国内最大級335枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

マイルとポイントどっちを貯める?お得なクレジットカードを紹介

本記事はプロモーションを含みます

当サイト内で紹介する商品やサービスの一部には広告が含まれています。

クレジットカードを使って買い物をすると、利用額に応じてポイントやマイルが貯まるので多くの方がカードを利用して貯めているでしょう。しかし使用するカードによって貯まるポイントの種類やマイルは違っており、どちらを貯めるのが良いか悩んでいる方も多いです。

今回の記事ではマイルとポイントどちらを貯めるのが良いか、それぞれの違いやメリット・デメリットなども踏まえて詳しく解説していきます。

マイルとポイント、どちらを貯めようか悩んでいる方はぜひ今回の記事を参考にして下さい。

クレジットカードのマイルとポイント貯めるならどっち?

マイル ポイント 違い

マイルとポイントは、どちらもカードの利用によって貯まるという点では同じですが、使い方や交換先には違いがあります。

どちらを貯めるべきかは、どのような交換先に利用するかで決めるのが良いでしょう。

旅行をする人ならマイル一択

結論から言うと、飛行機を使って旅行に行くのが好きな方であれば、マイルを貯めるのがおすすめです。

マイルの一番の特徴は、特典航空券というフライトのチケットを購入出来る事です。

飛行機のチケットは行く先や時期によってはとても高額になるので、マイルでチケットを購入出来るのは大きなメリットです。

旅行しない人はポイントでOK

飛行機をあまり利用しない方であれば、ポイントを貯めておくのが無難でしょう。

マイルと違ってポイントは交換先が多く汎用性が高いので、様々な利用方法があります。

そのため「マイルを貯めて飛行機に乗りたい!」というニーズがそこまでないのであれば、ポイントを貯めておくほうが使い勝手が良く便利と言えます。

マイルとポイントの違い

マイル ポイント 違い

マイルはカード利用以外でも貯まる

マイルとポイントどちらもカードの利用で貯まるという点では同じですが、カード会社が運営しているポイントと違ってマイルは航空会社が運営をしています。

そのためマイルはカードの利用以外にも、各航空会社のフライトでも貯められます。

航空会社のフライトを利用すると、フライトの距離や時期に応じてマイルが貯まります。

マイルは元々はフライト利用で貯めるものだったので、カードの利用で貯まるのはどちらかと言えば追加的な特典とも言えます。

マイルは交換先によって価値が大きく変動する

ポイントはカード会社各社によってそれぞれ種類がありますが、交換する際のレートは比較的一定で大きく価値が変動する事はありません。

これに対してマイルの場合は交換する特典航空券によっては1マイルの価値が大きく変わり、高い場合は1マイル20円を超える事もあれば1円程度の場合もあります。

このようにポイントに比べると交換レートが大きく変動しやすいのも、マイルの特徴の一つとも言えるでしょう。

国内線よりも国際線、エコノミーよりもビジネスやファーストクラスの方が1マイルの価値が大きくなる傾向があるので、マイルをお得に使いたい場合は意識して交換すると良いです。

ポイントには有効期限が無い場合もある

有効期限の長さもポイントとマイルの大きな違いの一つと言えるでしょう。マイルの有効期限は36ヵ月ですが、ポイントの場合は1~3年程度とカード会社によって違います。

しかしカード会社によっては永久不滅ポイントなどのように、有効期限の無いポイントもあります。

マイルもポイントもいくら貯めても有効期限を過ぎてしまうと失効してしまうので、有効期限のないポイントは使い勝手が良いでしょう。

このようにそれぞれ有効期限に違いがあるのも、マイルとポイントの特徴です。

マイルのメリット・デメリット

マイル ポイント 違い マイル メリット

メリット

飛行機にお得に乗れる

マイルの一番のメリットは、貯めたマイルを使ってお得に飛行機に乗れる事でしょう。

マイルを特典航空券交換することでフライトを利用出来ますが、交換する路線や時期によってマイルの価値は大きく変動する点には注意が必要です。

またマイルを特典航空券する際には、提携航空会社のフライトも利用出来る点もメリットでしょう。

例えばJALのマイルであれば、加入しているワンワールドのアメリカン航空やカタール航空の特典航空券にも交換が出来ます。

このようにマイルはとにかく航空券への交換が使い勝手が良く、お得になります。

座席のアップグレードが出来る

航空券の交換だけでなく、座席のアップグレードにもマイルを利用する事が出来ます。

ただし実際アップグレードが出来るかどうかは当日の予約状況にもよるので、空きがなければ申請しても利用出来ない場合がある点には注意が必要です。

アップグレードもおすすめの使い方ではありますが、マイルで購入した特典航空券には利用する事が出来ません。

電子マネーにも交換出来る

有効期限が近い場合などでどうしても特典航空券やアップグレードに交換が出来ない場合は、ポイントや電子マネーに交換する事が出来ます。

貯めたマイルを他社カードのポイントや電子マネーなどに交換すれば、現金と同様に利用する事が出来るので汎用性はかなり高くなります。

このように使い道に困った場合は、ポイントと同じように使えるのもマイルのメリットと言えるでしょう。

デメリット

自由に航空券が取れる訳ではない

マイルの交換先の一番のおすすめが特典航空券であることは先ほども説明しましたが、特典航空券の購入は自由に出来る訳ではありません。

どうしても通常のフライト予約が優先になる場合が多く、特典航空券用の座席は少ない場合が多いからです。

そのためホノルルなどの人気の特典航空券は予約が始まった瞬間に売り切れになってしまう場合も多く、自由に航空券を取れる訳ではありません。

せっかくマイルを貯めたとしても、希望通りの日程でフライト出来る訳ではない点はデメリットと言えます。

交換先によっては還元率が悪くなる

先程も説明したようにマイルは交換先によって、交換レートが大きく変動します。

特典航空券に交換する場合には最大で1マイルの価値が20円を超えるというお得な交換先もれば、ポイントや電子マネーの場合は1マイル=1円か、交換先によっては1円を下回ってしまう場合もあります。

このようにポイントに比べるとマイルは交換レートが安定しておらず、かつ有効期限もあるので本当にお得になるかどうかは使い方次第とも言えます。

マイルを利用する場合には、貯め方だけでなく使い方にも気を付ける必要があることはデメリットと言えるでしょう。

ポイントのメリット・デメリット

マイル ポイント 違い ポイント

メリット

マイルに比べると汎用性が高い

特典航空券への交換や座席のアップグレードが中心のマイルに比べると、交換先の選択肢が幅広いのがポイントの特徴です。

ギフト券や各種商品などへ交換出来るだけでなく、キャッシュバックなどにも利用する事が出来ます。

交換出来る商品も様々で家電や旅行券など豊富なので、貯めたポイントを自由に欲しいものに交換することが出来るでしょう。

価値の変動が少ない

またマイルに比べると交換レートの変動幅が小さいのもポイントの特徴です。

先ほども説明したようにマイルの場合は1マイル20円を超える場合もあれば1円程度の場合もあるなど、変動幅がとても大きいです。

これに比べるとポイントも変動はありますが、比較的交換レートが安定している事もメリットと言えるでしょう。

マイルに交換する事が出来る

貯めたポイントは様々な交換先がありますが、その一つにマイルがあります。

カード会社にもよりますがポイントをそのままマイルへと交換する事も可能です。

そのためマイルを貯めるかポイントを貯めるかどうしても決められない場合はポイントを貯めるておくのも一つの方法です。

ただポイント→マイルの交換はレートが悪くなってしまう場合もある点には注意が必要です。

他のポイントへの互換性が高い

ポイントはカード会社毎に種類があるので多くのポイントがありますが、多くの種類のポイントでVポイントやPontaポイントなどの共通ポイントへと交換が可能です。

そして共通ポイントへと交換すると、そこから他のポイントや電子マネーへと交換することが出来ます。

このようにポイントは他のポイント制度と互換性が高い事もメリットと言えるでしょう。

デメリット

マイルに比べると1ポイントの価値が低い

マイルに比べると汎用性が高い代わりに、どうしても1ポイントあたりの価値が低くなってしまいがちなのがポイントのデメリットです。

マイルの場合は1マイルあたり20円を超える場合もありますが、ポイントの場合殆どは1ポイント=1円の交換レートとなっています。

ポイントをマイルに交換する事も出来ますが、マイルへと交換する際には1ポイント=1マイルで交換出来るとは限りません。

カード会社によっては交換レートが悪いので、どうしても1ポイントあたりの価値はマイルに比べると劣ってしまうのは、ポイントのデメリットと言えるでしょう。

マイルを貯めたい人におすすめのカード

マイル ポイント 違い マイル カー

ここまでの説明でマイルとポイントの違いや、メリット・デメリットについてはご理解頂けたのではないでしょうか。そうすると次に気になるのがどのようなカードを使えば効率良くポイントやマイルを貯められるか、という事でしょう。まずは効率良くマイルを貯められるカードを紹介していきます。

ANAマイルが貯まるANA一般カード

ANA VISA/MasterCard 一般カード

初心者おすすめANAカード!マイル還元率0.5%!裏技で1.3%
還元率最高1.3%!マイ・ペイすリボで効率良くマイルが貯まる!

年会費初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
還元率0.5%~0.65%
発行日数最短3営業日
詳細を見る

マイルを貯める方にとっては大きく選択肢が二つあり、ANAマイルとJALマイルがあります。

どちらも日本を代表する航空会社なので便利に使えますが、提携航空会社などが違うので良く利用する路線によって決めると良いでしょう。

この内ANAマイルを貯めたい方におすすめなのが、ANA一般カードです。

ANAカードはANAが発行している訳ではなくカード会社との提携によって発行されているので、選ぶ国際ブランドによって発行するカード会社が違います。JCBの場合はJCBが発行しますが、VISAやMastercardの場合は三井住友カードが発行する事になります。

そのためカードの利用で貯まるのは各カード会社のポイントで、マイルではありません。しかしポイント→マイルへと自動交換も可能なので、カードの利用でお得にマイルを貯める事が可能です。カードの利用だけでなくフライトで貯まるマイルにもボーナスが付帯されるので、ANAマイルを貯めたい方にはおすすめのカードです。

JREポイントも貯まるJALカードSuica

JAL普通カードSuica(JCB)

コスパ最強!Suicaチャージでもマイルが貯まる!
初年度年会費無料!コスパ最高の陸マイラー向けJALスイカ!

年会費初年度:初年度無料(次年度以降:2,200円(税込))
2年目以降:2,200円(税込)
還元率0.5%~1.0%
発行日数約3週間
入会限定キャンペーン

JALカード入会キャンペーン!新規ご入会&ご登録&ご利用条件クリアで最大2,500マイル獲得のチャンス!さらにもらえる特典・キャンペーン実施中!

詳細を見る公式サイトへ

JALのマイルを貯めたい方におすすめなのが、JALカードSuicaです。

JALの一般カードの機能にSuica機能を加えたのが特徴のカードで、カードの利用でマイルが貯まるだけでなくJRの電車の利用でJREポイントも貯められます。

ANAマイルと同様にカードの利用だけでなく、フライトでのボーナスマイルもあるのでJALマイルを貯めたい方にはぴったりです。

追加で3,300円(税込)の年会費を払えば、ショッピング・プレミアムに加入が出来て、カードの利用で貯まるマイルが2倍になります。

更にJALカード特約店での利用であれば、還元率も最大4倍になるのでマイルを貯めるにはおすすめのカードとなっています。

それだけでなく電車の理容で貯まるJREポイントもマイルへと交換が出来るので、日々の生活で大きくマイルを貯められるのが特徴のカードです。

ポイントを貯めたい人におすすめのカード

マイル ポイント 違い ポイント カード

マイルを貯められるカードの次は、効率良くポイントを貯められるカードを紹介していきます。

高還元率でポイントが貯まる楽天カード

楽天カード

還元率1%の高還元率カード!学生や専業主婦も審査に通る
いつでもどこでも還元率1%で楽天ポイントが貯まる!楽天市場は3%の高い還元率

年会費初年度:無料
2年目以降:無料
還元率1.0%~
発行日数最短5営業日
入会限定キャンペーン

楽天カード新規ご入会&ご利用条件クリアでもれなく5,000ポイント

詳細を見る公式サイトへ

ポイントを貯めやすいカードはたくさんありますが、その中でも顧客満足度が高いのは楽天カードです。

年会費が無料でありながら、還元率は1.0%と高い水準を誇っているだけでなく、楽天市場などの楽天グループで利用する事で、更にポイントを貯める事が出来ます。

また楽天ポイントは共通ポイントとしての機能のあるため、貯めたポイントを多くの加盟店で使える事もメリットの一つでしょう。

「楽天経済圏」と言われるほどの楽天グループでの使い勝手の良さに加えて、実に多くの店舗で利用出来るのが楽天カードの満足度の高さの秘訣です。

ポイントだけでなく海外旅行保険も最大2,000万円が適用になるなど、カードの基本性能も充実しています。

このように年会費無料でポイントも貯まりやすくて、カードも性能も充実しているというバランスの良さが楽天カードの人気の理由と言えるでしょう。

若者専用のJCBカードW

JCB CARD W/W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】

年会費永年無料!WEBでカード番号発行!常にポイント2倍
年会費無料でポイント2倍!WEB入会限定/39歳までが申し込める新しいJCBカード

年会費初年度:無料
2年目以降:無料
還元率1.0%~5.5%
※最大還元率はJCB PREMO
(or nanacoポイント)に交換した場合
発行日数約1週間でお届け
詳細を見る

次に紹介するのが日本が誇る国際ブランドのJCBが発行している若者専用カードの、JCBカードWです。

入会時の年齢が18~39歳と限定されている若者専用カードとなっていますが、多くの年齢制限カードと違って、一定年齢を過ぎても特典の乏しい一般カードに自動切換がありません。

そのため、40歳以降も改悪されることなく使える珍しいカードと言えるでしょう。

若者専用カードという事で充実の特典となっており、還元率は他のJCBカードの2倍の1%となっています。

さらにJCBパートナー店で利用する事で還元率がアップする特典があり、セブン・イレブンやAmazonなどでお得に利用出来ることが特徴です。

また年会費無料にもかかわらず最大2,000万円の海外旅行保険が付帯するなど、カードの性能も充実しています。このようにJCBカードWは、ポイントだけでなく使い勝手の良いおすすめカードとなっています。

まとめ|マイルとポイントはフライト利用の有無は決め手

マイル ポイント 違い まとめ

クレジットカードの利用で貯まるマイルとポイントですが、どちらも似たような制度であるのでどちらを貯めるか迷っている方も多いでしょう。

フライト利用の多い方はマイルを、フライトを利用する機会の少ない方はポイントの方が使い勝手良いと言えます。

それぞれのポイントを貯めるには、今回の記事で紹介しているようなクレジットカードを利用する事で実質的な還元率を上げる事が出来ます。

マイルとポイントどちらもお得な制度ではありますが、どちらも最大限有効活用するには貯め方や使い方を工夫する必要がありますのでぜひ今回の記事を参考にして下さい。

クレジットカードの選び方Card selection points