FX用語集
検索

主婦でFX初心者でも儲かるの?お小遣い程度に勝つためのコツや始め方などを紹介

FX初心者指南 2023/12/6 3879view
主婦でFX初心者でも儲かるの?お小遣い程度に勝つためのコツや始め方などを紹介

FXは専業主婦でも口座開設OK!FX(外国為替証拠金取引)は、主婦にとって自由な時間に少ない資金で始められる魅力的な投資です。なぜなら、FXは少額でも参加できる上、お小遣い程度の利益は簡単に稼げるからです。それと同時に、損失やストレスに注意する必要があります。FXを始める前にはメリットとデメリットなどをしっかりと理解しておくことが大切です。

本記事では、主婦でFX初心者でも儲かるのか、主婦がFXを始めるメリット・デメリット、お小遣い程度に勝つためのコツや始め方などを紹介します。

初心者向け!FX口座開設診断
簡単!2ステップの診断で、あなたに最適なFX会社をご紹介します!

あなたの年齢は?

FXは主婦でもできる!ピッタリの投資法

FX(外国為替証拠金取引)は、多額の資金によるトレードだけでなく予算に合わせて少額資金のトレードでも参加できます。このため、専業主婦の方でも少ない軍資金で取引が始められます。

また、市場は土日を除いて24時間開いているため、いつでも取引を行うことができます。隙間時間を使って値動きがある時間帯で取引しやすい主婦は、非常に有利であると言えます。FX会社のほとんどは、スマホのFXトレードアプリを提供しているため、隙間時間を使ってトレード可能です。

軍資金の額で運用スタイルのコントロールができる

用意できる軍資金が多ければ、少ない取引でも月10万以上などの大きな利益を狙えますが、主婦の方にはお小遣いの範囲で運用できる少額トレードがおすすめです。

FXにはいくつかのトレード法があります。短期間で利益を稼ぐスキャルピングやデイトレード、中長期でトレードを行うスイングトレードなど様々です。投資に参加できる時間帯など、みなさんのライフスタイルに合わせて、お好みのスタイルで取引が行えます。

日中、家事や子育てで忙しい主婦の方は、隙間時間を利用して短期トレードで『お小遣い』をコツコツ稼いでみましょう!

主婦がFXで「お小遣い程度」勝つのは現実的な目標

主婦がFXでお小遣い程度の利益を出すのは比較的実現可能なことです。ただし、継続的に勝ち続けるとなるとロスカットルールなどトレードルールを決めたり、資金にあったレバレッジ管理も意識する必要があります。

主婦の平均パートタイム月収は「月8万円~9万円」ですが、利回り3%程度目標でもパートタイムの平均給与以上に稼ぐことができます。例えば、軍資金30万円の人が月間の「利回り3%目標」で運用した場合を想定し「毎月8万円以上稼ぐ」には何ヶ月かかるのか、シミュレーションしてみました。

軍資金30万円の人が「月利3%目標」で運用した場合

取引の期間 FX口座の残高 月間の利益
現在 300,000円 0円
1カ月後 311,737円 11,737円
6カ月後 377,678円 14,219円
1年後 475,468円 17,901円
2年後 753,566円 28,371円
3年後 1,194,322円 44,965円
4年後 1,892,872円 71,265円
4年6カ月後 2,382,985円 89,718円
5年後 3,000,000円 112,948円

いかがでしょうか。目標とする利回りが小さいので、始めは一ヶ月あたり1万円ほどしか稼げませんが、順調に行けば3年目には平均給与の半分以上を稼ぐことができます。さらに、4年目には7万円台、5年を超えると毎月10万円以上の利益を狙うことができます。

もちろんシミュレーション通りに運用できれば、誰もFXの取引で苦労しません。シミュレーション通りに行かないのが投資の世界であり、コツコツ稼ぐには「勝つための方法」を知っておく必要があります。

私が軍資金30万円で「月利5%目標」で運用した実例

次に、私がDMM FXの取引口座で2023年6月中旬頃から始めて実際に30万円で運用した実例を紹介します。以下のデータは、およそ半年間程度の運用成績となっています。月利が高すぎる水準で運用していますが、取引の数量を抑えれば収支の金額も小さくすることが可能です。

【DMM FX】実際の運用事例

【DMM FX】実際の運用事例

年月 月初資金 収支 月利 出金 月末資金
2023年6月 300,000円 114,545円 38.18% 0円 414,545円
2023年7月 414,545円 318,297円 76.78% 0円 732,842円
2023年8月 732,842円 -219,738円 -29.98% 0円 513,104円
2023年9月 513,104円 785円 0.15% 0円 513,889円
2023年10月 513,889円 174,470円 33.95% 50,000円 638,359円
2023年11月 638,359円 261,081円 40.90% 100,000円 799,440円
2023年12月 799,440円

※2023年12月5日時点

【DMM FX】202306-202312トレード損益グラフ

【DMM FX】202306-202312トレード損益グラフクリックで画像拡大

私は、主にデイトレード~数日程度を保有するスイングトレードを主体として取引を行っています。よほどの理由がない限り、週末にポジションを持ち越すことはしないようにしてリスク管理をしています。

目標とする利回り3%程度であれば、初心者でも十分達成しやすい水準です。主婦の方も「お小遣いの範囲」でコツコツ少額トレードに挑戦してみましょう!私が取引に使用しているDMM FXは以下で確認できますので、ぜひ検討してみてください。

主婦がFXを始める5つのメリット

主婦がFXを始めるメリットは以下の通りです。

  1. 自由な時間に取引できる
  2. 少ない資金で始められる
  3. 多種多様な通貨ペアがある
  4. 自分のスタイルに合わせられる
  5. 経済知識や経験が身につく

自由な時間に取引できる

FXは24時間365日取引できるので、家事や育児の合間の好きな時間に取引できます。また、スマホやタブレットなどのモバイル端末にも対応しているので、場所を選ばずに取引できます。

少ない資金で始められる

FXはレバレッジという仕組みを利用できるので、少ない資金でも大きな取引ができます。例えば、25倍のレバレッジをかけると、1万円の資金で25万円分の取引ができます。ただし、レバレッジはリスクも高くなるので注意が必要です。

多種多様な通貨ペアがある

FXでは、ドルやユーロなどの主要通貨だけでなく、トルコリラや南アフリカランドなどのマイナー通貨も取引できます。通貨ペアによっては、高いスワップポイント(金利差による収入)を得られる場合もあります。

自分のスタイルに合わせられる

FXには、短期的に取引するデイトレードやスキャルピング、長期的に取引するスイングトレードやポジショントレードなど、様々な取引スタイルがあります。自分の性格や目標に合わせてストレスの少ないスタイルを選べます。

経済知識や経験が身につく

FXをすることで、経済や政治の動向、通貨の特徴や相関、テクニカル分析やファンダメンタル分析など、様々な知識や経験が身につきます。これらの知識や経験は、他の投資やビジネスにも役立ちます。

以上が、主婦がFXを始めるメリットです。次に、主婦がFXを始めるデメリットについて見ていきましょう。

主婦がFXを始める5つのデメリット

FXにはメリットだけでなく、デメリットもあります。主婦がFXを始めるデメリットは以下の通りです。

  1. 損失が大きくなる可能性がある
  2. 精神的なストレスがかかる
  3. 税金や僅かに手数料がかかる
  4. 取引には基本的な知識が必要
  5. 詐欺やトラブルに遭う可能性がある

損失が大きくなる可能性がある

FXはレバレッジを利用できるので利益が大きくなりますが、逆に損失も大きくなる可能性もあります。特に、レバレッジ次第では急激な為替レートの変動によって証拠金以上の損失を被ることもありえます。このような場合は、追加で資金を入金する必要が発生します。資金の追加が必要になるため、追証と呼ばれています。

精神的なストレスがかかる

FXは24時間365日取引できるので、常に市場の動きに目を向ける必要があります。また、自分の判断に自信が持てなかったり、損切りや利確のタイミングを逃したりすると、精神的なストレスがかかります。特に、短期的な取引スタイルでは高い集中力と冷静さが求められます。

税金や僅かに手数料がかかる

FXで得た利益は、申告分離課税の対象で雑所得として課税されます。雑所得の税率は、所得税と住民税を合わせて20.315%です。また、主婦が一定の利益を上げると扶養から外れてしまう可能性もあります。詳しくは税務署に問い合わせてください。

また、FXでは取引する通貨ペアに関係なく、スプレッド(売値と買値の差)が手数料としてかかります。スプレッドは、実質的な取引のコストとなります。

取引には基本的な知識が必要

取引に際し、経済や政治の動向、通貨の特徴や相関、テクニカル分析やファンダメンタル分析など、様々な情報や知識が必要です。しかし、経験や知識は習得するのに努力が必要で時間がかかります。また、情報や知識が多すぎると判断に迷うこともあります。

詐欺やトラブルに遭う可能性がある

信頼できない業者に口座を開設したり、怪しい勧誘業者のシステムやツールを利用したりすると、資金を失ったり、個人情報を漏洩する恐れがあります。金融庁に登録している日本のFX業者であれば、信託保全制度が設けられているので安全です。日本国内のFX業者なのか、申し込む前に必ず確認するようにしましょう。

主婦におすすめのFXコツコツ投資法

FXにはレバレッジの仕組みがあるため、大金を掛けてトレードするイメージが強いのですが、資金額に応じて小さく運用する方法もあります。例えば、主婦の方であれば、月々「数千円~数万円しか投資しない」という方も多いです。

また、FXは為替差益だけでなくスワップポイントなど、通貨ペアの金利差益が狙えます。そのため、主婦のお小遣い・へそくりなどを使って小さく儲けるのにもふさわしい投資法です。

外貨預金よりも、お得に金利差益が狙える

2023年時点では歴史的な水準の円安傾向もあり、最近では外貨預金も資産運用法として人気ですが、金利差益を狙うのであれば断然FX取引をおすすめします。なぜなら、FXは銀行よりも手数料が安く、受け取れる金利も大きいからです。

例えば、銀行でオーストラリアドル円を預けた場合、為替手数料が往復で5円、1年間の利息は金利2.70%相当と小さな利益しか得られません。これに対し、FXトレードにおけるオーストラリアドル円のスワップポイントは、政策金利である4.35%(2023年12月5日時点)を基準に決定されており、手数料も最安で往復0.7銭とわずかな手数料だけで済みます。

外貨預金とFXの違いを比較

項目 外貨預金 FX
往復手数料 1円~5円程度 0.7銭程度(0.007円)
金利 2.70%程度 4.35%程度

こうしたカラクリもあり、一部の銀行員は外貨預金ではなくFX口座を使って外貨預金のような運用をしています。「外貨で資産運用したい!」という主婦の方は、FXを利用して賢くお小遣いを増やしましょう。

主婦がFX取引を勉強するには少額トレードが最適

FX取引に関する基礎知識を学ぶのに、わざわざ高いセミナーや投資の講座に参加する必要はありません。また、FXの指南書を何冊も購入してトレードの研究に膨大な時間を費やす必要もありません。ただし、ダウ理論などのライントレードに関する書籍であれば取引に役立つので、興味がある方は勉強すると良いでしょう。

基本的にFXの勉強をするにはデモトレードではなく、少額でも実弾トレードで実践の経験値を身に付けるのが上達への近道です。

FX取引の練習にはデモトレードの利用が便利

各FX会社は、無料のデモトレードツールをリリースし、本番さながらのトレードが経験できるよう学びの場を与えてくれています。

デモトレードは、PC版ツールの他、スマートフォン版(iPhone/Android)やタブレット版(iPadなど)用のアプリがリリースされています。ただし、すべてのFX会社がデモトレード対応のアプリを提供している訳ではありません。

FXのデモトレードは得られる経験が少ない

デモトレードを何ヶ月、何年も続けるのは時間がもったいないので推奨しません。なぜなら、無料で取り組めるFXのデモトレードでは、操作方法は上達しても実際の投資経験は得られないからです。

デモトレードは操作方法を学ぶためのツールであり、実践の力を付けるには少額トレードで実践経験を積む必要があります。

FX会社の勉強会、セミナーに参加すれば無料で学べる

最近では、主婦をターゲットにしたFXの投資セミナーや勉強会が全国で開催されています。中には、一回の受講だけで数万~数十万の学費が掛かるセミナーもあります。

ただし、高額なセミナーに参加したからと言って投資で勝てる訳ではありません。FX初心者の場合は、FX会社や証券会社が開催する無料のセミナーや勉強会に参加するだけで、ある程度の知識は身に付きます。

以下の記事では、無料セミナーで投資のテクニックを高める方法やFXの勉強方法について説明しています。FXを始めたい主婦の方は、無料の機会を活用してみてください。

主婦がFXを始めるまでに必要な手順・流れ

主婦の方がFXを始めるまでに必要な手順と流れは以下の通りです。※取引に関する基礎知識などは、事前に学習しているものとしています。

  1. 自分に合ったFX業者を選ぶ
  2. 複数社にFX口座を開設する
  3. FX口座に資金を入金する
  4. メイン口座でFX取引を始める

自分に合ったFX業者を選ぶ

FX業者は、取引可能な通貨ペア、スプレッド、手数料、スワップポイント、口座開設の条件や手続き、入出金の方法や早さ、サポートの質や対応時間、取引ツールや教育コンテンツなど、様々な点で異なります。

自分の取引スタイルや目的に合いそうなFX業者を選ぶことが重要です。以下では、初心者におすすめのFX会社を紹介しているので、比較検討して申し込むと良いでしょう。

複数社にFX口座を開設する

FX業者を選んだら、FX口座を開設する必要があります。FX口座の開設には本人確認書類やマイナンバーの提出が必要です。また、金融資産や運用予定の資金額なども記入する必要がありますが、嘘は書かずに正直に入力しましょう。余剰資金だと判断されれば、働いていない専業主婦だったとしても基本的には審査に通ります。

FX口座に資金を入金する

FX口座を開設したら、取引の前に資金を入金する必要があります。入金の方法はFX業者によって異なりますが、一般的には銀行振込が利用できます。 入金の最低額や手数料もFX業者によって異なります。入金した資金はFX口座の残高として表示されます。

メイン口座でFX取引を始める

FX口座に資金を入金したら、いよいよFX取引を始めることができます。FXの取引は、FX業者が提供する取引ツールやアプリを利用して行います。

売買取引では、通貨ペアを選んで、売り注文(売りポジション)か買い注文(買いポジション)を出します。売り注文は、通貨ペアの左側の通貨を売って、右側の通貨を買うことを意味します。買い注文はその逆です。

注文を出したら、為替レートの変動に応じてポジションに利益や損失が発生します。利益や損失を確定するには、注文を決済する必要があります。決済は、FX業者のシステムによって異なりますが、多くの場合は直感的に決済まで行えるでしょう。

以上が、主婦がFXを始めるまでに必要な手順とおおまかな流れです。

主婦がFXで失敗しないために注意すべきこと

FXで成功するためには、注意すべきことがあります。以下では、主婦がFXで失敗しないために注意すべきことを確認していきましょう。

  • 自分の目標とリスク許容度を明確にする
  • 市場の情報や知識を常に更新する
  • 取引時には感情に左右されない
  • 何かのせいにせず自分の責任で取引する
  • 取引毎に反省や学習を続ける
  • 取引単位が小さな業者で少額運用する
  • FX成功者のブログ等は参考程度に留める

自分の目標とリスク許容度を明確にする

自分の目標とリスク許容度に合わせて、取引スタイルや資金管理、損切りや利確のルールを決めることが重要です。自分の目標とリスク許容度を明確にすれば、自分に合った取引を行えます。また、失敗したら自分の目標とリスク許容度の見直しも必要です。

チェックポイント

損切りとは?

損切り(そんぎり)とは、損失の出ている資産を売却することを指します。別名をロスカットやストップロスとも言い、価格の下落や損失が決定しているときに「損失額が膨らむのを防ぐ」目的で損切りとなる決済が行われます。

ちなみに、損切りの対義語には塩漬けがあります。塩漬け(しおづけ)とは、自身が保有しているポジションの価格帯から下落または上昇しても保有し続けることです。なお、スワップポイントを狙う場合には、意図的にポジションを持ち続ける塩漬けを実行することになります。

市場の情報や知識を常に更新する

経済や政治の動向、通貨の特徴や相関、テクニカル分析やファンダメンタル分析など、FXの取引には様々な情報や知識が必要です。しかし、情報や知識は古くなっていったり、場合によっては間違っていたりすることもあります。

FX会社が提供している市況情報など、情報や知識を常に収集することで判断材料が増えてしまいますが、決めつけるような判断はせずに客観的な視点で分析することが求められます。

取引時には感情に左右されない

FXの取引を行う上で、感情に左右されると失敗することが非常に多くなります。例えば、欲や恐怖によって損切りや利確のタイミングを逃したり、無理な取引をしたりすることがあります。感情に左右されないためには、自分のルールに従って冷静に取引することが重要です。また、自分の感情をコントロールする方法を学ぶことも必要です。

何かのせいにせず自分の責任で取引する

FXでは、自分の責任で取引することが前提です。自分の判断や行動に対して責任を持つことで、自分自身の成長につながります。また、他人の意見や情報に惑わされないことも必要です。他人の意見や情報を参考にすることはできますが、盲目的に信じたり、追従したりすることは絶対に避けるべきです。視野が狭くなってしまい、間違っていたことを正せなくなりやすいためです。

取引毎に反省や学習を続ける

FXの取引で経験値を貯めていくには、反省や学習を続けることが重要です。自分の取引の結果や過程を記録、分析、反省して改善することで、自分のスキルや知識を向上させることができます。また、成功した取引や失敗した取引に対して過信や後悔をせず、客観的に評価することも必要です。

取引単位が小さな業者で少額運用する

最小取引単位が小さな業者(例:1,000通貨など)で口座開設してトレードを行うことで、精神的な負担を少なくして取り組めるため、結果的にトータルの勝率へと結びついてきます。

始めから大きな資金を投入して取引を行うのではなく、余剰資金の中から少額でトレードをして学び、負けてもリスクが少ない状況下で経験と知識を身に付けていくことをおすすめします。

また、少額トレードでコツコツ実戦経験を積んで取れる利益を狙うようにすれば、勝てる確率が高い方法がおのずと身に付きます。

FX成功者のブログ等は参考程度に留める

ノートPCでトレードする女性

インターネット上には「トレードで数千万円、数億円を稼いだ」と言われるカリスマ主婦やセミプロの女性が存在します。

彼女たちはパフォーマンスが分かるよう日記形式のブログを書いたり、メルマガやオンラインサロンを開くなどしてFXで稼ぐ情報を発信し続けています。

ただし、カリスマ達の行動を100%真似しても稼げる訳ではありません。与えられた情報を鵜呑みにしたり、ただマネをするだけではトレードで失敗する原因となります。私たちが勝ち続けるためには、成功者のマネではなく、自分に合ったトレードの方法を確立することが重要です。

カリスマの場合は、一回につき数十万~数百万通貨単位と多額の資金を投じて、大きな取引を行っています。しかし、FXの初心者が大きなロット数でトレードをしても大やけどをするだけです。まずは、自分に合うトレードスタイルを探すことから始めましょう。

まとめ

今回は、主婦でFX初心者でも儲かるのか、主婦がFXを始めるメリット・デメリット、お小遣い程度に勝つためのコツや始め方などについて解説しました。

FX取引は、主婦や初心者でも利益を得ることが可能です。しかし、そのためには基礎知識の習得・リスク管理・継続的な学習と経験の積み重ねを理解し、実践することが重要です。

最後に主婦がFXで稼ぐ方法について、本記事の内容をまとめておきます。

  • 主婦でもFXで「お小遣い程度」の利益は簡単に稼げる
  • FXはライフスタイルに合わせて、好きなタイミングでトレードできる
  • 損切りと利確をあらかじめ決めておけば失敗しにくい
  • FX初心者の主婦は少額トレードで実戦経験を積むのが一番
  • FXの勉強は、FX会社(証券会社)の無料セミナーがオススメ!
  • FXトレードアプリを使えば、隙間時間を使ってトレード可能

日中忙しい主婦の方でも、家事や子育ての合間などわずかな隙間時間を使って、FXでは自由にトレードが行えます。土日を除いて24時間もの長い間、市場が開いているのでいつでもチャンスがあります。

また、外貨預金よりも圧倒的に手数料が安く、お得に金利差益が狙えるのもFXの嬉しいポイントです。お小遣い程度の利益を狙っている主婦の方もぜひFXトレードを始めてみましょう。

PR
当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。