国内最大級371枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

新社会人におすすめのクレジットカード比較5選!社会人一年目はこのカード

PR

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。

  • 楽天カード

    還元率1%の高還元率カード!学生や専業主婦も審査に通る

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 1.0%~
    無料 無料
    発行期間 ブランド
    最短5営業日 VISAカードマスターカードJCBカードアメリカンエクスプレス
    • いつでもどこでも還元率1%で楽天ポイントが貯まる!楽天市場は3%の高い還元率
    • 年会費無料!携帯料金や公共料金支払いもおすすめ!楽天Edyも使いやすい
    • 顧客満足度№1で評判も良い!コストパフォーマンスや将来の再利用意向でもナンバーワン!
    入会限定キャンペーン

    楽天カード新規ご入会&ご利用条件クリアでもれなく10,000ポイント

  • JCB CARD W/W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】

    年会費永年無料!WEBでカード番号発行!常にポイント2倍

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 1.0%~5.5%
    ※最大還元率はJCB PREMO
    (or nanacoポイント)に交換した場合
    無料 無料
    発行期間 ブランド
    約1週間でお届け JCBカード
    • 年会費無料でポイント2倍!WEB入会限定/39歳までが申し込める新しいJCBカード
    • ポイント還元率1.0%!Amazon、セブンイレブンでポイント3倍の高還元率
    • 女性向けの『JCB CARD W plus L』は女性に嬉しい優待や保険サービスが付帯!
    入会限定キャンペーン

    新規ご入会&ご利用条件クリアで最大20,000円キャッシュバック

  • JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)

    20代限定JCBゴールドカード!海外旅行保険に空港ラウンジ

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.75~5.25% ※最大還元率はJCB PREMO(or nanacoポイント)に交換した場合
    初年度無料(次年度以降:3,300円(税込)) 3,300円(税込)
    発行期間 ブランド
    約1週間でお届け JCBカード
    • 初年度は年会費無料!格上のJCBヤングゴールドカード
    • 入会後3か月間はポイント3倍!パートナー店舗で最高10倍還元!
    • 海外・国内旅行障害保険(利用付帯)&ショッピング保険の全てが付帯!
  • 三井住友カード プライムゴールド

    20代限定VISAゴールドカード!海外旅行保険に空港ラウンジ

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~
    無料 5,500円(税込)
    ※最大1,650円(税込)まで割引
    発行期間 ブランド
    最短翌営業日 VISAカードマスターカード
    • 20代限定のVISAゴールドカード!30歳は三井住友ゴールドカードにランクアップ
    • 年会費は初年度無料。2年目以降も5,000円。割引きで1,500円!
    • 国内/海外旅行保険の付帯条件や空港ラウンジ利用も三井住友ゴールドカードと同じ!
    入会限定キャンペーン

    2022年5月31日(火)をもって新規発行停止となりました。

  • 【発行終了】JCB CARD EXTAGE(エクステージ)

    Amazon還元率2.25%!年会費無料!若者限定のJCBカード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.75%~1.5%
    無料(5年間限定) 無料
    発行期間 ブランド
    最短3営業日 JCBカード
    • 若者なら5年間、年会費無料!29歳以下限定のJCBカード!ポイント還元率は0.75%
    • Amazonの隠れた高還元率カード!OkiDokiランド経由で2.25%!最大3.0%還元!
    • セブンイレブンはポイント3倍!海外旅行保険は最高2,000万円

新社会人におすすめのクレジットカード比較5選!社会人一年目はこのカード

記事監修者

記事監修者_ファイナンシャル・プランナー_竹下FP事務所 _竹下昌成
■監修者
竹下FP事務所代表、㈱メディエス代表取締役、TAC専任講師:竹下 昌成(たけした あきなり)
■保有資格等
日本FP協会会員(CFP)、宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者、住宅ローンアドバイザー、スカラシップアドバイザー、少林寺拳法3段
■プロフィール
兵庫県西宮市在住、昭和46年生まれ。立教大学卒業後、池田泉州銀行、日本GE、タマホームなどを経て現職。
タマホームFPとして600件超のFP相談実績。サラリーマン投資家として不動産賃貸業をスタート、それだけで生活できるようになったので卒サラ。
現在は大家業をメインに講師や執筆活動、相談業務でのんびりと過ごしています。得意分野は不動産投資や住宅購入など。お気軽にご相談ください。
■記事の監修に際して一言
人生でかかるお金はある程度決まっています。予想できることは予め準備しましょう。キャッシュレスの普及、成人年齢の引き下げ、回復しないうえに新型コロナで打撃を受けた景気。社会にはいろいろな予想できない変化も起こります。
そのためにもお金のことを知っておきましょう。銀行、リース・クレジット会社での勤務経験、住宅メーカーFPとして相談に乗った経験、個人で通算5億円を借入した経験をもとに監修させていただきます。
■ホームページ
https://fptakeshita.jimdofree.com/

新社会人はクレジットカードをいつから作れる?

クレジットカードは、現金ではなくカードで支払いをすることができる便利な決済手段です。
しかし、クレジットカードを作るには、カード会社の審査を通過しなければなりません。新社会人は、クレジットカードをいつから作ることができるのでしょうか。ここでは、新社会人がクレジットカードを作るタイミングやメリット、注意点について解説します。

クレジットカードの申し込みには年齢制限がある

クレジットカードを作るには、まず年齢制限をクリアしなければなりません。一般的には、高校生を除く18歳以上であれば、クレジットカードを申し込むことができます。しかし、カードの種類によっては、20歳以上や25歳以上など、年齢制限を設けている場合もあります。
また、未成年の場合は、親権者の同意が必要になる場合もあります。したがって、新社会人は、自分が申し込みたいカードの年齢制限を確認しておく必要があります。

新社会人がクレジットカードを作る注意点はある

新社会人がクレジットカードを作る注意点は、以下のようなものがあります。

  • 使いすぎや支払い遅延に注意する
  • カードの種類や条件をよく確認する
  • カードの管理やセキュリティに注意する

クレジットカードを作ったら、カードの管理やセキュリティにも注意する必要があります。カードを紛失や盗難にあわないように、常に携帯しておくか、安全な場所に保管しておきましょう。
また、カードの暗証番号やパスワードなどは、他人に教えたり、メモしたりしないようにしましょう。カードの不正利用に遭った場合は、すぐにカード会社に連絡して、カードを停止させましょう。 また、インターネットでのショッピングや決済には、セキュリティ対策がされているサイトやサービスを利用しましょう。 カードの管理やセキュリティに注意することで、トラブルを防ぐことができます。

新社会人がクレジットカードを作る4つのメリット

新社会人になると、さまざまな出費が増えるとともに、支払い方法の選択肢も広がります。その中でも、クレジットカードは便利でお得な決済手段として、多くの人に利用されています。しかし、クレジットカードを作ることに不安や疑問を感じる方もいるかもしれません。こでは、新社会人がクレジットカードを作るメリットについて、具体的に解説します。

メリット1:優遇された年齢制限付きのカードに申し込める

クレジットカードには、年齢制限付きのカードがあります。これは、特定の年齢以下の人だけが申し込めるカードで、年会費が無料だったり、ポイント還元率が高かったり、学生や若者向けの特典があったりと、お得なカードです。

例えば、JCB CARD Wは、18歳以上39歳以下の人が対象のカードで、年会費が無料で、ポイント還元率が1.0%~5.5%と高いカードです。このように、年齢制限付きのカードは、新社会人にとって魅力的なカードです。しかし、年齢制限付きのカードは、年齢を超えると、年会費が発生したり、ポイント還元率が下がったり、特典がなくなったりする場合があります。そのため、新社会人のうちに、年齢制限付きのカードに申し込むことが、メリットといえます。

メリット2:ビジネスシーンの急な出費に対応しやすい

新社会人になると、ビジネスシーンでの支払いが必要になることもあります。例えば、出張や接待などで、現金ではなくクレジットカードで支払うことが求められる場合があります。また、会社の経費精算の際に、クレジットカードの利用明細書が必要になる場合もあります。このように、ビジネスシーンでの支払いには、クレジットカードが便利です。しかし、現金での支払いに慣れていると、急な出費に対応できないこともあります。そのため、新社会人のうちに、クレジットカードを作っておくことが、メリットといえます。

メリット3:新生活に必要なまとまった支出に対応しやすい

新社会人になると、新生活に必要な家具や家電などのまとまった支出が発生することもあります。これらの支出は、現金で一括で支払うと、財布の中が空になってしまうこともあります。
しかし、クレジットカードで支払うと、一括払いや分割払いなどの支払い方法を選ぶことができます。また、クレジットカードで支払うと、ポイントが貯まるので、お得になります。さらに、クレジットカードで支払うと、支払い日が翌月になるので、現金の流動性を高めることができます。このように、新生活に必要なまとまった支出には、クレジットカードが便利です。そのため、新社会人のうちに、クレジットカードを作っておくことが、メリットといえます。

メリット4:若いころからクレジットヒストリーを積める

クレジットヒストリーとは、クレジットカードやローンなどの利用履歴や支払い状況を記録した信用情報のことです。クレジットヒストリーは、カード会社や金融機関などによって共有されており、クレジットカードやローンの審査に影響します。
クレジットヒストリーが良好であれば、審査に通りやすくなり、限度額も高くなりやすいです。
逆に、クレジットヒストリーが悪いと、審査に落ちたり、限度額が低くなったりする可能性があります。クレジットヒストリーは、クレジットカードやローンを利用して、きちんと支払いを行うことで、積み上げることができます。
しかし、クレジットカードやローンを利用しないと、クレジットヒストリーがない状態になります。クレジットヒストリーがないと、審査に通りにくくなったり、限度額が低くなったりする可能性があります。このように、クレジットヒストリーは、将来的にクレジットカードやローンを利用する際に重要な要素です。そのため、新社会人のうちに、クレジットカードを作って、クレジットヒストリーを積むことが、メリットといえます。

新社会人のためのクレジットカードの作り方

クレジットカードは、現金ではなくカードで支払いをすることができる便利な決済手段です。しかし、クレジットカードを作るには、カード会社の審査を通過しなければなりません。新社会人は、クレジットカードをいつから作ることができるのでしょうか。また、どのようなカードを選ぶべきなのでしょうか。

クレジットカードの申し込みには年齢制限がある

クレジットカードを作るには、まず年齢制限をクリアしなければなりません。一般的には、高校生を除く18歳以上であれば、クレジットカードを申し込むことができます。しかし、カードの種類によっては、20歳以上や25歳以上など、年齢制限を設けている場合もあります。また、未成年の場合は、親権者の同意が必要になる場合もあります。したがって、新社会人は、自分が申し込みたいカードの年齢制限を確認しておく必要があります。

クレジットカードの申し込みには審査がある

クレジットカードを作るには、年齢制限だけでなく、カード会社の審査も通過しなければなりません。カード会社は、申し込み者の個人情報や収入、勤務先などをもとに、支払い能力や信用度を判断します。審査の基準や内容は、カード会社によって異なりますが、一般的には、以下のようなポイントが重視されます4。

収入 安定した収入があることが望ましい。年収が高いほど審査に有利になる可能性がある。
勤務先 正社員や公務員などの安定した職業であることが望ましい。勤続年数が長いほど審査に有利になる可能性がある。
住居 自宅や賃貸物件などの安定した住居であることが望ましい。住居の形態や居住年数が長いほど審査に有利になる可能性がある。
家族構成 配偶者や子供などの扶養家族がいる場合は、収入に対する支出の割合が高くなるため、審査に不利になる可能性がある。
クレジットヒストリー クレジットカードやローンなどの利用履歴や支払い状況を記録した信用情報である。クレジットヒストリーが良好であれば、審査に有利になる可能性がある。逆に、クレジットヒストリーが悪いと、審査に不利になる可能性がある。

新社会人は、働き始めたばかりで、収入や勤務先、住居などが安定していない場合があります。また、クレジットカードやローンの利用経験がない場合もあります。そのため、審査に不安を感じることもあるでしょう。しかし、新社会人は、カード会社にとって優良な顧客になりうる存在と考えられ、入会を歓迎されています。審査に通るかどうかは、カード会社の判断によりますが、まずは申し込んでみることが大切です。

クレジットカードの申し込み方法は簡単

クレジットカードの申し込み方法は、カード会社によって異なりますが、一般的には、以下のような方法があります。

インターネットから申し込む

カード会社の公式サイトや比較サイトなどから、オンラインで申し込むことができる。手続きが簡単で、即時発行が可能な場合もある。

電話から申し込む

カード会社のコールセンターに電話して、オペレーターに申し込むことができる。手続きがスムーズで、質問や相談ができる。

郵送で申し込む

カード会社のパンフレットや申込書を取り寄せて、必要事項を記入して郵送することができる。手続きが確実で、書類の提出が必要な場合もある。

店頭で申し込む

カード会社の窓口や提携店舗などで、申込書を記入して提出することができる。手続きが丁寧で、対面での説明やアドバイスが受けられる。

クレジットカードの申し込み方法は、自分の好みや都合に合わせて選ぶことができます。申し込み時には、個人情報や収入などの必要事項を正確に記入しましょう。また、本人確認書類や収入証明書などの提出が求められる場合もありますので、事前に準備しておきましょう。

新社会人におすすめのクレジットカードの選び方

新社会人だからこそ持てるヤングゴールドを選ぶ

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)券面画像20代で社会人として働いていれば、様々なタイプのクレジットカードを選ぶことができます。

ポイント還元率や会員サービス、ステータスなど、ライフスタイルに合わせてクレジットカードを選んでいきましょう。

ヤングゴールドカードのメリット・長所は、数千円の割安な年会費で、普通のゴールドカードとほぼ同等の特典・サービスを利用できるということです。

さらに将来的に本格的なゴールドカードにそのままランクアップできる将来性があります。

これらのバランスの良さ、コストパフォーマンスの高さがヤングゴールドカードが20代のヤングエグゼクティブに選ばれている理由です。実際、多くの人がそのままゴールドカードにランクアップして使い続けています。

銀行系のヤングゴールドカードは新社会人のためのクレジットカード!

ヤングゴールドカードは「若者向けのゴールドカード」のことです。「20代限定」という年齢条件があることもあれば「22才から申し込み可能」というように「下限の年齢が、普通のゴールドカードよりゆるくなっている」というものもあります。

働き始めたばかりの新社会人でも申込みできるのが特徴です。

新社会人におすすめ!社会人一年目は年収が低くでもクレジットカードの審査には通る

新社会人は堅実な若者限定クレジットカードもおすすめ

JCB CARD EXTAGE(エクステージ)券面画像20代におすすめのクレジットカードはヤングゴールドカードの他にも、若者限定のクレジットカードがあります。

こちらは銀行系のヤングゴールドカードほどステータスはないものの、年会費無料で質実剛健!

使い勝手の良い特典がたくさん付帯します。特典が豊富な上に年会費無料なので、「給料を有効に使いたい」「ムダな出費はしたくない」新社会人も問題なく申し込めます

新社会人におすすめの銀行系カードとヤングゴールドカードのメリット

社会人ならクレジットカードを持つことは常識。新社会人になった皆さんも大人のたしなみとしてクレジットカードを活用することを心得ておきましょう。一般に銀行系クレジットカードを持つメリットは下記の5つになります。

  1. ポイントで普段のショッピングがお得になる
  2. ネット通販の利便性が飛躍的に向上する
  3. 旅行やレジャー、お出掛けにも現金はほとんど不要
  4. クレジットヒストリー(利用実績)を蓄積することができる
  5. 割安な年会費で利用することもできる

これに加え、銀行系のヤングゴールドカードはさらにステイタスや将来性が加わります。

新社会人にとってクレジットカードは始めたばかりの新生活ですぐに役立つツールです。メリットを軸に選びましょう。

利用額に応じてお得にポイントが貯まる

ほとんどのクレジットカードでは、カードのショッピング利用額に応じてポイントが付与されます。ポイントの付与率(還元率)はカードによって様々ですが、概ね0.5%~1%ほどが標準的です。例えば100円=1Pという具合にポイントが加算されます。

貯まったポイントは提携する他社のポイントサービスや航空マイレージなどと交換することもできますし、カタログから好きな商品を選んだり、ギフトカードなどへの交換もできたりします。

クレジットカード利用額のキャッシュバックや現金値引きがある

現金でのショッピングとは異なり、クレジットカードを利用すると、ポイント還元分を差し引いた分だけお得にショッピングを楽しむことができます。

クレジットカードによってはポイントをキャッシュバックしてくれるものもあります。

ネット通販の利用で商品代金の支払いが簡素化できる

ネット通販を利用する人の割合は年々増加傾向にありますが、20代も決して例外ではありません。むしろ、学生時代からネット通販を活用している人も多いはずです。

ネット通販でショッピングした代金は、コンビニ後払いや代金引換などで支払うことがほとんどですが、クレジットカードがあればカード情報を登録しておくことで、簡単に決済することができます。

支払いの煩わしさが無くなる分、スムーズなネットショッピングを楽しめ、学生時代よりも限度額もあがりますのでさらに便利に使えます。

オンラインモール経由で高額ポイントをゲットできる

また、カード会社によってはオンラインモールを設けているところも多く、オンラインモールを経由してネットショッピングをすることでポイント還元率をアップさせることもでき、カードポイントと通販ショップのポイントサービスを二重取りすることもできたりします。

新社会人でもクレジットカードが一枚あれば旅行やレジャーに活躍

クレジットカードは現代人にとって不可欠なアイテムとなりつつあり、現金主義だった日本でもクレジットカードの利用が一般化しています。

そのため、ほとんどの施設やお店ではクレジットカード決済が可能となっていますし、財布に一枚クレジットカードを忍ばせておけば、ほとんどのシーンで支払いが事足りてしまいます。

もちろん、カード決済を導入しておらず、現金でしかやり取りできないところも少なからずあります。だから、多少の現金は必要です。

それでもおサイフケータイにクレジットカードからチャージできるようにしておけば、さらに活用度が増し、それほど多くの現金を持ち歩く必要はなくなります。

将来のクレジットヒストリーを積める

若い頃からクレジットカードを所有していれば、クレジットヒストリーを蓄積していくことができます。

クレジットヒストリーというのは利用実績のことですが、これはクレジットカードなどを作る上で最も重要視される「信用性」に値するものとなります。

若い頃からしっかりとクレジットヒストリーを蓄積しておけば、30代や40代といった働き盛りの年代に突入したときに、さらにステータスの高いクレジットカードを作れることにも繋がります。

人によっては、すでに学生の頃から学生専用クレジットカードなどを利用してクレジットヒストリーを蓄積している人もいるほどです。おすすめは年会費以上の特典が必ず設定されているヤングゴールドです。

新社会人におすすめのクレジットカードまとめ

一般的にクレジットカードには年会費というものがかかりますが、中には数千円程度から千円台の年会費で利用できるヤングゴールドもあります。

さらにプロパーカード(カード会社が自社で発行しているカード)でありながら、年会費無料というヤングカードもあります。

年会費がもったいないからという理由でクレジットカードを持つこと自体を嫌悪する人もいますが、これは狭い見方です。

クレジットカードの特典を活用している方からすれば、「年会費分のお金だけでこの特典が使えるのなら安いもの」と考えます。実際、ヤングゴールドカードなどは特典だけで年会費分のお釣りが来てしまいます。

また海外ではクレジットカードそのものがその人のステータス性を示すものであることを考えれば、年会費など安いものだという見方もできます。

クレカを示すだけで信用度が上がり、待遇が良くなるからです。現に欧米ではそうしたことが広く認知されています。発行をしないという手はないでしょう。

どうしても年会費がもったいないようなら、年会費が無料のクレジットカードからスタートしてみるのもおすすめです。

クレジットカードの選び方Card selection points