にして下さい。

フライトをよく利用する方は座席アップグレードもおすすめ

特典航空券ほどではないですが、利用する路線によってはマイルの単価が高くなるのが座席のアップグレードです。

フライトを利用する際にエコノミーからビジネスや、ビジネスからファーストクラスなど、マイルを使って座席をアップグレードする事が出来ます。

しかし座席アップグレードは必ずしも出来る訳ではなく、申請してアップグレード出来るかどうかは当日の座席の予約状況にもよります。

また特典航空券で利用するフライトはアップグレードが出来ず、購入したフライトでなければアップグレード出来ない点にも注意しましょう。

次点でポイントに交換するのがお得

特典航空券やアップグレードに比べるとマイルの価値は落ちてしまいますが、使い勝手の良さでは各種提携ポイントに交換するのも良いでしょう。

マイルはTポイントやnanacoなどの他社ポイントに交換が出来て、交換レートは概ね1マイル=1円の価値で交換出来る場合が多いです。

特典航空券に比べると決して価値が高い訳ではないですが、ポイントは現金同様に利用出来るので使い勝手の良さは魅力です。

交換出来るポイントには様々な種類がありますが、TOKYUポイントなどはポイント→マイルの交換レートも比較的高いのでおすすめ交換先と言えるでしょう。

ホテルやレストランのクーポンもお得

マイルを使って高級レストランや高級ホテルのクーポンに交換するのもお得な使い方の一つです。

例えばANAのマイルであれば、ザ・ペニンシュラ東京にあるレストラン「ザ・ロビー」のランチ・コースディナー2名分が10,000マイルで交換可能です。

時期やコースの内容にもよりますが、「ザ・ロビー」のランチ・コースディナー2名分は12,000~15,000円程度なのでマイルの価値としては1円を上回る高レートと言えるでしょう。

他にもマイルは高級レストランやホテルのクーポンと交換が出来て、1マイル=1~2円程度での交換が可能となっています。

先程紹介したポイント交換に比べると汎用性は低いものの、1マイルの価値としてはポイント交換よりは高いのでおすすめ交換先の一つと言えるでしょう。

商品券や電子マネーへの交換は損をする事がある

ここまで紹介した交換先以外にも、マイルは商品券や各種電子マネーへと交換出来ますが、結論から言うとあまりおすすめではありません。

何故なら他の交換先と比べると、1マイル=1円を下回ってしまうなど交換レートが悪く損をしてしまう場合もあるためです。

例えばJALマイルは様々な提携電子マネーへと交換が出来ますが、Suicaであれば1マイル=1円交換が出来る一方で、Pontaへの交換は1マイル=0.5円と交換レートはあまり良くありません。

このように多くの商品券や電子マネーに交換が出来るのは便利ですが、交換先によっては損をしてしまう場合があるので電子マネーなどに交換する際にはレートを良く確認するようにしましょう。

ANAマイルでお得な交換先ランキング

マイル 使い方 ANA

マイルには様々なお得な使い方がありますが、マイルの種類によってはお得な順番も違います。

まずはANAマイルのお得な使い方を、ランキングで見ていきましょう。

1位:国際線特典航空券ファースト(ビジネス)クラス

ANAマイルの一番お得な交換先は特典航空券ですが、国内線よりも国際線、更に座席クラスが高い方がよりマイルの価値が高くなる傾向にあります。

例えばANAのファーストクラスを利用する場合を見てみると、羽田~ロサンゼルスのレギュラーシーズンでは約200万円程度が相場です。

同じ時期の特典航空券を購入するのに必要なマイルは150,000マイルとなっているので、1マイルの価値は13円を超えるレートとなっています。

同じように羽田~ロサンゼルスのレギュラーシーズンのビジネスクラスを見てみると、航空券の相場は75万円程度で、必要なマイル数は85,000マイルとなっているので、1マイル=8円以上と高レートである事が分かるでしょう。

このようにマイルの一番お得な使い方は、国際線の中でも座席クラスの高い路線の特典航空券である事が分かります。

2位:国際線特典航空券エコノミークラス

国際線のファーストクラスに続いておすすめなのが、国際線のエコノミーなどです。

次に紹介する国内線などと比べるとマイルの価値が高く、座席クラスは低くても国際線の方が還元率が高いのでおすすめ交換先と言えるでしょう。

先ほどの羽田~ロサンゼルス便を例にとってみると、レギュラーシーズンでの航空券は約20万円程度となっています。

同じ時期の特典航空券を予約するには50,000マイルが必要なので1マイルの価値は約4円となります。

ファーストクラスやビジネスクラスと比較をすると1マイルの価値は高くはありませんが、他の交換先と比較すると1マイルの価値は高いのでおすすめ交換先の一つと言えるでしょう。

3位:国内線特典航空券

国際線の次におすすめな交換先は国内線の特典航空券です。

国内線の特典航空券は国際線に比べると1マイルの価値は落ちますが、それでも平均すると1.5~2.0円程度となる場合が多く、他の交換先と比較してもおすすめと言えるでしょう。

例えばレギュラーシーズンの3月頃の羽田~那覇空港の航空券は20,000円程度が相場ですが、特典購入権を購入するマイルは9,000マイルとなっています。

この場合の1マイルの価値は約2円強なので、他の交換先に比べると還元率は高めです。このようにANAマイルは国内であっても海外であっても、特典航航空券への交換が一番お得な方法と言えます。

4位:ANA SKY コイン

特典航空券の次におすすめなのが、ANA SKYコインへの交換です。ANA SKYコインはANAの特定サービスの中だけで使える通貨で、航空券の購入をする事も可能です。

ANA SKYコインは、マイレージクラブのステイタスなどによっては最大で1マイル=1.7円で交換出来るのでお得な交換先と言えるでしょう。

5位:提携先のポイント

ANAマイルの使い道の最終手段とも言えるのが、提携ポイントの交換です。

これまで紹介してきた交換方法であれば1マイルの価値を1円以上に高める事が出来ましたが、ポイントの場合は1マイル=1円にしかなりません。

それどころか、ポイントによっては更に交換レートが悪くなってしまう場合もあります。

そのため提携ポイントへの交換は、有効期限が切れてしまう直前などの最終手段と考えておきましょう。

また交換する際にも、下記のような1マイル=1円の価値で交換出来るポイントに交換する事をおすすめします。

  • nanacoポイント
  • Tポイント
  • 楽天ポイント
  • TOKYUポイント
  • メトロポイント

JALマイルでお得な交換先ランキング

マイル 使い方 JAL

ANAに続いて、JALマイルのお得な使い方を見ていきましょう。どちらも同じマイルではありますが、お得な使い方には違いがあるので注意が必要です。

1位:国際線特典航空券

JALマイルの場合も一番おすすめなマイルの交換先としては、国際線の特典航空券になります。ANA同様に座席クラスが高いほど1マイルの価値は高くなる傾向にあるので、ここではファーストクラスで検証をしてみましょう。

例えば東京~ニューヨークの場合は片道で70,000マイルが必要ですが、普通運賃で予約した場合は約190万円程度です。

そのため1マイルの価値は約27円と、1マイルあたりの価値がかなり高い水準となっています。

座席クラスの低いエコノミーの場合でも1マイルあたりの価値は約8円程度と、他の交換先と比べても高い水準となっていると言えるでしょう。

2位:国内線特典航空券

国際線特典航空券の次におすすめなのが、国内線の特典航空券です。国際線ほど1マイルの価値は高くはありませんが、他の交換先に比べると高い水準なのでおすすめ交換先の一つと言えるでしょう。

例えば東京~福岡便の場合は特典航空券は片道7,500マイルが必要となっており、同じ区間の航空券を購入するための費用は約41,000円です。

そのため1マイルの価値は約5.4円となり、国際線ほどではなくとも交換レートは高い水準と言えるでしょう。

国際線のファースト・ビジネスクラス→国際線のエコノミークラス→国内線の順番でお得なのは、ANAマイルと同じとなっています。

3位:どこかにマイル

ANAマイルにはないJALならではのお得な交換先が、「どこかにマイル」です。

このサービスは往復6,000マイルで国内のどこかにランダムで行けるという、ミステリーツアーのようなJAL独自のサービスです。

通常JALの国内線特典航空券は最低でも12,000マイルが必要ですから、マイルの価値としては倍以上という破格な交換先と言えるでしょう。

しかし行く先は自分で選ぶ事は出来ず、どこに行くかは分からないので出張などのビジネス利用は出来ません。

しかし旅行先に困った場合や、ワクワク感を楽しみたい方にとってはとてもおすすめなマイルの使い方の一つと言えるでしょう。

4位:JALのポイントやクーポン

特典航空券やどこかにマイルに交換出来ない場合は、JALクーポンへの交換もおすすめです。

JALクーポンはJALグループのサービスで利用出来るクーポンで、1マイル=1.2円程度の価値で利用出来ます。

もちろんANAと同様に航空券の購入にも利用出来るので、マイルの価値を比較しながら賢く使うと良いでしょう。

5位:提携先のポイント

ANAと同様に特典航空券など他の交換先にどうしても交換出来ない場合の最終手段が、提携先のポイントです。

提携先のポイントは1マイル=1円の価値で交換出来ますが、ポイントによっては交換レートが1円を下回ってしまう場合があるので注意が必要です。

具体的にはPontaポイントやエムアイポイントなどが還元率があまり良くないので、極力交換は避けた方が良いでしょう。

マイルをお得に使えるクレジットカード

マイル 使い方 カード

鉄道でも便利なソラチカカード

ANA ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

PASMOチャージでもマイルを貯める!鉄道系ANAカード!
マイル還元率1.5%!メトロポイント、OkiDokiポイント2重取り!

年会費初年度:初年度無料(次年度以降:2,200円(税込))
2年目以降:2,200円(税込)
還元率0.5%~1.5%
発行日数約2週間
詳細を見る

陸マイラー最強と言われるほどマイルをお得に貯めやすいのが、ANAマイルの貯めるソラチカカードです。

このカードの正式名称はANA To Me CARD PASMO JCBで、カードの入会や継続でANAマイルが貯まります。

それだけでなくPASMO機能も備えているので、電車の乗車で貯まるメトロポイントをマイルに変えることでお得にマイルを貯められるでしょう。

更にカードの利用で貯まるokidokiポイントをマイルに移行すれば、最大還元率1%の高還元率でマイルを貯めることが出来ます。

日々のカード利用や電車の利用でマイルを効率良く貯めることが出来るので、フライト以外でマイルを貯めたい方にとってはおすすめのカードと言えるでしょう。

ステイタス最高のJALプラチナカード

JALプラチナカード

プラチナカード特典が付帯した最高峰JALカード!
JCBとアメックスのプラチナカードの特典!コンシェルジュデスク

年会費初年度:34,100円(税込)
2年目以降:34,100円(税込)
還元率1.0%~4.0%
発行日数約3週間
詳細を見る公式サイトへ

次に紹介するのがとにかく還元率が高くマイルを貯められる、JALプラチナカードです。

年会費は34,100円(税込)ととても高額ですが、カードの利用で1%の還元率でマイルが貯まるだけでなく、JALグループの航空券などの利用では更に2%が貯まります。

マイルが貯まりやすいだけでなく、世界中の空港ラウンジが利用出来たり最高1億円の旅行保険が付帯したり、コンシュルジュサービスが利用出来るなど付帯特典も満載なのが特徴と言えるでしょう。

年会費は高いですが、還元率も特典もステイタスも兼ね備えた最強のおすすめカードです。

学生必携のJAL学生カード

JALカードnavi(学生専用カード)

JAL学生カードはマイル還元率1%!フライトマイルも100%!
ショッピングマイルプレミアムが無料で自動付帯!100円で1マイルが貯まる!

年会費初年度:無料
2年目以降:無料
還元率1.0%~2.0%
発行日数約3週間
入会限定キャンペーン

JALカード入会キャンペーン!新規ご入会&ご利用条件クリアで最大4,000マイルプレゼント!

詳細を見る公式サイトへ

1%の高還元率を誇りながら、更に年会費も無料というとてもお得なのがJAL学生カードです。

学生専用のカードなので入会出来る方は限られていますが、マイルがとても貯まりやすいだけでなく特典も豊富なおすすめカードの1枚です。

マイルの貯まりやすさに加えて割引価格で特典航空券が購入出来るので、1マイルあたりの価値を更に上げることが出来るのも特徴といえるでしょう

。在学中はマイルの有効期限も無いなど、学生であればとにかくお得なおすすめカードです。

まとめ|マイルはフライト利用が一番お得

マイル 使い方 まとめ

マイルと言えば航空会社が展開しているポイントサービスで、お得にフライト利用が出来るので多くの方が貯めているでしょう。

しかしマイルの使い方はフライトだけでなくポイント交換など幅広いので、交換先に迷ってしまう方も多いです。

しかし今回の記事で説明したように、マイルの一番お得な使い方は特典航空券への交換です。

それも国際線の座席クラスが高いほど、マイルを有効に活用する事が出来ます。

マイルの使い道で悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を参考にして有効活用して下さい。

クレジットカードの選び方Card selection points